介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

高齢者介護で効果的な声掛け・言葉がけ

      2015/11/07


高齢者の方を介護する場合、相手のことを考えるあまり声を掛けられない場合や、本当になんと声をかけて良いのかわからなくなってしまう場合もあるでしょう。

 
そうなった場合、相手との信頼関係を築くのに時間がかかるばかりか、信頼関係を築けなかった事でお互いにギスギスしてしまうかもしれません。
高齢者介護で効果的な声掛けは特別な言葉ではなく、自分たちの生活のなかで使われている「相手を思いやる言葉」であると言えます。

 
この記事では「高齢者介護で効果的な声掛け・言葉がけ」を紹介しています。

 

 
高齢者介護で効果的な声掛け・言葉がけ
 

 

さりげない言葉が信頼関係を築く

さりげない言葉が信頼関係を築く
人間関係ではさりげない言葉が信頼関係に大きな影響を与えます。
それが自然な言葉であればあるほど、その効果は心に深くしみわたり、相手に思いを伝えます。

 
そんな言葉のなかでも、いざというときにはさりげなく相手を思いやる言葉がでてくるとベストですよね。
例えば次のような言葉が信頼関係を築く上では効果的な声掛けです。

  • できましたね!よかったですね!
  • ゆっくりといきましょうよ
  • それは大変ですね!
  • ~していただけますか
  • そうかもしれませんね
  • わかりました。○○してから▲▲しましょう
  • 頑張れたのはあなたのおかげです。ありがとうございます
  • ○と▲どちらにしますか?
  • 気にしなくていいのですよ
  • だいじょうぶ、心配しないで
  • いつでもすぐに相談してね
  • ○○さんの好きな△△に参加してみてはどうですか?
  • 今度の散歩は一緒に行きましょうね
  • ○○さんは××が素敵ですね!
  • ○○さん、どうすればいいと思いますか?
  • 一緒に探しましょうよ
  • 生活のリズムを一緒に改善しましょう
  • ○○さんとお話ししてみてはどうでしょうか?
  • 若い証拠ですよ!楽しんできてください!
  • お部屋を明るくしましょう

 

これらの言葉がけは日常生活のなかで使う物が多いのではないでしょうか。
中には使うタイミングを測る必要のあるものもありますが、ポイントとなるのは「相手に失礼に当たらない」「相手を元気づける」「相手に自由な回答を与える」です。

 

人は他人が居るからこそ、自由を得る事が出来る側面を持っています。
これらの言葉がけを、この記事を読むあなたが使う事によって、相手に自由を与える事にもつながるのです。

 

逆に、言葉の恐ろしいところはちょっとした言葉が原因で相手を傷付けてしまう可能性がある事です。
高齢者を傷付けたり不安にさせたりする言葉は、介護では大きなマイナスとなります。

 

気配りを怠らず、さりげない言葉がけが出来れば、お互いの気持ちが安定して信頼関係が密になり介護もスムーズとなってきます。

 
次回以降、それぞれの言葉がけの効果的な事例についてみていきます。

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 介護 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ちょっと待った
介護のスピーチロック 利用者も介護職も拘束される介護

介護の現場では身体拘束のみならず、言葉による拘束も現在では問題視されるようになっ …

介護の本音 介護が必要な人は何を思うのか
介護の本音 介護が必要な人は何を思うのか

介護の本音では、介護をする人や介護職員の本音が注目を集めていますよね。 同様に介 …

介護の基本 行動の結果が自信につながる
介護の基本 行動の結果が自信につながる

介護では介護を必要とする要介護者の行動を支援する事が多くなります。 介護職員とし …

高齢者の虐待はなぜ起こるのか? 介護から見える社会の闇
高齢者の虐待はなぜ起こるのか? 介護から見える社会の闇

日本は団塊の世代が高齢者となり、現在も多くの高齢者が居ますが、今後より多くの高齢 …

高齢者の気持ち 家で生活したいんだ!
高齢者の気持ち 家で生活したいんだ!

現代の日本では特別養護老人ホームなどの施設への入所待ちの人数が増加傾向にあります …

介護のコツ 人を支える介護だからこその注意点
介護のコツ 人を支える介護だからこその注意点

介護の仕事をしている人、さまざまな事情から親や知人の介護をしている人など、介護に …

拘束がない
身体拘束廃止のチェックポイント

介護の現場では身体拘束が世間的な問題となってきています。 身体拘束は利用者の自由 …

高齢者 「できましたね!よかったですね!」で相手の意欲を引き出す
高齢者 「できましたね!よかったですね!」で相手の意欲を引き出す

高齢者の方の中には逆境に負けず、日々懸命に努力を続ける人がいます。   …

身体拘束
身体拘束の事例 拘束のない介護を目指すために

介護・病院の現場では身体拘束が世間的に問題視されるようになってきました。 身体拘 …

介護の基本 介護職員は利用者が人として持つ権利について意識しよう
介護の基本 介護職員は利用者が人として持つ権利について意識しよう

介護の基本として、介護者である介護職員は利用者が人として持つ権利について意識する …