介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

【心のケア】傷ついた子供の対応 心の傷を癒すには

   


自分の子供が何かのきっかけでつまずき、学校へ行かなくなったり、問題行動を起すようになると、親は慌てふためいてどうにかしようと考えます。

「せっかく入った学校をどうして途中で辞めるの!」「学校へも行かないし、 働きもしないで将来はどうするの!」と子供を責め、「うちの子がなぜ・・・」 と、その状況を認められない気持ちでいっばいになってしまいます。

このような場合、子供は何かしらの問題や課題を抱え、心に傷を負っている事がよくあります。
では、傷ついた子供を支え、傷をいやすには親は元より周囲の人間はどのようにかかわり対応し、対応していけば良いのでしょうか?

傷ついた子供の対応についてみていきましょう。

 

 
【心のケア】傷ついた子供の対応 心の傷を癒すには

 

 

傷ついた子供の対応 子供を一人の人間として捉えよう

傷ついた子供の対応 子供を一人の人間として捉えよう

傷ついた子供をどのように対応するかは、子供を一人の人間として認めることが大事です。
特にその子供が何を考えそのような行動をしているのかという理解がとても大切になってきます。

逆にその子がどのような事を考えているか、感じているかを理解しない事には、より心の傷を深めたり、子供との関係を悪化させたりと悪循環を生んでしまう事も多くあります。

自分の子供が傷つき、それによって社会的に問題と思われる事が起きると、親はその状況を認められない気持ちでいっばいになってしまいます。

ただでさえ、ああしろこうしろと口うるさい親が、子供が自分の希望とは反対の方向へ進みはじめたら? 親の”口撃(攻撃)”、はますますエスカレートしていく のではないでしょうか。

そんな親に子供が反発を覚えるのは、当然といえば当然かもしれません。

親は自分の理想を子供に託し、それが叶えられないとわかると、「あなたのためのアドバイスだ」という大義名分を掲げて、元の道に押し戻そうとします。 子供はどうなるでしょう。激しく反発して非行に走ったり、「わかってもらない」と諦めてそっと身を引き、引きこもりになる子供もいます。

すると今度は、「何を考えているのか理解できない」といって腫れ物にさわるように扱いはじめる・・・・・・これでは悪循環です。

 

 

 

 

子供の問題を解決する事は病気やケガを乗り越えて行く事と一緒

子供の問題を解決する事は病気やケガを乗り越えて行く事と一緒

子供の問題を解決する、あるいは改善していくプロセスは、突然降りかかった病気やケガを乗り越えるプロセスとまったく同じです。

自分の身に起こった「病気」という課題を解決するには、まずは「自分は病気である」という事を受け止める必要があり、そこから「この病気はどのように解決するか」という行動に発展していくのです。

子供の問題、もとい「心の傷」を癒すには「子供が傷ついている」という事を大人は受け止め、課題を一緒に認識していく事が大切なのです。

たとえば、ガンを告知されたとき、病気と闘っていくには、まずガンという問題を受け止めるプロセスが必要です。
子供が抱える問題も、親は「自分の希望どおりにはいかない」という現実を、子供は自分の直面している問題を、「自分でクリアしていく課題」として受け止めなければなりません。

 

 

 

 

傷ついた子供の対応のポイントは大人が認め、見守り励ます事にある

傷ついた子供の対応のポイントは大人が認め、見守り励ます事にある

傷ついた子供の対応のポイントは子供の状況や感性を大人が受け止め、ブレない視点と温かいまなざしで対応する事が大切です。
子供は未熟です、未熟な子供が失敗する事は当然あります。失敗が原因で傷を負う事も多々ある事でしょう。

傷ついた子供の心のケアをするには成熟した大人が子供を受け止め、子供の要望を満たし次のステップへ導いていく事にあります。
そのためには、子供への愛情、大人としての知識、そして子供への理解がとても大切になってくるのです。

