介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

ユニットケアとは 

      2015/11/07


特別養護老人ホームなどの施設介護を調べているとユニットケアという言葉を目にする人も多いでしょう。
また、介護職員として働いていて現在のケアに限界を感じて新しいケアの方法を模索している人もユニットケアについて調べているかもしれませんね。
入居施設を探している人も「どんな施設が良い施設なんだろうか?」と考え介護について調べている事と思います。

 
介護について調べていると度々でてくるユニットケアというのは一体なんなのでしょうか?
ユニットケアとは?という事や特徴についてまとめましたのでチェックしていってください。

 

 
ユニットケアとは 
 

 

ユニットケアとは?

ユニットケアとは?
「ユニットケア」とは、自宅に近い環境の介護施設で、他の入居者や介護職と一緒に生活をしながら、入居者一人ひとりの個性や生活リズムに応じて暮らしていけるようにサポートする介護手法のことを言います。

 
特別養護老人ホームなどの介護施設は、常に入居者を見守りながら必要に応じて介護できる体制をとっています。
介護職と入居者が365日24時間一緒に過ごす事で入居者の安心・安全を実現するのが介護施設の特徴です。

 
特別養護老人ホームなどの介護施設が入居者一人ひとりの個性や生活リズムに応じて暮らしていけるようにサポートしていこうとしている一方で、多くの要介護状態の高齢者を介護するという施設の性格上、多くの人を効率的に介護しようとして、一人一人に合わせた介護よりも「集団ケア」をしなければならない場面が多くありました。

 
特別養護老人ホームなどの介護施設を利用する人にも個性があり、それぞれの生活リズムがあります。
施設が入居者にとっては生活の場となるので個性・生活リズムを大切にする個別ケアが今、世間的にも求められているのです。

 
ユニットケアは、入居者の尊厳ある生活を保障し、一人ひとりの個性と生活リズムを尊重した「個別ケア」を実現する一つの手法なのです。

 

 

 

 

ユニットケアの特徴

ユニットケアの特徴
「ユニットケア」の最大の特徴は、入居者個人のプライバシーが守られる「個室」と、他の入居者や介護スタッフと交流するための「居間」(共同生活室)があることです。

 
入居者10人前後を一つの「ユニット」として位置づけ、各ユニットに固定配置された顔なじみの介護職が、入居者の個性や生活リズムを尊重した暮らしをサポートします。

 
新たに建設される特別養護老人ホームでは、「ユニットケア」を意識し、個室や共同生活室を整備する施設が毎年増えてきていて、施設を利用する入居者が暮らしやすい環境が整備されつつあります。

 

 

 

 

入居する人の個性が大事にされるユニットケア

入居する人の個性が大事にされるユニットケア
ユニットケアは入居者の一人一人の個性を大事にするケアの手法の一つです。
入居する人は今まで送ってきた生活があり、自分の生活のスタイルが確立されています。

 
ユニットケアでは一人一人の個性や生活スタイルに合わせたケアを行う為、もちろん特養などの施設で生活する人の住む環境も整備をします。

  • 今までと変わらない暮らし
  • 自分の居場所を設ける
  • 他の人との交流
  • 施設だけでなく地域の中でも生活できるようにする

 

 

 

今までと変わらない暮らし

今までと変わらない暮らし
特別養護老人ホームに入居される人の今までと変わらない暮らしを支えるには、今まで生活する上で使ってきた馴染みの家具というのもあるでしょう。
思いでの詰まった家具を自分の部屋に持ち込む事をユニットケアを導入している施設では受け入れるところが増えてきています。

 

 

 

自分の居場所を設ける

自分の居場所を設ける
また、生活をしていく上では自分の居場所を持っている事も重要ですよね。

 
トイレが自分の居場所であったり、自分の部屋が居場所であったり、人によって自分の場所と思っている所もさまざまです。
生活をしていく上では介護職や他の入居者と交流しつつ、自分が自由に使える個室であったり、トイレであったり、浴室、洗面所があるといった場所が必要です。

 
ユニットケアでは入居者の生活の自由を感じる事が出来、自分の居場所を感じる事が出来るのです。

 

 

 

