介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

高齢者の人権 高齢者の権利擁護の必要性

      2015/11/07


家族介護や介護職員として、高齢者を介護する事もあるでしょう。
また、超高齢社会の為、世間的に高齢者が増加し、どこにいっても高齢者ばかりという事もあるでしょう。

 
経済的にも高齢者を対象にするサービスが増えたり、サービスの利用者が高齢者が多くなるという事も考えられます。

 
人口の比率が高齢者が一気に増え、若者と高齢者のバランスが崩壊しつつある日本ですが、高齢者の人権問題というのは後を絶ちません。
日本国民の多くの人口が高齢者に偏っていく上で、日本は高齢者の人権を正しくとらえ、権利擁護を本気で考えていく必要があります。

 
高齢者の人権、高齢者の権利擁護は今後の日本の経済、若者への影響、出生率などにも大きな影響を与えていく事になり、道徳的な思想にも影響を与える事となります。

 
高齢者が受ける権利侵害や高齢者の人権、そして高齢者の権利擁護の必要性についてみていきましょう。

 

 
高齢者の人権 高齢者の権利擁護の必要性
 

 

権利擁護とは? 高齢者の権利擁護の為に

権利擁護とは? 高齢者の権利擁護の為に
高齢者の権利擁護を考える上で、そもそも権利擁護とはどういう意味なのでしょうか?
権利擁護というのは自己の権利を表明したり、主張することが困難な寝たきりの高齢者や、認知症の高齢者を支援し代弁することです。

 
また、高齢者の中には老化によって体のさまざまな働きが低下したり、精神的な活動が低下している人も居ます。
老化によって、色々な面で活動が低下している高齢者にとって自分の人権を正しく主張したり、人権を守ろうと活動する事が困難になる人もいます。

 
このような高齢者に対して、周囲の人や専門的な知識を持つ人が高齢者本人に代わって人権を守るというのが権利擁護なのです。

 

 

 

 

高齢者は要介護者が多い 誰かが権利擁護する必要がある!

高齢者は要介護者が多い 誰かが権利擁護する必要がある!
高齢者は老化に伴う体の機能の低下や、精神活動の低下、持病や、病気の既往歴などから介護を必要としている人が多くいます。

 
また、最近は認識が高まりつつある認知症によって、体の機能には問題がないけれど、脳の働きの低下や記憶がなくなる、幻覚が見える等から生活を送る事が困難なケースが多く、認知症を持つ高齢者も介護を必要としています。

 
身体的な機能の低下、精神的な機能の低下、持病、既往歴、認知症などどれをとっても介護を必要としている高齢者は、世間的な風当たりを受ける事も多く、社会から虐げられる事も少なくありません。

 
差別・偏見や悪質商法、サービスや制度を十分に受ける事が出来ないといった、道徳的な問題や弱い者をターゲットにするような悪質な犯罪、意図せず高齢者を虐げる事に繋がってしまうケースなど、背景や原因は様々です。

 
若者や、健康な人は関係が無い、大変そうだねといった第三者の目線で傍観される事が多いことも事実です。
これらの高齢者の受ける人権問題については「高齢者の人権問題 経済や私たちのお財布に与えるダメージ」でも紹介しており、私たちの生活の身近なところで日常的に起き、労働者にも大きなダメージを与えているのです。

 
高齢者の人権問題は既に他人事では済まされないレベルにまで達しており、人口比率が大きく高齢者に傾く日本では高齢者の権利擁護を誰かが守らなければならないのです。

 

 

 

 

高齢者は障害者になりやすい 権利擁護の上で知っておくポイント

高齢者は障害者になりやすい 権利擁護の上で知っておくポイント
これからの日本では高齢者が人口の多くを占める超高齢社会が到来します。
団塊の世代が軒並み高齢者となり、労働人口として数えられる事がなくなり、日本の経済の低迷を招くとも言われています。

 
団塊の世代の中には、自分の家族も含まれていて、今まさに母親や父親、兄や姉が高齢者になる目前という人も居るかもしれません。

 
高齢者は身体的な機能が低下し、精神的な活動が低下する他にも、免疫力の低下などが原因となり、さまざまな疾病にかかりやすくなります。
また、ナチュラルキラー細胞と呼ばれる癌の増殖を抑える働きのある細胞の量、働きが低下し癌になる人も居ます。