周囲の大人は、子供が陥っている状況を丸ごと受け止め、人格を認め、彼らが最初の一歩を踏み出すために刺激を与え、「こうするといいかもしれないね」 という明るい将来ビジョンを伝え、コミュニケーションをとり続ける努力を惜しまないことです。

これも、介護に必要なコミュニケーションと同じです。
人は誰しも、一人では生きていけません。傷ついた心を救うのは、人の力しかありえないのです。

若者は未熟な分、大人のサポートを必要としています。

プレない視点、そして変わらぬ温かいまなざしで、励まし続けてください。

 

 

 

 

まとめ:傷ついた子供の対応 心の傷を癒すには



傷ついた子供をどのように対応するかは、子供を一人の人間として認めることが大事です。
特にその子供が何を考えそのような行動をしているのかという理解がとても大切になってきます。

逆にその子がどのような事を考えているか、感じているかを理解しない事には、より心の傷を深めたり、子供との関係を悪化させたりと悪循環を生んでしまう事も多くあります。


子供の問題を解決する、あるいは改善していくプロセスは、突然降りかかった病気やケガを乗り越えるプロセスとまったく同じです。

自分の身に起こった「病気」という課題を解決するには、まずは「自分は病気である」という事を受け止める必要があり、そこから「この病気はどのように解決するか」という行動に発展していくのです。

子供の問題、もとい「心の傷」を癒すには「子供が傷ついている」という事を大人は受け止め、課題を一緒に認識していく事が大切なのです。


傷ついた子供の対応のポイントは子供の状況や感性を大人が受け止め、ブレない視点と温かいまなざしで対応する事が大切です。
子供は未熟です、未熟な子供が失敗する事は当然あります。失敗が原因で傷を負う事も多々ある事でしょう。

傷ついた子供の心のケアをするには成熟した大人が子供を受け止め、子供の要望を満たし次のステップへ導いていく事にあります。
そのためには、子供への愛情、大人としての知識、そして子供への理解がとても大切になってくるのです。

スポンサーリンク




 - 心のケア

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【心のケア】ケンカをした子供との接し方
【心のケア】ケンカをした子供との接し方

最近では教育が進み子供同士のケンカは少なくなったとはいえ、まだまだ子供同士のケン …

【心のケア】拒食症の子供への対応
【心のケア】拒食症の子供への対応

最近では特に女性で「拒食症の子供」が多くなってきています。 美しくなることへの意 …

【心のケア】仕事がつづかない子供との接し方
【心のケア】仕事がつづかない子供との接し方

「子供」という言葉は成人していない子供に対して使う場合がほとんどですが、「親」に …

【心のケア】頑張らなくなった子供への対応

何をしても頑張れなくなってしまった。そんな経験を持っている人も居る事でしょう。 …

【心のケア】リストカットをしてしまう子供の対応
【心のケア】リストカットをしてしまう子供の対応

リストカットをしてしまう人を知り合いに持つ人も少なくないのではないでしょうか。 …

【心のケア】登校拒否になった子供への接し方
【心のケア】登校拒否になった子供への接し方

登校拒否になった子供を持った親は、その子、自分たちの将来の事を考えると不安な気持 …

【心のケア】傷ついた子供への言葉掛けや対応 ニートや引きこもりから子供を救う
【心のケア】傷ついた子供への言葉掛けや対応 ニートや引きこもりから子供を救う

子供が不登校になったり拒食症になったり、非行に走ったりといった事件が最近では多く …

【心のケア】他人の言葉に傷ついた子供の接し方
【心のケア】他人の言葉に傷ついた子供の接し方

子どもの心はとてもデリケートで他人からの言葉で傷を負う事が多いです。 知識や経験 …

【心のケア】やりたい事が見つからない子供への対応
【心のケア】やりたい事が見つからない子供への対応

やりたい事や、自分の目標が見つからずに苦しんでいる若者をよく見かけます。 バリバ …

【心のケア】人間関係に失敗した人への対応
【心のケア】人間関係に失敗した人への対応

対人関係の失敗というのは、生活に大きな影響が出ます。 外出の機会や、人間関係の維 …