介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

予防給付の地域密着型介護予防サービスとは

      2017/04/13


介護保険の申請をし、要介護認定が下りると、実際に利用する介護サービスを選ぶ必要があります。

 
介護サービスを選ぶ上では、要介護認定によって認定された、要介護・要支援の区分の中から自分に合ったサービスを利用する、あるいはケアマネジャーに選んでもらう必要があります。

 
介護保険での給付の一つに予防給付があり、予防給付は要介護認定で「要介護」と認定された人に対して行われる給付です。
介護給付で受ける事が出来るサービスの一つに地域密着型介護予防サービスがあります。

 
予防給付で受ける事が出来る地域密着型介護予防サービスとはいったいなんなのでしょうか。
地域密着型介護予防サービスでは具体的にどんなサービスを受ける事が出来るのでしょう。

 
予防給付の地域密着型介護予防サービスについてまとめましたのでチェックしていってください。

 

 
予防給付の地域密着型介護予防サービスとは

 

予防給付の地域密着型介護予防サービスとは

予防給付の地域密着型介護予防サービスとは (2)
介護保険の予防給付における介護予防支援は、利用者の管轄する市区町村の指定・監督を受けたサービスで、要介護状態となったり要介護度の重度化を出来る限り防ぐ必要がある人が利用するサービスで自宅での生活を支援する為、地域包括支援センターの専門職が介護予防プランの作成やサービスの連絡調整を行うサービスのことです。

 
地域ごとに実情が異なるため、より地域に根差した柔軟な体制で介護予防サービスが提供され、地域に住む住民が受ける事が出来るサービスとなっています。

 
地域密着型介護予防サービスは市区町村によっては実施しているサービスの種類に違いがあり、場合によっては地域密着型介護予防サービスを実施していない市区町村もあります。

 

介護予防サービスにおける予防給付の地域密着型介護予防サービスでは主に次のようなサービスを提供するのに利用されます。

  • 介護予防小規模多機能型居宅介護
  • 介護予防認知症対応型通所介護
  • 介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

 

 

 

 

地域密着型介護予防サービスの介護予防小規模多機能型居宅介護

地域密着型介護予防サービスの介護予防小規模多機能型居宅介護
地域密着型介護予防サービスの介護予防小規模多機能型居宅介護とは通いによるサービスを中心にして、利用者の希望などに応じて、訪問や宿泊を組み合わせ、入浴、排せつ、食事等の介護、その他日常生活上の世話、機能訓練(リハビリテーション)を行います。

 
要介護状態になることをできる限り防ぐ(発生を予防する)、あるいは状態がそれ以上悪化しないようにすることを目的としたサービスとなっていて高齢者の有する能力に応じ、自立した生活を営むことができるように支援します。

 

 

 

地域密着型介護予防サービスの介護予防認知症対応型通所介護

地域密着型介護予防サービスの介護予防認知症対応型通所介護
地域密着型介護予防サービスの介護予防認知症対応型通所介護とは老人デイサービスセンターなどにおいて、通所してきた軽度の認知症の利用者に対して、入浴、排せつ、食事の介護、生活等に関する相談、健康状態の確認、機能訓練(リハビリテーション)等を行います。

 
要介護状態になることをできる限り防ぐ(発生を予防する)、あるいは状態がそれ以上悪化しないようにすることを目的としています。高齢者の有する能力に応じ、自立した生活を営むことができるように支援します。

 

 

 

地域密着型介護予防サービスの介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

地域密着型介護予防サービスの介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
地域密着型介護予防サービスの介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)では認知症の高齢者が共同で生活する住居において、入浴、排せつ、食事等の介護、その他の日常生活上の世話、機能訓練を行います。

 
少人数(5人~9人)の家庭的な雰囲気の中で、できる限り自立した生活が送れるようになることを目指します。

 
要介護状態になることをできる限り防ぐ(発生を予防する)、あるいは状態がそれ以上悪化しないようにすることを目的としています。高齢者の有する能力に応じ、自立した生活を営むことができるように支援します。

 

 

 

 

予防給付の地域密着型介護予防サービスとは まとめ

予防給付の地域密着型介護予防サービスとは まとめ
介護保険の予防給付における介護予防支援は、利用者の管轄する市区町村の指定・監督を受けたサービスで、要介護状態となったり要介護度の重度化を出来る限り防ぐ必要がある人が利用するサービスで自宅での生活を支援する為、地域包括支援センターの専門職が介護予防プランの作成やサービスの連絡調整を行うサービスのことです。

 
地域ごとに実情が異なるため、より地域に根差した柔軟な体制で介護予防サービスが提供され、地域に住む住民が受ける事が出来るサービスとなっています。

 
地域密着型介護予防サービスは市区町村によっては実施しているサービスの種類に違いがあり、場合によっては地域密着型介護予防サービスを実施していない市区町村もあります。

 

介護予防サービスにおける予防給付の地域密着型介護予防サービスでは主に次のようなサービスを提供するのに利用されます。

  • 介護予防小規模多機能型居宅介護
  • 介護予防認知症対応型通所介護
  • 介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

地域密着型介護予防サービスの介護予防小規模多機能型居宅介護とは通いによるサービスを中心にして、利用者の希望などに応じて、訪問や宿泊を組み合わせ、入浴、排せつ、食事等の介護、その他日常生活上の世話、機能訓練(リハビリテーション)を行います。

 
地域密着型介護予防サービスの介護予防認知症対応型通所介護とは老人デイサービスセンターなどにおいて、通所してきた軽度の認知症の利用者に対して、入浴、排せつ、食事の介護、生活等に関する相談、健康状態の確認、機能訓練(リハビリテーション)等を行います。

 
地域密着型介護予防サービスの介護予防認知症対応型共同生活介護(グループホーム)では認知症の高齢者が共同で生活する住居において、入浴、排せつ、食事等の介護、その他の日常生活上の世話、機能訓練を行います。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 介護保険制度 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

保険者・被保険者とは
保険者・被保険者とは

保険に加入すると、保険者や被保険者という言葉がよく出てきます。 保険者や被保険者 …

要介護とは 要介護認定調査の結果について
要介護とは 要介護認定調査の結果について

介護保険を利用する上では、介護保険を申請し、要介護認定調査を受ける必要があります …

介護保険における国の役割 介護保険をよく知るために
介護保険における国の役割 介護保険をよく知るために

介護保険は現在の日本の介護を行っていく上で中心となる保険です。   介 …

要介護認定調査とは 介護保険を利用する前に
要介護認定調査とは 介護保険を利用する前に

介護保険を利用するには、介護保険にさだめられる手続きをし、介護保険の利用を正しく …

介護給付の施設サービスとは (2)
介護給付の施設サービスとは

介護保険の申請をし、要介護認定が下りると、実際に利用する介護サービスを選ぶ必要が …

介護保険制度の背景 要介護人口の増加について
介護保険制度の背景 要介護人口の増加について

日本には介護保険制度という制度があり、介護保険制度がある事によって日本の介護が支 …

老人保健制度とは
老人保健制度とは

現代の日本は介護保険制度によって高齢者の介護を社会で担っていくシステムが作られて …

介護保険の自己負担額
介護保険の自己負担額

介護保険を利用する上で、気になるのは介護サービスを利用する自分、もしくは家族はど …

予防給付とは
予防給付とは

介護保険制度における給付は大きく分けると介護給付と予防給付の二つに分ける事が出来 …

介護保険料とは
介護保険料とは

日本の高齢化社会において、テレビやニュースでよく話されている介護保険料。 介護保 …