 
また、高血圧などが原因で脳梗塞を起こす人も中にはいます。

 
老化にともなって高齢者は健康面で多くのリスクを抱えやすくなるのです。
老化に伴った疾病は高齢者にとって、大きな負担となる病気も多く、病気が発端となり、障害者となる事が多くあります。

 
高齢者は老化や、老化に伴って病気にかかりやすい事、持病の慢性化から障害者となってしまう可能性が高い事を権利を守る上で知っておくべきでしょう。
障害者の人権については「障害者の人権 この世の何が一番障害なのか?」の記事で言及しています。高齢者に特化した話というよりは、より幅広い障害者に対する人権という内容を扱った記事です。

 
高齢者の人権を権利擁護する上では、障害者の人権についても理解を深める必要が現代の日本ではあるのです。

 

 

 

 

介護予防の効果! 介護予防は高齢者の権利擁護に繋がる

介護予防の効果! 介護予防は高齢者の権利擁護に繋がる
高齢者の人権問題の背景に介護を必要とする事があります。
介護を必要とする人は何かと社会的な価値観によって虐げられてしまう背景が現代の日本ではあるからです。

 
介護を必要とする事が社会的な価値観によって虐げられてしまうのであれば、介護予防によって介護が不要な体を作り上げていく事も権利擁護の観点では重要です。

 
介護予防によって、身体的な機能や精神的な機能を維持しつつ、介護が不要となる事で高齢者としての自分の人権を守る事に繋がるのです。

 
本来であれば介護が必要であったとしても、高齢者の人権は守られるべきなのですが、人間関係や社会的な価値観、財政的な背景によって介護を必要とする高齢者の人権が侵害されかねない場面が多くあります。

 
介護予防によって高齢者が要介護者となる比率を下げる事で、高齢者全体の権利擁護が図られるのです。

 

 

 

 

要介護の高齢者の人権は介護者が守る

要介護の高齢者の人権は介護者が守る
介護予防は高齢者が自ら、要介護者とならない様にし、最終的には高齢者本人が自分で自分自身の権利を守る事に繋がる事を紹介しました。
しかし、現代の日本では介護予防だけでは足りず、要介護者となってしまう高齢者が多くいます。

 
要介護者となった高齢者は誰が守れば良いのでしょうか?

 
要介護の高齢者の人権は介護者が守る事が一番望ましいと言えるでしょう。
もちろん、周囲の人が要介護者となった高齢者の人権を守る事も重要ですが、何より要介護者の近くで高齢者本人を支える介護者が一番、権利を守る事の出来る立場にあります。

 
要介護の高齢者の人権は介護者が守る意識を持つことが重要です。
しかし、要介護の高齢者の人権が、介護者によって侵害されるケースも少なくありません。

 
家族介護の果てに介護者であった家族が、要介護の高齢者の命を奪ってしまったり、虐待に派生してしまうケースが少なくないのです。
原因として考えられるのは、介護者本人の人権やあって当たり前の権利が救われていない事にあるでしょう。

 
また、介護の仕事をしている介護職員の待遇面を考えても、改善されつつあるとは言え、まだまだ幸せな生活を送る事が出来る程の収入を生み出してはいないと言えます。

 
このように、さまざまな背景があり、要介護の高齢者の人権が危ぶまれており、更には介護者である家族、介護職員、周囲の人の人権や、当たり前の権利すらも危ぶまれているのです。

 
さまざまな事を申し上げましたが、それでも要介護となった高齢者の権利擁護を考える上では、やはり介護者である家族や介護職員が、介護を必要としている高齢者に一番近い存在であり、権利を守る上で望ましい立場にある事にかわりはないでしょう。

 

 

 

 

介護者の人権は高齢者と社会で守る 果てに高齢者の権利擁護がある

介護者の人権は高齢者と社会で守る 果てに高齢者の権利擁護がある
要介護者となってしまった高齢者に対しては、介護者である立場の人が、高齢者本人の権利擁護の観点で一番立ち回りやすく意見をいう事の出来る立場に居ます。

 
しかし、介護者の手によって、要介護者となってしまった高齢者の人権が侵害されてしまうケースが後を絶たない事も事実です。
もっと視野を広く、良い方向を見れば介護者によって人権が守られた要介護者の高齢者はたくさんいるでしょう。

