介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

介護福祉士とは

      2015/11/07


介護の仕事について調べてみると介護福祉士という言葉をよく目にすると思います。
介護福祉士とは福祉の業界でとてもメジャーな国家資格のことですが、場合によっては職業の事を指す場合もあります。

 
介護福祉士を国家資格で見た場合は、福祉の業界では介護福祉士をとって初めて一人前とみられる風潮があるため、これから介護の仕事を始めようとしている人にとっては注目の資格ですし、すでに介護の仕事を始めている人にとっては大きな目標の一つとしている人も居るでしょう。

 
また、介護福祉士は国家資格として認められており、持っていると福祉の業界の仕事の幅が広がる事もあり、自分の可能性を広げる事が出来る資格の一つです。

 

 
介護福祉士とは (2)
 

 

介護福祉士とは

介護福祉士とは
介護福祉士とは、社会福祉士や精神保健福祉士と並ぶ、福祉の業界内で言う福祉系三大国家資格の一つです。

 
介護福祉士は、「社会福祉士及び介護福祉士法」と呼ばれる法律で位置づけられた社会福祉業務を仕事にする人の国家資格なのです。

 
介護福祉士は、他にもケアワーカーと呼ばれたりします。
つまり、介護福祉士は福祉の業界で使える国家資格なのです。

 
特に介護の仕事などで介護福祉士を目指す人は多く、介護職員として働く上で一番最初に目指す大きな目標とも言えます。

 

 

 

 

介護福祉士になるためには 資格取得ルートや受験資格など

介護福祉士になるためには 資格取得ルートや受験資格など
介護福祉士とは、社会福祉士や精神保健福祉士と並ぶ、福祉の業界内で言う福祉系三大国家資格の一つでした。
では介護福祉士の資格を取得するにはどのようにすれば良いのでしょうか?

 
介護福祉士の国家資格を取得するには大きく分けて3つのルートがあり、次に紹介する通りです。

  • 実務経験ルート
  • 福祉系高校ルート
  • 養成施設ルート

 
実務経験ルートについては介護職員としての実務経験が3年以上ある事に加え、平成28年以降の介護福祉士の国家試験では「介護福祉士実務者研修」を修了している事が条件となります。

 
福祉系高校ルートで介護福祉士の資格取得を目指すには「福祉系高等学校」「特例高等学校」のどちらの高校に入学するかがポイントとなってきます。

 
福祉系高校の内、特例高等学校に入学する方は、特例高等学校の修了に加え、実務経験が9ヵ月以上あるという事が受験資格になります。
特例高等学校に入学した方は、介護福祉士の試験は「筆記試験」と「実技試験」を受験する事になりますが、「介護技術講習」を受験までに取得する事と実技試験が免除されます。

 
福祉系高等学校に入学する方は、福祉系高等学校の修了によって、介護福祉士の受験資格をクリアします。

 
平成21年以降の福祉系高校の入学者は必然的に、新カリキュラムの教育を受ける事になるため、介護福祉士の試験は「筆記試験のみ」となり、実技試験は免除されます。

 
介護福祉士の養成施設資格取得ルートには大きく分けて4つのパターンがあり、次のパターンとなります。

  • 高校卒業後もしくは大学卒業後のパターン
  • 福祉系大学卒業後のパターン
  • 社会福祉士養成施設卒業後のパターン
  • 保育士養成施設卒業後のパターン

どのパターンであっても介護福祉士養成施設を卒業後に利用する事で、介護福祉士の国家試験を受験しなくとも修了と同時に介護福祉士の資格を交付されます。

 
高校卒業後、もしくは大学卒業後のパターンは介護福祉士養成施設で2年間の教育課程を受ける事、福祉系大学、社会福祉士養成施設、保育士養成施設を
 
卒業した人は1年間の教育課程を受けるポイントを押さえておきましょう。

 
また、福祉系大学・社会福祉養成施設卒業を卒業した人と、保育士養成施設を卒業した人は教育課程が異なる事もポイントです。
介護福祉士になるためには
 
最近の法律の改正や、日本における介護の重要性から、介護福祉士の資格が世間的により重要度を増してきました。
介護福祉士になるための資格取得ルートや受験資格などについては「介護福祉士になるためには 資格取得ルートや受験資格など」で詳しく解説していますので、これから介護福祉士を目指す人はチェックしてくださいね。

 

 

 

 

介護福祉士の資格を持っていると仕事の幅が広がる

介護福祉士の資格を持っていると仕事の幅が広がる
介護福祉士は福祉の業界ではとてもメジャーな資格であり、介護福祉士の資格を持っていて初めて一人前と認められる風潮があります。
福祉の業界には介護福祉士の他にも「社会福祉士」や「精神保健福祉士」の資格があり、更に他に目を向けると無数の資格が存在します。

