介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

体の衰えは心の衰えにもつながる?!

      2015/11/07


年を重ねるごとに体が思うように動かなくなってきた。
見えていたはずの文字が見えなくなってきた。
なんだか最近疲れやすい

 
このように老化は体を衰えさせてしまう事は宣伝や、自身の体験から知っている人が多いのではないでしょうか。

 
超高齢社会に突入した現代の日本では「体の衰え」に対して関心がとても高まっていると言えます。
しかし、それと同じように「心の衰え」にも目を向けてみる必要があります。

 
老化による体の衰えは、心の衰えにもつながり、更に心の衰えが体の衰えにつながっていくという悪循環を生んでしまう事もあるからです。

 
この記事では「体の衰えが心の衰えにつながる」事について述べています。

 

 
体の衰えは心の衰えにもつながる?!
 

 

老化によって体が衰える事を理解しよう

老化によって体が衰える事を理解しよう
老化による体の衰えは、誰でも若いころに比べて低下します。
しかし、低下の程度には個人差が大きいのが特徴です。

 
例えば、生活リズムであったり、食生活であったり、健康に気遣っている人に比べ、そうでない人は老化が早いといった事が最近ではよく言われるようになりました。

 
また、一般的に認識されている老化では、色々な事が出来なくなると思われがちですが、そうではありません。
しかし、若者や若いころの自分の行動と比べたり、身体機能が低下する事に、とらわれ過ぎると、意欲が低下したり、自分を大切に思う心である自尊心が損なわれ、活発な行動が出来なくなってしまう可能性があります。

 
老化による体の衰えと、心に与える影響を理解するには、まず次にあげるような姿勢が重要となります。

  • どのような状態であるか、客観的に把握すること
  • 適切な機能的補助の可能性を検討すること(補聴器や杖の使用など)
  • 環境を整える事で、自分で動けるように可能な限りを尽くすこと

 
もし身の周りの人に老化による心の影響が起こっていて、「新しい事を試す事が怖い」、「やる気が出ない」、「どうせできない」というような活発な行動を妨げるような言動が出てくるときには、ただ叱咤激励をするのではなく、その気持ちを受け入れて、共感しつつ、「まだできる事がある」という事に目を向けるように言葉を掛ける等の働きかけをする事がとても重要です。

 

 

 

 

見え方の変化が与える心への影響

見え方の変化が与える心への影響
高齢になると目が見えづらくなるとよく言われます。
視力が低下する事も確かにそうですが、実際は「視力でははかる事が出来ない見えにくさ」を経験していて、そのことで自由に行動する事が出来ないという場合があります。

 
例えば、老化によって生じる老眼によって近くの物に焦点が合いにくくなることは、本や新聞を「読む」事に影響する為、知的好奇心や社会的な関心が低下する事にもつながってきます。

 
また、暗い場面での明暗差への感度が低下したり、暗いところになれる速さが低下したりします。(これを”暗順応”といいます)
これによって、夕方の薄暗い状態で外の状況が見えにくくなってしまう事があるのです。

 
高齢社会では、文字を拡大し見やすくする、細かい作業を必要とする器具を改良して使いやすくする、つまずきやすい段差を減らす、薄暗い中でも見えやすい色や形などを自転車や自動車に使うなど、環境を調整する事で、これらの見えずらさから起きる「暮らし辛さ」を解消する事が、意欲的な生活を送る上で重要だと言えます。

 

 

 

 

聴こえ方の変化が与える心への影響

聴こえ方の変化が与える心への影響
老化による聴覚機能の低下は、個人差があるものの誰にでも生じる現象の一つです。
特に、高齢になるにつれて「高い周波数の音」に対する感度が低下します。

 
また、高齢者の聴覚機能の低下は「感音性」と言われ、単に音量を大きくすればよく聞こえるようになるわけではありません。(鼓膜は音をとらえているけれど、神経や脳で高い音を感じる事が出来なくなる等が「感音性」)
逆に音を大きくし過ぎると聞き取りにくいという事が生じる場合もあります。

 
特に、会話を聞き取りにくくなることが特徴として挙げられ、雑音が多い場面では更に聞き取りにくくなります。

 
このような聴覚機能の低下によるコミュニケーション不全の状態は、社会的交流を避けるような行動に繋がる可能性が懸念されます。
もし、周囲に聴覚機能の低下が原因で、人と話さなくなった人が居た場合は、より意識して会話をする事が相手の意欲を低下させない有効な手段です。

 
また、聴力の低下が生活の支障となってしまっている場合には、本人の考えを踏まえた上で、「補聴器」を使用する事を検討する事が欠かせません。
一方で補聴器を使っても健聴者と同じように聞こえるわけではない事も理解しておく必要があります。