 
明るみに出た介護者による要介護の高齢者の人権問題がほんの一握りであると仮定するならば、なぜ介護者は要介護者の人権を侵害してしまうのでしょうか。

 
一番の原因は、介護者そのものの人権が、要介護者の高齢者を介護をする事によって危ぶまれる事が挙げられると思います。

 
介護者は一人の人間を支える上でとても重要な役割を果たし、介護者一人の人間の手によって、要介護となった高齢者の生活、介護者本人の生活という二人の人間の生活を支える役割を果たします。

 
単純に計算するならば、介護をしない人と比べ、高齢者・介護者二人の生活を支えるので二倍の負担が介護者にかかる事になり、時間的な制限や活動的な制限がかかる事が容易に想定され、身体的・精神的な負担は計り知れません。

 
つまり、自由さが無かったり、選択の権利が制限される等の、介護者の人権が侵害される事にもつながり、場合によっては幸せになる権利すらも奪われる結果となる可能性も否定はできません。

 
介護について元をたどってみると、国政によって「介護は社会全体で行っていくもの」という事が法制度でもうたわれていますが、実際の所、要介護者となった介護者の権利が守られるほど整備は十分ではありません。

 
要介護となった高齢者の人権を守る上では、介護者の人権こそ、社会的に守っていくべきであり、更に整備を進める必要があると言えるでしょう。
整備が整っていない現在の日本では、介護者は周囲の人や友人、家族などと協力をしながら、自分の負担を軽減する工夫が必要です。

 
介護者の権利が守られて初めて、要介護者となった高齢者の人権を権利擁護する働きを持つことが出来るのです。

 

 

 

 

高齢者の人権を守る 権利擁護が与える経済的な効果

高齢者の人権を守る 権利擁護が与える経済的な効果
高齢者の人権を守る上で、介護予報や、要介護者となった高齢者は介護者が権利擁護する事、介護者の人権は社会全体で権利擁護していくことについて紹介しました。

 
高齢者の人権を守る事は、高齢者の人に生活を送りやすい環境を作り上げていく事になりますが、高齢者のみならず若者であっても高齢者の人権を守る事によって大きな恩恵を受ける事が出来ます。

 
高齢者の人権を守る事によって受ける事が出来る恩恵としては高齢者の人権を守る事によって経済的な効果がある事です。
高齢者の人権を守るためには、高齢者を対象にしたさまざまなサービスを社会的に作っていく必要があります。

 
これからの日本は高齢者が人口の多くの比率を占める事になり、マネーも団塊の世代を始めとした高齢者に集中する事になります。
高齢者は社会的に虐げられる存在となってしまっている日本の現在の価値観では、高齢者の年代層でマネーが滞る事となり、若者や労働者のお給料や物価の高騰などへの影響があるでしょう。

 
高齢者の人権を擁護する事で、高齢者が社会参加する機会が増えたり、利用できるサービスの幅が広がり選択の自由が更に拡大する事によって、サービスの利用や消費行動が生まれる事になります。

 
また、高齢者の権利を擁護するという事は、巡り巡って介護者の権利を擁護する事と同じ意味を持ちます。
介護者の負担が軽減されたり、自由な時間をより多く作る事が出来れば、プライベートな時間に旅行をしたり、できなかった仕事をしたりと労働力の改善も見込む事が出来るでしょう。

 
高齢者の人権を守る事は経済的な効果が高く、今後高齢者となっていく人たちにもより暮らしやすい生活を見せる事で、社会全体の精神的な安定を図っていく事もできるでしょう。

 

 

 

 

高齢者の人権 高齢者の権利擁護の必要性 まとめ

高齢者の人権 高齢者の権利擁護の必要性 まとめ
権利擁護というのは自己の権利を表明したり、主張することが困難な寝たきりの高齢者や、認知症の高齢者を支援し代弁することでした。
高齢者の中には老化によって体のさまざまな働きが低下したり、精神的な活動が低下している人も居ます。

 
このような高齢者に対して、周囲の人や専門的な知識を持つ人が高齢者本人に代わって人権を守るというのが権利擁護でしたね。

 
身体的な機能の低下、精神的な機能の低下、持病、既往歴、認知症などどれをとっても介護を必要としている高齢者は、世間的な風当たりを受ける事も多く、社会から虐げられる事も少なく無いという事も言及しました。

