介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

社会福祉法とは?福祉のキホンをおさえよう

      2015/11/07


社会福祉法は社会福祉に従事する人や、これから社会福祉で働きたいと思っている人が知っておくべき法律の一つです。
社会福祉と聞くと、介護を必要としている人や救いの手を必要としている人に対して、何から何までやってあげるものと考える人が少なくありません。

 
しかし、現代で言う社会福祉は相手の望むように、相手のやる気や意欲を引き出しつつ、一緒により良い方向へ導いていく考えの方が強くなってきています。

 
社会福祉法でも、福祉を必要とする人と、福祉を提供する人が良い方向へ進めるよう、必要な心構えや必要な規定をしています。
社会福祉法とはどんなものなのか見ていきましょう。

 

 
社会福祉法とは?福祉のキホンをおさえよう
 

 

社会福祉法とは?

社会福祉法とは?
社会福祉法という法律は社会福祉の理念と原則を示し、社会福祉事業の基本事項を定めたものです。

 
社会福祉法の条項について少し触れてみましょう。
社会福祉法における人権、尊厳に関する規定の一部をご紹介します。

 

 

 

社会福祉法

社会福祉法

社会福祉法 第3条(福祉サービスの提供の原則)

福祉サービスは、個人の尊厳の保持を旨とし、その内容は、福祉サービスの利用者が心身共に健やかに育成され、又はその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように支援するものとして、良質かつ適切なものでなければならない。

 

 

社会福祉法 第5条

社会福祉を目的とする事業を経営するものは、その提供する多様な福祉サービスについて、利用者の意向を十分に尊重し、かつ、保健医療サービスその他の関連するサービスとの有機的な連携を図るよう創意工夫を行いつつ、これを総合的に提供することができるようにその事業の実施に努めなければならない。

 

 

 

社会福祉法の基本事項について

社会福祉法の基本事項について
社会福祉法によって規定されている基本事項の内容はは大きく分けて2つに分ける事が出来ます。

  • 人間の尊厳を尊重する事
  • その人の多種多様なニーズを理解し、利用者の意思を尊重する

 
人間の尊厳とは、その人らしさと言い換える事が出来ます。
人が一人の人間として認められ、受け入れられる事を人間の尊厳を尊重すると言います。

 
その人の多種多様なニーズというのは、人は日常生活や日々の暮らしの中で様々な課題に直面します。
日常生活や日々の暮らしの中で起こる課題と、福祉利用者の意思をしっかりと理解した上で、福祉を提供していく基本的な考えです。

 
それぞれについてもう少し掘り下げてみていきましょう。

 

 

 

人間の尊厳を尊重する 誰しもが一人の人間である

人間の尊厳を尊重する 誰しもが一人の人間である
社会福祉法の一つ目の基本事項は社会福祉は人間の尊厳を尊重して行われることを基本理念とすることです。
人間の尊厳を尊重して行われる事を基本理念とした条項の内容を噛み砕いてお伝えすると、社会福祉は利用者本人が自立した生活を営む事を支援するという事を表現しています。

 
今までの社会福祉は、高齢者や障害者介護を始め、何から何までお世話する事が正義だと考えられていました。
本人が出来る事から、本人がしたい事まですべてを介護の力でしてしまっていたんですね。

 
しかし、現代の社会福祉は本人が出来る事は本人にしていただく、または本人が出来るよう支援していくというのが基本的な考え方となっています。
もちろん、本人が出来ない事は社会福祉の力を使って支援していきますし、本人が希望しなければ無理強いもする事はありません。

 
利用者本人は子供であれば社会的に未熟な面を支援したり、障害者であれば必要な身体機能を支援したり、高齢者であれば必要な環境の整備などを通し、本人の生活を支援していきます。

 
本人がで出来る事はやっていただき、本人がどうしても無理な事は支援していくという「自立への支援」を行っていくというのが社会福祉法でも規定されている基本的な考え方となっています。
つまり、社会福祉とは「利用者が思い描く、その人らしい生活を送ることを支援してく」事なのです。

 

 

 

 

その人の多種多様なニーズを理解し、利用者の意思を尊重する

その人の多種多様なニーズを理解し、利用者の意思を尊重する
生活を送る上では、やりたいこと・欲しいもの・なりたいものなど色々な思いがありますよね。
その様に日常生活の中で必要であったり、欲しいものであったり、なりたいものというのがニーズです。

 
生活をするうえでいろいろな欲望・願望があるのは人間であれば当然のことです。
欲望、願望を持つという事は、その人らしい意思が存在する事でもあります。

 
相手のニーズを理解せず、自分の意思を通して社会福祉を提供した場合、相手は「こんなはずでは・・・」と残念な思いになる事があるでしょう。
また、場合によっては必要な物が提供されず、全く必要のないものが提供されてしまう事だってあります。