 
音は自動車や人の接近を感知し、危険回避のためにも重要な情報です。
聴覚機能の低下は危険回避力の低下にもつながりやすいため注意が必要です。

 

 

 

 

思うように動けなくなってきた事による心への影響

思うように動けなくなってきた事による心への影響
老化によって身体機能が変化してくると、「思うように動けなくなってきた」という感想を持つ方が大勢います。
この「思うように動けなくなってきた」と感じる要因には次のような物が挙げられます。

  • 筋力の低下による動きにくさ
  • 関節可動域の制限による動きにくさ
  • 神経痛などの運動時の痛み
  • 持久力・持続力の低下
  • 反応速度の低下
  • 運動後の疲労回復の遅さ

 
運動機能の低下は誰にでも生じますが、低下の程度には個人差が大きいことが特徴です。
運動機能の低下による疲れやすさ、痛み、ふらつきなどは、さらに運動を遠ざける心理状態にさせてしまい、それによって活発な生活から遠ざかってしまいます。

 
活発な生活から遠ざかる事で、更に運動機能が低下してしまい、果てには「廃用症候群」を引き起こす事にもつながりかねません。
「廃用症候群」では体が安静な状態が長い間続く事によって、身体的に筋肉や骨の委縮、関節拘縮などが起こります。精神的には意欲の減退や記憶力低下などが現われます。

 
生活が活発でなくなったことで、「もうできない」という諦めの精神は、生活全体への意欲低下の原因の一つだと今では考えられているため、運動機能維持・向上とともに、意欲に対する周囲からの働きかけが大変に重要な役割を持っていると言えます。

 

 

 

 

まとめ

指
この記事のまとめです。

  • 老化による体の衰えは、誰でも若いころに比べて低下します。
  • 老化による体の衰えと、心に与える影響を理解するには、まず次にあげるような姿勢が重要となります。
    1. どのような状態であるか、客観的に把握すること
    2. 適切な機能的補助の可能性を検討すること(補聴器や杖の使用など)
    3. 環境を整える事で、自分で動けるように可能な限りを尽くすこと
  • 高齢になると目が見えづらくなるとよく言われます。
  • 例えば、老化によって生じる老眼によって近くの物に焦点が合いにくくなることは、本屋新聞を「読む」事に影響する為、知的好奇心や社会的な関心が低下する事にもつながってきます。
  • 見えずらさから起きる「暮らし辛さ」を解消する事が、意欲的な生活を送る上で重要だと言えます。
  • 老化による聴覚機能の低下は、個人差があるものの誰にでも生じる現象の一つです。特に、高齢になるにつれて「高い周波数の音」に対する感度が低下します。
  • 聴覚機能の低下によるコミュニケーション不全の状態は、社会的交流を避けるような行動に繋がる可能性が懸念されます。
  • 音は自動車や人の接近を感知し、危険回避のためにも重要な情報です。聴覚機能の低下は危険回避力の低下にもつながりやすいため注意が必要です。
  • 老化によって身体機能が変化してくると、「思うように動けなくなってきた」という感想を持つ方が大勢います。
  • 「思うように動けなくなってきた」と感じる要因には次のような物が挙げられます。
    1. 筋力の低下による動きにくさ
    2. 関節可動域の制限による動きにくさ
    3. 神経痛などの運動時の痛み
    4. 持久力・持続力の低下
    5. 反応速度の低下
    6. 運動後の疲労回復の遅さ
  • 運動機能の低下により活発な生活から遠ざかる事で、更に運動機能が低下してしまい、果てには「廃用症候群」を引き起こす事にもつながりかねません。
  • 運動機能維持・向上とともに、意欲に対する周囲からの働きかけが大変に重要な役割を持っていると言えます。

 
体と心は一つであるという考えがあるように、体が衰える事で心も衰えていってしまいます。
逆に心を若々しく保つことが出来れば、体の衰えすらも超えていく事が出来るかもしれませんね。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 心理 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

高齢者の社会環境の変化と心への影響
高齢者の社会環境の変化と心への影響

年を重ねるごとに、人はさまざまな事を経験します。 特に老年期は自分の体が思うよう …

マズローの欲求階層
マズローの欲求5段階説 人の欲について知りたい

人間関係のなかで生きていく中で、自分の欲や欲しいもの、もしくは相手の欲望や相手の …

これからの介護は心の介護
これからの介護は心の介護

団塊の世代がみんな揃って高齢者の仲間となってくる時代となってきました。 今まで高 …

老化が与える心理的影響について
老化が与える心理的影響について

人は誰しも年をとります。 年を取れば色々と人生の経験上得ている物は多いかもしれま …

「自分」と「生きがい」について考える
「自分」と「生きがい」について考える

自分とはなんなんだろう 自分は誰なんだろう 自分の生きがいってなんだろう いつも …