介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

【心のケア】仕事がつづかない子供との接し方

   


「子供」という言葉は成人していない子供に対して使う場合がほとんどですが、「親」にとっては子供はいつまでたっても子供です。
彼女や彼氏が出来なければ将来の事を心配しますし、仕事がうまくいかなければ自分の事のように心配になってしまうでしょう。

子供が、やせ始めたら「どうやったら食べるだろうか」なんて事も考えてしまうのが親です。
そんな親の心を知ってか知らずか、「定職に就かない子供」や職が安定せず、長続きしない子供も少なくはありません。

定職に就かない子供を安定した生活に導き、疲れて傷ついた心を癒すには親としてどのように接したら良いのでしょうか?
仕事が長続きしないAさんの事例を元にどのように接していけばよいか見ていきましょう。

 

 
【心のケア】仕事がつづかない子供との接し方

 

 

仕事が長続きしないAさんの話

Aさん(仮名・23歳)は高校卒業後、旅行代理店、ホテルのフロント業務、アパレルの営業などいくつかの職を転々としましたが、どの仕事も長続きせず、数カ月で辞めてきてしまいます。

「どうして辞めたの?」と親が尋ねると、「やりたい仕事じゃなかったし」「残業代も出ない。給料が安すぎ」と不平ばかり並べるのです。
Aさんは現在無職。アルバイト情報誌を買って、こっそり職探しはしているらしいのですが、両親が仕事、の二文字を口にするだけで「うるさい!」と怒り出すので、それ以上は何も言えません。

親としては「会社に文句を言うなら、1年くらい続けてからにしろ」と言いたい気持ちですが、頭ごなしに叱りつけても、親子の関係はますます硬直してしまうだけ。

 

 

 

 

子供に教えるのではなく「インタビューする」つもりで接する


親にとって子供と言えども、子供が成人し仕事をした事があるのであれば、子供にとって「自分は立派な大人だ」と自覚している事でしょう。
だからこそ、親の言葉が素直に聞けなくなるケースが多くあります。

親として子供と接するには、あえて親としての意見ではなく「インタビューをする人」になった気持ちで接してみてはどうでしょうか。
一人の大人として接する事で子どもが求める仕事象をはっきりとさせ、自分のしたい仕事に導く事が出来る可能性を高めます。

子供が「うるさい」と親をシャットアウトするのは、「どうせ親に言ったって、わかってもらえない」と感じているからです。
子供の考えや行動を理解するには、「会社のどんなところが気に入らないの?」「本当はどんな仕事に就きたいの?」と、子供にインタビューするつもりで話しかけるという方法が効果的かもしれません。


実際、インタビューを受けてみるとわかりますが、質問されたことに答えていくうちに、ごちゃごちゃしていた感情が整理されていくというメリットがあります。

 

 

 

 

インタビュアーは聞き上手になる事がポイント


インタビュアーは、自分の主観や感情をさし挟まずに耳を傾けることが重要です。
聞き手に徹することで、「あの子はこんなことを考え、悩んでいたんだ」という驚さや発見が必ずあるでしょう。

親子関係がギクシャクしている場合は、「自分にインタビューしてみたら?『本当はどうしたいの?』って」という言葉をかけてみてはいかがでしょうか。

「無理に人に話さなくてもいい。でもね、自分に取材することで感情が整理されることもあるかもしれない。それが、あなたの抱える問題解決の糸口になるかもしれないよ」そんなふうに伝えてみてください。

 

 

 

 

まとめ:仕事がつづかない子供との接し方



親にとって子供と言えども、子供が成人し仕事をした事があるのであれば、子供にとって「自分は立派な大人だ」と自覚している事でしょう。
だからこそ、親の言葉が素直に聞けなくなるケースが多くあります。

親として子供と接するには、あえて親としての意見ではなく「インタビューをする人」になった気持ちで接してみてはどうでしょうか。
一人の大人として接する事で子どもが求める仕事象をはっきりとさせ、自分のしたい仕事に導く事が出来る可能性を高めます。


実際、インタビューを受けてみるとわかりますが、質問されたことに答えていくうちに、ごちゃごちゃしていた感情が整理されていくというメリットがあります。

インタビュアーは、自分の主観や感情をさし挟まずに耳を傾けることが重要です。
聞き手に徹することで、「あの子はこんなことを考え、悩んでいたんだ」という驚さや発見が必ずあるでしょう。

親子関係がギクシャクしている場合は、「自分にインタビューしてみたら?『本当はどうしたいの?』って」という言葉をかけてみてはいかがでしょうか。

「無理に人に話さなくてもいい。でもね、自分に取材することで感情が整理されることもあるかもしれない。それが、あなたの抱える問題解決の糸口になるかもしれないよ」そんなふうに伝えてみてください。

スポンサーリンク




 - 心のケア , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【心のケア】他人の言葉に傷ついた子供の接し方
【心のケア】他人の言葉に傷ついた子供の接し方

子どもの心はとてもデリケートで他人からの言葉で傷を負う事が多いです。 知識や経験 …

【心のケア】やりたい事が見つからない子供への対応
【心のケア】やりたい事が見つからない子供への対応

やりたい事や、自分の目標が見つからずに苦しんでいる若者をよく見かけます。 バリバ …

【心のケア】頑張らなくなった子供への対応

何をしても頑張れなくなってしまった。そんな経験を持っている人も居る事でしょう。 …

【心のケア】リストカットをしてしまう子供の対応
【心のケア】リストカットをしてしまう子供の対応

リストカットをしてしまう人を知り合いに持つ人も少なくないのではないでしょうか。 …

【心のケア】登校拒否になった子供への接し方
【心のケア】登校拒否になった子供への接し方

登校拒否になった子供を持った親は、その子、自分たちの将来の事を考えると不安な気持 …

【心のケア】ケンカをした子供との接し方
【心のケア】ケンカをした子供との接し方

最近では教育が進み子供同士のケンカは少なくなったとはいえ、まだまだ子供同士のケン …

【心のケア】人間関係に失敗した人への対応
【心のケア】人間関係に失敗した人への対応

対人関係の失敗というのは、生活に大きな影響が出ます。 外出の機会や、人間関係の維 …

【心のケア】傷ついた子供の対応 心の傷を癒すには
【心のケア】傷ついた子供の対応 心の傷を癒すには

自分の子供が何かのきっかけでつまずき、学校へ行かなくなったり、問題行動を起すよう …

【心のケア】傷ついた子供への言葉掛けや対応 ニートや引きこもりから子供を救う
【心のケア】傷ついた子供への言葉掛けや対応 ニートや引きこもりから子供を救う

子供が不登校になったり拒食症になったり、非行に走ったりといった事件が最近では多く …

【心のケア】拒食症の子供への対応
【心のケア】拒食症の子供への対応

最近では特に女性で「拒食症の子供」が多くなってきています。 美しくなることへの意 …