 
無数にある福祉の資格の中でも特に大きな力を持つ資格が「介護福祉士」「社会福祉士」「精神保健福祉士」の福祉系三大国家資格なのです。

 
福祉の業界は他の業界に比べ「資格」が持つ力が大きく働く特徴があります。
というのも、福祉の仕事は悪い言い方をすれば、慣れれば誰でも表面的な仕事は簡単にこなす事が出来るようになる事や、職員の入れ替わりが激しいことにあります。

 
福祉の業界は人材の入れ替わりが激しいこともあり、新しく入った職員の実力を正しく測る事が出来ません。
深い知識、理解を持ち、更に今後の方針や計画を法制度や福祉サービスを利用する利用者の背景を考える事が出来る、つまり福祉における実力の証明をするには資格を持っていて初めて証明出来るのです。

 
コミュニケーション能力等は面接で大方感じるとる事が出来るにしてもその人の仕事ぶりや何が出来るのか、どんな知識があるのかという事を知るには、やはり資格が重要なのです。

 
場合によっては資格を持っていないと職員として働けないなんて福祉サービスの提供事業もあります。
介護福祉士は福祉の業界ではとてもメジャーな資格なので、持っているだけでも知識や実力をアピールする上でとても有効です。

 
また、介護福祉士の資格を持っている人は待遇面で優遇するところも多いです。
介護福祉士の資格を持っていると、福祉サービスの提供事業に国から補助金から出る事もあり、福祉サービス事業にとっても人材として欲しいので更に就職・転職で有利になります。

 
介護福祉士の資格を持っているから現場のリーダーを任せられたという話も少なくありません。
介護福祉士の資格を持っている事は仕事の幅を大きく広げる事が出来るのです。

 

 

 

 

介護福祉士を持っていると専門的な知識を持っている人という目で周りから見られる

介護福祉士を持っていると専門的な知識を持っている人という目で周りから見られる
介護福祉士は国家資格であると同時に、「介護職」や「介護士」と呼ばれる専門的な知識を持つ職業の一つとも世間的にはとらえられています。

 
介護福祉士は法制度や高齢者や障害者、児童や人間関係を築く事等に対して幅広い知識を体系的に学ぶため、福祉における専門的な知識を持っているという目線で見られます。

 
介護福祉士の資格を持って働く人は、法制度や福祉サービスの利用者の身体的な面・心理的な面の知識が豊富にあるため、介護現場でもさまざまな面で他の介護職員や利用者に頼られます。

 
また、自分自身、介護福祉士の資格を取得する上で学んだことを現場で利用できるため、仕事の優先順位をつけたり、さまざまな事例の壁に当たった時の解決方法を見出していく事も可能となるでしょう。

 

 

 

 

介護福祉士だから出来るケア 利用者の権利擁護

介護福祉士だから出来るケア 利用者の権利擁護
介護福祉士は「介護職」や「介護士」と呼ばれる専門的な職業の一つとしてもとらえられるという事を先ほど申し上げました。
介護職を更に広い目で見て見ると、介護福祉士の資格を持っていない人、資格は持っていないけれど勉強はしている人、介護の知識が全くない人等様々です。

 
さまざまな介護職が居る中で、介護福祉士として働く介護職だからこそできるケアが、利用者の権利擁護です。
権利擁護を簡単に言えば「権利を守る事」と言い換える事が出来ます。

 
介護サービスを利用する利用者と介護職員の関係は、利用者と職員という立場的な関係を持っていますが、日々顔を合わせる日常的な人間関係も持ちます。

 
日常的な人間関係を利用者と作り上げていく中で、介護職員はプロとして専門的な知識を活用して利用者を支援していかなければなりません。

 
しかし、日常的な人間関係のなかでは利用者の人権や、あって当たり前の権利が危ぶまれる場面が多くあります。
利用者の人権、あって当たり前の権利を法制度や身体的な制限、精神的な倫理など様々な方面から考える事が出来る人材が介護福祉士なのです。

 
介護福祉士は日々の利用者のケアに加え、法制度などを理解し、利用者の身体的、精神的な面を考慮した上で、権利を擁護し、よりその人に合ったケアを提案・提供していく事が出来るのです。

 
もちろん介護福祉士でなくても介護職員として利用者の権利を擁護する事はとても重要です。
特に深く専門的な知識を有する介護福祉士だからこそ、求められる事という事で強調させていただきました。

 

 

 

 

介護福祉士の利用者優先 介護の専門家としてのプロ意識

介護福祉士の利用者優先 介護の専門家としてのプロ意識
介護福祉士には福祉サービスの利用者の事を第一に考えた利用者優先の姿勢が特に重要です。
介護職員として働く人は常に利用者優先の姿勢が大切ですが、知識が不足しているがゆえに間違いを犯す事もあります。