 
老化にともなって高齢者は健康面で多くのリスクを抱えやすくなるのです。
老化に伴った疾病は高齢者にとって、大きな負担となる病気も多く、病気が発端となり、障害者となる事が多くあります。

 
高齢者の人権を権利擁護する上では、障害者の人権についても理解を深める必要が現代の日本ではある事を述べさせていただきました。

 
介護を必要とする事が社会的な価値観によって虐げられてしまうのであれば、介護予防によって介護が不要な体を作り上げていく事も権利擁護の観点では重要です。

 
介護予防によって高齢者が要介護者となる比率を下げる事で、高齢者全体の権利擁護が図られるという事にも触れました。

 
しかし、現代の日本では介護予防だけでは足りず、要介護者となってしまう高齢者が多くいます。
要介護の高齢者の人権は介護者が守る事が一番望ましいと言えるでしょう。

 
介護者は一人の人間を支える上でとても重要な役割を果たし、介護者一人の人間の手によって、要介護となった高齢者の生活、介護者本人の生活という二人の人間の生活を支える役割を果たします。

 
単純に計算するならば、介護をしない人と比べ、高齢者・介護者二人の生活を支えるので二倍の負担が介護者にかかる事になり、時間的な制限や活動的な制限がかかる事が容易に想定され、身体的・精神的な負担は計り知れ無いという事を紹介しました。

 
要介護となった高齢者の人権を守る上では、介護者の人権こそ、社会的に守っていくべきであり、更に整備を進める必要があると言えるでしょう。
整備が整っていない現在の日本では、介護者は周囲の人や友人、家族などと協力をしながら、自分の負担を軽減する工夫が必要です。

 
高齢者の人権を守る事によって受ける事が出来る恩恵には高齢者の人権を守る事によって経済的な効果がある事がありました。
高齢者の人権を擁護する事で、高齢者が社会参加する機会が増えたり、利用できるサービスの幅が広がり選択の自由が更に拡大する事によって、サービスの利用や消費行動が生まれる事になります。

 
また、介護者の負担が軽減されたり、自由な時間をより多く作る事が出来れば、プライベートな時間に旅行をしたり、できなかった仕事をしたりと労働力の改善も見込む事が出来るでしょう。

 
高齢者の人権を守る事は経済的な効果が高く、今後高齢者となっていく人たちにもより暮らしやすい生活を見せる事で、社会全体の精神的な安定を図っていく事もできるという事を理解し、高齢者にとっても若者にとってもよりより社会を作り上げていきたいものですね。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 社会 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

地球 (2)
成年後見制度とは 介護に関係する制度

介護の仕事をしていくうえでも、超高齢社会を迎えた日本では成年後見制度について知っ …

相手の気持ちがわからない人は相手に寄り添ってみましょう
相手の気持ちがわからない人は相手に寄り添ってみましょう

日常生活の中で相手の気持ちがわからなくてやきもちしてしまう事は多いですよね。 & …

男性と女性
男性と女性の働くについて考える ワーク・ライフのバランス

女性の社会進出の一方で、家庭における家事分担に関しては、現在も妻が正社員で働いて …

障害者基本法とは 自分らしく生きるために・・・

障害者の人を守る法律として障害者基本法という法律があります。   人は …

のぞく
個人情報・秘密保護に関する制度 介護士が知っておく事

最近では個人情報保護や秘密情報の保護に対しての意識が世間的に高まっています。 意 …

赤ん坊
児童虐待防止法とは 子供を虐待から守る

虐待と聞くとテレビで見ているだけでは中々身近に感じる事が出来ない事の一つです。 …

生活習慣病の予防
生活習慣病予防のための予防やガイド・マニュアルについて

生活習慣病は超高齢社会を迎えた日本では死因のトップとなっている病気の根源となって …

消費者保護法
消費者を保護する法律 消費者保護法について

介護を必要としている人でもそうでない人でも、商品を利用する消費者として日々の生活 …

迷路
ライフスタイルの変化について考える 介護の基本

同じ職場で働く同僚であっても、当然のことながら人生観や価値観はひとそれぞれ違いま …

生活を支えるさまざまな制度について
生活を支えるさまざまな制度について

私たちのまわりには生活を支えるさまざまな制度があります。 例えば、生活保護制度は …