介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

健康日本21とは? 保険医療にかかわる制度

      2015/11/07


現在の日本では医療保険費のひっ迫など、様々な医療制度の問題を抱えています。
そのさなか、「健康日本21」と呼ばれる制度が誕生しています。

 
健康日本21は、健康的で自立した生活をいつまでも送るという目標も抱えています。

 
この記事では健康日本21と呼ばれる制度について背景や具体的な目指す内容について述べています。

 

 
健康日本21
 

 

健康日本21 なぜ作られたのか?その背景

健康日本21の背景
 
日本は、戦後、国民の生活環境が改善し、医学が進歩したことによって平均寿命が急速に伸びて、他の国と比較しても世界有数の長寿国となりました。
しかし、国民の急速な高齢化とともに、生活習慣病などが原因となって要介護者の数が増加するといった問題も起こっています。

 
このような国民の高齢化や疾病の構造の変化を考えてみると、今までの疾病予防の中心であった第二次予防や第三次予防の他、第一次予防に重点をおいた対策を強力に推進する事によって、壮年期死亡の減少と、健康で自立して暮らすことが出来る気管の延長がきわめて重要であると言われています。

 
この健康で、自立して暮らす事が出来る期間の事を「健康寿命」と言ったりします。

 
このため、厚生労働省では、1998(平成10)年11月、有識者を集め次の会を設置しました。

  • 健康日本21企画検討会
  • 健康日本21計画策定検討会

 
会で約1年半にわたって検討を進め、「健康日本21計画策定検討会・計画策定検討会報告書」をまとめました。
この報告書の内容を踏まえた上で、2000(平成12)年3月、平成22年度までを目途とした目標等を示した「21世紀における国民健康づくり運動」として「健康日本21」が定められる事になりました。

 

 

 

 

健康日本21(第二次)の推進について

健康日本21の推進
健康日本21については2003(平成15)年に「国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針」をもとに改正されました。
2008(平成20)年の改正を経て、2012(平成24)年には告示が全て改正されています。

 
平成25年度以降、おおむね10年後を達成時期として「健康日本21(第二次)」が開始されています。

 

 

 

 

健康日本21(第二次)の目標

健康日本21の目標
具体的に健康日本21(第二次)の目標についてみてみましょう。
健康日本21(第二次)では次のような目標を掲げています。

  • 健康寿命の延伸と健康格差の縮小
  • 主要な生活習慣病の発症予防と重症化予防の徹底(がん、循環器疾患、糖尿病、COPD)
  • 社会生活を営むために必要な機能の維持および向上(こころの健康、次世代の健康、高齢者の健康)
  • 健康を支え、守るための社会環境の整備
  • 栄養・食生活、身体活・運動、休養、飲酒、喫煙および歯・口腔の健康に関する生活習慣及び社会環境の改善等

 
このような目標を掲げ、国民レベルでの健康維持と向上を目指しています。

 

 

 

 

まとめ

指
この記事のまとめです。

  • 日本は、戦後、国民の生活環境が改善し、医学が進歩したことによって平均寿命が急速に伸びて、他の国と比較しても世界有数の長寿国となりました。
  • 国民の高齢化や疾病の構造の変化を考えてみると、今までの疾病予防の中心であった第二次予防や第三次予防の他、第一次予防に重点をおいた対策を強力に推進する事によって、壮年期死亡の減少と、健康で自立して暮らすことが出来る気管の延長がきわめて重要であると言われています。
  • 健康で、自立して暮らす事が出来る期間の事を「健康寿命」と言ったりします。
  • 2000(平成12)年3月、平成22年度までを目途とした目標等を示した「21世紀における国民健康づくり運動」として「健康日本21」が定められる事になりました。
  • 平成25年度以降、おおむね10年後を達成時期として「健康日本21(第二次)」が開始されています。
  • 健康日本21(第二次)では次のような目標を掲げています。
    1. 健康寿命の延伸と健康格差の縮小
    2. 主要な生活習慣病の発症予防と重症化予防の徹底(がん、循環器疾患、糖尿病、COPD)
    3. 社会生活を営むために必要な機能の維持および向上(こころの健康、次世代の健康、高齢者の健康)
    4. 健康を支え、守るための社会環境の整備
    5. 栄養・食生活、身体活・運動、休養、飲酒、喫煙および歯・口腔の健康に関する生活習慣及び社会環境の改善等

 
健康日本21という事で国民レベルでの健康の維持・向上を目指す現代ですが、医療保険のひっ迫などもその要因の一つとしてとらえる事もできるかもしれません。
しかし、体を壊すよりは健康であることが一番だという事は誰をとったとしても同じことのようにも思えます。

 
今後、日本全体としてどのように健康課題に立ち向かっていくか、動向が気になる所です。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 社会 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ピラミッド
利用者の今までを考える 仕事と官僚制への理解

利用者の方の今までの生活について考えていくうえでは、利用者の方が今まで関わってき …

家庭
家庭の役割 介護と暮らし

何気なく過ごしている「家庭」ですが、家庭に対して持っている価値観や求めている事と …

ダメ
高齢者虐待防止法とは 高齢者の虐待を防止する法律

高齢者の虐待についてはテレビやメディアで取り上げられる程に社会的な問題となってい …

生活を支えるさまざまな制度について
生活を支えるさまざまな制度について

私たちのまわりには生活を支えるさまざまな制度があります。 例えば、生活保護制度は …

クレーム (2)
【介護】利用者の苦情を解決する仕組み

介護では施設やサービス等の福祉事業を利用する場面が多くなります。 そうなった場合 …

介護士の医療行為の実態と出来る事について
介護士の医療行為の実態と出来る事について

介護士は最近では医療機関で働く機会が増えています。 また、仕事の内容としても医療 …

高齢者の人権問題 経済や私たちのお財布に与えるダメージ
高齢者の人権問題 経済や私たちのお財布に与えるダメージ

日本は超高齢社会となり、高齢者が激増しつつあります。 増える高齢者で問題となるの …

家族 (3)
様々な家族のかたち 介護をする上で知っておく事

介護の仕事をしていく上で、利用者の方と、そのご家族とやり取りをする場面もあるでし …

人権が守られる世の中なのか?日本の人権はどうだろうか
人権が守られる世の中なのか?日本の人権はどうだろう

世界に目を向けてみると人権ってなんだろう?と思う瞬間は無いでしょうか。 人を人と …

指さし
【介護】第三者評価制度とは

社会福祉事業を利用する上で事業が売りのキャッチコピーや理念からサービスを選ぶ事も …