 
介護福祉士は自分自身が利用者の事を第一に考えた行動を起こすのと同時に、知識が不足している人に対してはアドバイスをしたり、時には一緒に仕事をしたり、教育をしたりする事で、常に他の職員と協力して利用者第一のケアをチームで行えるような環境を作り上げていく事も重要です。

 
介護福祉士は専門的な知識をより深く持っているので、知識が不足している人に知識を提供しサポートする事で、最終的に介護現場を利用者優先の現場に作り上げていく事の出来る力があるのです。

 
介護福祉士は、自分自身が利用者の権利を侵害しないよう最新の注意を払い、他の人と協力しながら、より利用者にとって安心・安全した生活を送る事が出来るよう努力を積み重ねていくことが必要です。

 
利用者が権利侵害されないように、利用者の状況に対して敏感になり、利用者の方の状況を的確に把握して、権利を守るために自分が持っている専門的な知識と経験をフルに使って対応する事で利用者の方の権利を守っていく事が介護福祉士として働く上でのプロ意識の一つとも捉えられます。

 

 

 

 

介護福祉士の深い知識から出る鋭い洞察

介護福祉士として学んできた知識や現場での経験がつながると、利用者に対し鋭い洞察を次第に行う事が出来るようになってきます。

 
例えば、高齢者の入浴介助を行うシーンで利用者の体に痣(アザ)があったケースを考えてみましょう。
体に痣を見つければ「この痣はどうしたのですか?」と普通に聞いている事でしょう。

 
体の痣に対し、利用者の方が「転んだ」といった事を言ったらどのように洞察するでしょうか?

 
介護福祉士として洞察するのであれば、本当に転んだ事によってついたアザなのか?転ぶことで痣が出来そうな場所か?という視点で見る必要もあるでしょう。
余りにも体の多くの箇所に痣が見つかれば、誰かに暴力を振るわれた可能性を考える必要があります。
また、痣の色から痣が出来てどれくらいの時間がたったのか?という事も予測が出来ます。

 
高齢の方で骨粗鬆症を持っている人であれば骨折のリスクも考慮しなければなりません。
転倒の際に頭部を打ってはいないかどうか?という事も利用者には会話の中で聞き出す事が必要でしょう。

 
転倒して間もないのであれば血圧が高くなっているかもしれない為、入浴そのものを中断する必要もあるかもしれません。
場合によっては看護職に情報を連携し治療が必要かもしれませんよね。
他の職員に情報を連携し、転倒予防に努める必要もあるでしょう。

 

 
もし、介護福祉士としての知識、理解や利用者第一の姿勢が無ければ、「へ~、そうなんですね~」といって介護記録に残すだけで終わってしまうかもしれない可能性を考えると、介護福祉士としての深い知識があるからこそ出来得る鋭い洞察があるのです。

 
介護福祉士は鋭い洞察を用いて、介護サービスの利用者に対し専門的な知識と経験を使う事によって「次に何をすべきか」という具体的なアクションを起こしていくことが出来る人材と言えます。

 

 

 

 

介護福祉士として利用者の家族を支える

介護福祉士として利用者の家族を支える
介護福祉士は介護職として、利用者を取り巻く家族などの周囲の人々の権利を守る事をともに担っていく視点を持つことも重要です。

 
介護の方針を決めていくような場面で「利用者本人」と「利用者の家族の意向」が食い違う事があります。
介護職は「利用者」が目指す姿を実現する事と、権利を守る事を中心に置きながらも、家族全体で福祉を作っていく事に役立つことが求められます。

 
「プロだから任せてください」といった姿勢は時に重要ですが、その態度が「傲慢」や「感情的」に言い放った言葉であれば利用者だけでなく、その家族に対しても大きな不安を与える事になり、安心できる状況を作りません。

 
利用者本人、家族、介護職が一体となり、福祉を実現していく必要があります。

 
また、家族が虐待の行為者となっている場合もあります。そういった場合は虐待防止のために、家族や関係者を一つのまとまりのある単位として支援する視点が必要となります。

 
この意見には賛否両論ある事は重々承知です。しかし「利用者」にとって”大事な家族”であり”大切な存在”を奪うような言動や行動は慎むべきです。
理不尽を感じる事もあるでしょうが、「利用者を一番」に考えていく事が介護職には求められます。

 

 

 

 

見えない権利侵害を見つけ、対応する

見えない権利侵害を見つけ、対応する
利用者自身やその家族が、権利の侵害をこうむっている事に気が付かなかったり、認識していない事は大いにあり得ます。
権利が侵害されている状態が「日常的」になっていたり、本人が諦めて自らを抑制してしまうことなどにより表面化しない権利侵害を介護福祉士は見つけ、対応していくことが重要です。

 
介護職は専門的な知識を持っている前提で仕事をします。権利の侵害を受けている状況や、受けやすい状況の利用者や家族の「誤った考え」を取り除き、自ら権利侵害を認識し、それに対いて立ち向かっていく力を付けて頂く必要があります。

