介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

高齢者 「できましたね!よかったですね!」で相手の意欲を引き出す

      2015/11/07


高齢者の方の中には逆境に負けず、日々懸命に努力を続ける人がいます。

 
「自分で生き抜く力」を手に入れようとしている人も多く、その人にとっては人生をかけた戦いともいえるのです。
周りから見れば何でもない事が、その人にとって大きな課題になっている事があります。

 
では、そんな人が「大きな一歩」を踏み出したときどんな事に気を付け、どのように言葉がけをすればよいのでしょうか?

 
この記事では「高齢者 「できましたね!よかったですね!」で相手の意欲を引き出す」について書いています。

 

 
高齢者 「できましたね!よかったですね!」で相手の意欲を引き出す
 

 

脳梗塞の後遺症で、左の上下肢に麻痺の障害が残ってしまったAさん

脳梗塞の後遺症で、左の上下肢に麻痺の障害が残ってしまったAさん
例えば、脳梗塞の後遺症で、左の上下肢に麻痺の障害が残ってしまったAさんの事例を考えてみましょう。
Aさんは65歳、毎日、少しでも機能を回復させようと自宅でボタンを留める、左の袖に手を通すなどの訓練(リハビリ)に励んでいます。

 
このような人がもし、左の袖に手を通す事が出来たら、はたまはボタンを留める事が出来たらどのような声掛けや、言葉がけを掛けると良いのでしょうか?

 

 

 

 

できましたね!よかったですね!(成功例)

できましたね!よかったですね!(成功例)
Aさんが左の袖に手を通す事が出来たとき、「出来ましたね!よかったですね!」という言葉を使うと効果的です。
ほんのわずかな進歩に対してもできたことの確認の意味に加え、相手のうれしい気持ちに共感・共鳴したことが伝わります。

 

 

 

この言葉のポイント

「できましたね!よかったですね!」のポイントを見ていきます。
ここでのポイントは「第三者」になるのではなく「当事者」に一緒になる事です。

 
その人にとって人生を掛けた戦いというものは、驚くほどの孤独感を感じているケースもあるのです。
それを「一緒に目指す人」であろうとする姿が、Aさんにとってリハビリのやりがいの一つとなるのです。

 
そして、相手の喜びに呼応するように「共感・共鳴」する事で、相手が自分で表現する事の出来ない喜びを表現する事が出来るのです。
これは相手の喜びを盗むようなものではなく、「Aさんと、あなたで2倍の喜び」を作り上げる印象を与える事でAさんの次のステップへの意欲を引き出します。

 
相手の人が目上の人であればあるほど、相手の尊厳を大事にしたうえで、相手と喜びを分かち合う言葉には注意が必要ですが、「感動」によって生まれた言葉に良し悪しもないのです。

 

 

 

 

上手上手(失敗例)

上手上手(失敗例)
他に、ほめ言葉である「上手上手」という言葉はどうでしょうか?

 
これは相手の出来たことをほめることには変わりないのですが「一般的に目下の人に対して使う言葉」であり、相手の自尊心を傷つけ、自身を失わせることもあるので注意しましょう。

 
特にリハビリに励む人は自分の持っている身体機能を「コンプレックス」と感じている事もあります。
このコンプレックスを抱えた人に対し「上手上手」のように目下の扱いをしてしまった場合、その人の意欲を低下させ、更にコンプレックスを大きくする事にもつながりかねません。

 

 

 
介護する人とされる人は対等な立場で、それをお互いに感じ、お互いの思いを伝えあえる雰囲気作りが大事です。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 介護 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

介護職のストレス解消 要介護者の意欲を引き出す介護がストレスを軽減する
介護職のストレス解消 要介護者の意欲を引き出す介護がストレスを軽減する

いきなりですが介護はとてもストレスがたまる仕事です。 介護をしていて自分の思った …

高齢者の虐待はなぜ起こるのか? 介護から見える社会の闇
高齢者の虐待はなぜ起こるのか? 介護から見える社会の闇

日本は団塊の世代が高齢者となり、現在も多くの高齢者が居ますが、今後より多くの高齢 …

身体拘束
身体拘束の事例 拘束のない介護を目指すために

介護・病院の現場では身体拘束が世間的に問題視されるようになってきました。 身体拘 …

介護のコツ 人を支える介護だからこその注意点
介護のコツ 人を支える介護だからこその注意点

介護の仕事をしている人、さまざまな事情から親や知人の介護をしている人など、介護に …

チーム
多職種連携とチームケアについて 介護職の役割

介護職は介護保険制度をきっかけに業務範囲が大きく拡大しました。 今後も介護職はよ …

介護の基本 行動の結果が自信につながる
介護の基本 行動の結果が自信につながる

介護では介護を必要とする要介護者の行動を支援する事が多くなります。 介護職員とし …

身体拘束禁止
身体拘束禁止について 具体的に禁止されている内容

身体拘束は、命に関わる事件に発展するなど身体拘束に対して厳しい目があります。 介 …

介護のタブー 自立と依存で判断してはいけない
介護のタブー 自立と依存で判断してはいけない

介護は介護職員としてはたらく上でも、身内や知り合いを介護する上でもタブーとされて …

人との接し方 人間関係のプロである介護職
人との接し方 人間関係のプロである介護職

人間が生活をしていくうえで、必ず人と接しますよね。 誰とも接することなく生きてい …

協力
介護に関する職業と役割

介護するにあたって利用者の方を支援していく上では様々な職業の方が関わってきます。 …