他の人との交流

他の人との交流
生活の上では他の人との交流も欠かせないでしょう。

 
ユニットでは1つのユニット10人程の入居者で構成される為、一緒に生活する入居者と居間などの共同生活室などで団らんを楽しむ事が出来ます。
また、個室で面会に来た家族と過ごす等、入居者がいろいろな人に囲まれて生活している実感を感じる事が出来ます。
ユニットケアではその人の人間関係やプライバシーにも配慮したケアなのです。

 

 

 

施設だけでなく地域の中でも生活できるようにする

施設だけでなく地域の中でも生活できるようにする
生活をしていく上では地域の中でもいろいろな人や物、サービスと関わってきますよね。
特別養護老人ホームなどの施設で生活する人は施設の中だけで生活をしているのではなく入居者が望む限り地域との関わりを最大限サポートするのもユニットケアの特徴です。

 
たまには、通いなれた居酒屋や理髪店や美容院に行くことで、今までの暮らしや地域の仲間と交わることができます。
そして、たとえ重度化が進み、外に出ることがつらくなってきた時でも、施設の中で、地域の交流を感じることができます。街と同じような喫茶店が施設内にあれば、地域の方がぶらりと立ち寄ることもあり、その方々との交流も生まれます。

 
ユニットケアでは施設だけでなく地域の中でも生活できるよう入居者をサポートしていきます。

 

 

 

 

特養ユニットケアについて

特養ユニットケアについて
介護職員として働く上でも、入居施設を探すうえでも特別養護老人ホームである特養は気になる施設の一つですよね。
現在では、特養でも従来の古い介護手法ではなく、ユニットケアを意識した住環境が整備されたり、介護職員のケアが行われるようになってきています。

 
特養ユニットケアについては「特養ユニットケアについて 従来の介護と新しい介護」で詳しく紹介しています。

 
従来の特別養護老人ホーム(通称:特養)等の施設は、生活する場所というよりも病院のような印象を受ける施設でした
特養の部屋にあるベッドのシーツは真っ白であったり、特別な私物は持ち込む事が出来ないなど、一人の人間が自由に生活する場とは程遠い場所だったのです。

 
今までの特養は一人の人が生活する場所というよりも、集団生活をする場所であるという事が何よりも大事にされてきたのです。

 
特養でユニットケアを意識して働く職員は、より専門的な知識や経験を積み重ね、集団的に入居者を相手するのではなく、一人ひとりを大事にしたケアを心がけていく事が重要でしょう。

 
介護職員として働く場合であっても、入居者として特養を利用する場合であっても、新設の特養ではユニットケアを実現しやすいという特徴があります。
理由は特養が設立時に持っている住環境にあります。

 
今まで大部屋一つで何人もの入居者を見ていたのに対し、新しい介護手法であるユニットケアでは入居者はそれぞれ、自分の自由に使える空間として、個室を持ちます。

 
大部屋を取り壊し、ユニット型に切り替えるには入居者の人数や環境上、限界がきて無理が生じてしまいます。
また、従来型の介護施設がユニット型の介護施設になるための工事費などは施設負担となります。

 
特養はそもそも営利を目的としてはいけないという福祉の制約があるため、よりユニット型への切り替えが困難である現実があるのです。

 
それに対し、新設のユニットケアを意識した特養は最初から入居者一人ひとりが自由に使える個室を意識した作りとなっています。
つまりは、最初からユニットケアが実現できる状況にあるため、介護職員もユニットケアを意識しやすいのです。

 
従来型の特養では特別な私物を持ち込む事が出来ませんでした。
例えば、使い慣れたタンスや、亡くなった人の仏壇などを持ち込む事が出来なかったのです。

 
しかし、ユニットケアを意識した特養では自分の私物を持ち込む事が出来る事から、かつての「病院のようなしつらえ」から「生活の場」として大きく変わり始めています。

 
このように、ユニット型の特養は今までの個性のない殺風景な病院のような場所から、より安心感のある生活の場へと変わりつつあるのです。

 
高齢者の気持ちとしては本音は家で生活したいと思っている人が大多数です。

 
ユニットケアが導入された介護であっても、特養に入居する人の中には「やはりここは自分の家ではない」と感じる人が多いものです。

 
入居者は家で生活しているわけではないという事を意識するとともに、特養の環境や介護職は家で生活する以上に、ひとりひとりの個性や生活のリズムに沿うような介護、居住環境の提供が求められていると言えるでしょう。