 
そのためには、介護職自らが常に「専門的な知識を持つプロ」として知識を蓄えておくことも重要な事の一つです。

 

 

 

 

多くの専門的な職業と連携して利用者の方を支援する

権利侵害の状況や程度によっては介護職だけで対応できない場面があります。
介護福祉士の権利を守る事の実践は、社会福祉士や法律の専門家などと連携して対応する事が求められます。
また、内容によっては「看護師」や「医師」の力を最大限にふるってもらう必要がある場合もあるでしょう。

 
どんな場合でも介護職は、利用者の一番身近にいる生活支援の専門職としての役割を果たしていく認識を高める事が重要です。

 

 

 

 

介護福祉士とは まとめ

介護福祉士とは まとめ
介護福祉士は、「社会福祉士及び介護福祉士法」と呼ばれる法律で位置づけられた社会福祉業務を仕事にする人の国家資格です。

 
介護福祉士の国家資格を取得するには大きく分けて3つのルートがあり、次に紹介する通りです。

  • 実務経験ルート
  • 福祉系高校ルート
  • 養成施設ルート

介護福祉士は福祉の業界ではとてもメジャーな資格であり、介護福祉士の資格を持っていて初めて一人前と認められる風潮があります。
無数にある福祉の資格の中でも特に大きな力を持つ資格が「介護福祉士」「社会福祉士」「精神保健福祉士」の福祉系三大国家資格なのです。

 
介護福祉士の資格を持っている人は待遇面で優遇するところも多いです。
介護福祉士の資格を持っていると、福祉サービスの提供事業に国から補助金から出る事もあり、福祉サービス事業にとっても人材として欲しいので更に就職・転職で有利になります。

 
介護福祉士は国家資格であると同時に、「介護職」や「介護士」と呼ばれる専門的な知識を持つ職業の一つとも世間的にはとらえられています。
介護福祉士の資格を持って働く人は、法制度や福祉サービスの利用者の身体的な面・心理的な面の知識が豊富にあるため、介護現場でもさまざまな面で他の介護職員や利用者に頼られます。

 
介護福祉士には福祉サービスの利用者の事を第一に考えた利用者優先の姿勢が特に重要です。
介護職員として働く人は常に利用者優先の姿勢が大切ですが、知識が不足しているがゆえに間違いを犯す事もあります。

 
介護福祉士は自分自身が利用者の事を第一に考えた行動を起こすのと同時に、知識が不足している人に対してはアドバイスをしたり、時には一緒に仕事をしたり、教育をしたりする事で、常に他の職員と協力して利用者第一のケアをチームで行えるような環境を作り上げていく事も重要です。

 
さまざまな介護職が居る中で、介護福祉士として働く介護職だからこそできるケアが、利用者の権利擁護です。
権利擁護を簡単に言えば「権利を守る事」と言い換える事が出来ます。

 
また、介護福祉士として学んできた知識や現場での経験がつながると、利用者に対し鋭い洞察を次第に行う事が出来るようになって来るでしょう。

 
介護福祉士は介護職として、利用者を取り巻く家族などの周囲の人々の権利を守る事をともに担っていく視点を持つことも重要です。

 
介護の方針を決めていくような場面で「利用者本人」と「利用者の家族の意向」が食い違う事があります。
介護職は「利用者」が目指す姿を実現する事と、権利を守る事を中心に置きながらも、家族全体で福祉を作っていく事に役立つことが求められます。

 
利用者自身やその家族が、権利の侵害をこうむっている事に気が付かなかったり、認識していない事は大いにあり得ます。
権利が侵害されている状態が「日常的」になっていたり、本人が諦めて自らを抑制してしまうことなどにより表面化しない権利侵害を介護福祉士は見つけ、対応していくことが重要です。

 
権利侵害の状況や程度によっては介護職だけで対応できない場面があります。
介護福祉士の権利を守る事の実践は、社会福祉士や法律の専門家などと連携して対応する事が求められます。
また、内容によっては「看護師」や「医師」の力を最大限にふるってもらう必要がある場合もあるでしょう。

 
どんな場合でも介護職は、利用者の一番身近にいる生活支援の専門職としての役割を果たしていく認識を高める事が重要です。

 
福祉の業界で働いていく上で介護福祉士は取得する事でメリットの多い資格です。
介護福祉士の資格取得を目指すと、介護の現場のみならず、人間関係や日常的に使える知識など様々な学習を介護福祉士を取得する事で知識として身に着けている事でしょう。
 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 介護福祉士

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

介護福祉士になるには 資格取得ルートや受験資格など
介護福祉士になるためには 資格取得ルートや受験資格など

介護の仕事について調べてみると介護福祉士という言葉をよく聞いたり見たりすることが …