 
ニーズを理解していないような事例を紹介しましょう。
ニーズを理解していない事例として車の購入について考えてみようと思います。

 

 

妻子持ち男性には「妻がこの車好きだから、俺はこの車をかう!」と心に決めていた車がありました。

 
貯金をし、いざ決心して車屋に行ったら「それは古い型だから新しい型なら燃費もいいし形もおしゃれですよ」車屋さんは新モデルの車を推してきます。
しかし、男性は全く新しいモデルの車には興味が無いのに車屋さんはしつこく新モデルの車を購入するよう勧めてきます。
余りにもしつこいものだから、男性は新モデルの車を購入してしまいました。

 
男性は「こんなことになるなら、あの車屋に行くんじゃなかった・・・・」と後悔しました。

 

 

極端な例ですが、これを私たちは日常生活でやりがちです。
紹介した例の男性のニーズは「最新の燃費の良いオシャレな車を買うこと」ではありませんね。
男性の本当のニーズは「心に決めた好きな車を買う事」というです。

 

 

つまり、車屋は自分が良いと思う物をオススメしたので、悪意があるわけではないのですが、良い物が必ずしも相手を満足させるのではなく、相手のニーズに合った物こそが相手を満足させるという事を忘れてはいけないでしょう。

 

 
もちろん、社会福祉のサービスを利用する方にもニーズがあり、ニーズを正しく理解しないと不満だらけの福祉サービスの提供となってしまうでしょう。

 

 

 

社会福祉を利用し自分らしい生活をしている人 リスクを乗り越えて・・・

社会福祉を利用し自分らしい生活をしている人 リスクを乗り越えて・・・
社会福祉を利用している方で、自分で出来る事は自分でやる、どうしてもできないところは福祉の力で支援してもらう。
自立の精神が強い人が増えてきています。

 
例えば、障がいをお持ちの方で「その人らしい生活を送ることができている」人としては「乙武洋匡さん」が有名な方です。
乙武さんは「五体不満足」という著書を執筆した事でも有名です。

 
失礼ながら始めて彼の姿を見て衝撃を受けた人も居るでしょう。
筆者自身始めて彼の姿を見たときは「どうやって生活するんだろう」とヒヤヒヤしていたことを今でも覚えています。

 
しかし、彼はサッカーをしたり、教師をしたり、Twitterをしたりとリスクをリスクともせず、自分らしい生活を送っています。

 
もし、社会福祉の力によって彼の何から何までやってしまっていたとしたらそれは彼らしい生き方を奪うことにつながっていたでしょう。

 
誰しもが彼のような人生を送るかというとそうではないと思いますが、自分らしさを持ちつつ、その人らしく生きていける事を規定したものが社会福法で言う人間の尊厳の尊重なのです。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。
またお越しください。

スポンサーリンク




 - 社会

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

難病対策について そもそも難病とは?
難病対策について そもそも難病とは?

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、日本でも難病があります。 難病は普通の病 …

介護士の医療行為の実態と出来る事について
介護士の医療行為の実態と出来る事について

介護士は最近では医療機関で働く機会が増えています。 また、仕事の内容としても医療 …

迷路
ライフスタイルの変化について考える 介護の基本

同じ職場で働く同僚であっても、当然のことながら人生観や価値観はひとそれぞれ違いま …

男性と女性
男性と女性の働くについて考える ワーク・ライフのバランス

女性の社会進出の一方で、家庭における家事分担に関しては、現在も妻が正社員で働いて …

消費者保護法
消費者を保護する法律 消費者保護法について

介護を必要としている人でもそうでない人でも、商品を利用する消費者として日々の生活 …

高齢者の人権問題 経済や私たちのお財布に与えるダメージ
高齢者の人権問題 経済や私たちのお財布に与えるダメージ

日本は超高齢社会となり、高齢者が激増しつつあります。 増える高齢者で問題となるの …

介護・医療関係者がかかわる制度について
介護・医療関係者がかかわる制度について

介護士は最近では医療機関で働く機会が増えています。 また、仕事の内容としても医療 …

家族 (3)
様々な家族のかたち 介護をする上で知っておく事

介護の仕事をしていく上で、利用者の方と、そのご家族とやり取りをする場面もあるでし …

生活習慣病の予防
生活習慣病予防のための予防やガイド・マニュアルについて

生活習慣病は超高齢社会を迎えた日本では死因のトップとなっている病気の根源となって …

人権が守られる世の中なのか?日本の人権はどうだろうか
人権が守られる世の中なのか?日本の人権はどうだろう

世界に目を向けてみると人権ってなんだろう?と思う瞬間は無いでしょうか。 人を人と …