 
介護の世界に新しい風が巻き起こっているのに対し、「従来の介護」と「新しい介護」の考え方が対立する事が、これからの介護の課題を大きくします。

 
今までのやり方も、”当時”は「正しい方法」として展開されてきた手法であり、現代では”悪役”を担う存在となってしまっています。
今までの方法をやってきた人も「良いこと」をしてきたプライドがある事で、新しい事を受け入れずらい傾向があります。

 
対して、今までを知らない「新しいやり方」を学んできた人が参入する事により、意見や方法の対立が発生してしまうのです。

 
今後はこの点がどのようにお互いの意見に落とし前をつけるかが課題になってきます。

 

 

 

 

ユニットケアとは まとめ

ユニットケアとは まとめ
「ユニットケア」とは、自宅に近い環境の介護施設で、他の入居者や介護職と一緒に生活をしながら、入居者一人ひとりの個性や生活リズムに応じて暮らしていけるようにサポートする介護手法のことを言います。

 
ユニットケアは、入居者の尊厳ある生活を保障し、一人ひとりの個性と生活リズムを尊重した「個別ケア」を実現する一つの手法なのです。

 
「ユニットケア」の最大の特徴は、入居者個人のプライバシーが守られる「個室」と、他の入居者や介護スタッフと交流するための「居間」(共同生活室)があることです。

 
ユニットケアでは一人一人の個性や生活スタイルに合わせたケアを行う為、もちろん特養などの施設で生活する人の住む環境も整備をします。

  • 今までと変わらない暮らし
  • 自分の居場所を設ける
  • 他の人との交流
  • 施設だけでなく地域の中でも生活できるようにする

 
特別養護老人ホームに入居される人の今までと変わらない暮らしを支えるには、今まで生活する上で使ってきた馴染みの家具というのもあるでしょう。

 
また、生活をしていく上では自分の居場所を持っている事も重要ですよね。

 
生活の上では他の人との交流も欠かせないでしょう。

 
生活をしていく上では地域の中でもいろいろな人や物、サービスと関わってきますよね。

 
特別養護老人ホームなどの施設で生活する人は施設の中だけで生活をしているのではなく入居者が望む限り地域との関わりを最大限サポートするのもユニットケアの特徴です。

 
ユニットケアでは、人が生活する上で当たり前だったことを、介護が必要になったからあきらめるのではなく、当たり前だった生活を介護が必要になったとしても当たり前に送れるようにするという大義を持った介護手法なのです。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 介護

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

傾聴力は介護力 介護職員の最強の武器
傾聴力は介護力 介護職員の最強の武器

介護職員として働いていると傾聴が大事!という事を言われる人も多い事でしょう。 介 …

自立支援とは何か 介護のお仕事の疑問を解く
自立支援とは何か 介護のお仕事の疑問を解く

日本は超高齢社会に入り、介護の法律や考え方が大きく変革を続けています。 その中で …

拘束がない
身体拘束廃止のチェックポイント

介護の現場では身体拘束が世間的な問題となってきています。 身体拘束は利用者の自由 …

高齢者 「できましたね!よかったですね!」で相手の意欲を引き出す
高齢者 「できましたね!よかったですね!」で相手の意欲を引き出す

高齢者の方の中には逆境に負けず、日々懸命に努力を続ける人がいます。   …

介護の基本 人として暮らす上で重要な権利を法制度から見る
介護の基本 人として暮らす上で重要な権利を法制度から見る

介護は人を人の力をつかって支援する物です。 介護者は介護を必要とする要介護者や利 …

協力
介護に関する職業と役割

介護するにあたって利用者の方を支援していく上では様々な職業の方が関わってきます。 …

身体拘束
身体拘束の事例 拘束のない介護を目指すために

介護・病院の現場では身体拘束が世間的に問題視されるようになってきました。 身体拘 …

介護の仕事のミス 人の心を見落とした介護の危険性
介護の仕事のミス 人の心を見落とした介護の危険性

介護職員として働いていると多少なりともミスを起こしてしまう事もあるでしょう。 介 …

高齢者介護 超高齢社会を守る事について
高齢者介護 超高齢社会を守る事について

日本は超高齢社会を迎え、高齢者介護への重要性が浮き彫りとなってきました。 介護職 …

介護の基本 自立支援の難しいところと解決策
介護の基本 自立支援の難しいところと解決策

自立支援は現代の日本における介護の基本です。 日本は超高齢社会に突入し、超高齢社 …