介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

【介護】利用者の苦情を解決する仕組み

      2015/11/07


介護では施設やサービス等の福祉事業を利用する場面が多くなります。
そうなった場合、サービス等に対して理不尽な事があれば苦情を言いたくもなるでしょう。

 
介護では利用者の保護の観点から苦情解決の仕組みが備わっています。

 
この記事では利用者の権利を守る苦情解決の仕組みについて書いています。

 

 
クレーム (2)
 

 

利用者保護のための苦情解決の仕組み

仕組み
 
苦情解決とは利用者の立場に立った保護の為に必要な仕組みの一つです。

 
社会福祉の制度では「社会福祉の増進のための社会福祉事業法などの一部を改正する等の法律」によって。利用者の立場に立った社会福祉制度の構築がしめされ、苦情解決の仕組みが導入されました。

 
苦情解決の仕組みとしては福祉サービスに対する利用者の苦情や意見を幅広く汲み上げ、サービスの改善を図るため、次の三つのポイントを整備する事になりました。

  • 社会福祉事業経営者の苦情解決の責務を明確化
  • 第三者が加わった施設内における苦情解決のしくみの整備
  • 上記方法で解決が困難な事例に備え、都道府県社会福祉協議会に、苦情解決のための委員会(運営適正化委員会)を設置

 

 

 

 

苦情解決の法律の決まりごと

憲法
 
社会福祉法第82条では、社会福祉事業の経営者による苦情の解決として、「社会福祉事業の経営者は、常に、その提供する福祉サービスについて、利用者などからの苦情の適切な解決に努めなければならない」としています。

 
また、老人福祉法及び介護保険法に規定された各種施設の設備や運営に関する基準を示した省令においても、苦情処理をはっきりと位置づけています。

 

 

 

 

まとめ

この記事のまとめです。

  • 苦情解決とは利用者の立場に立った保護の為に必要な仕組みの一つです。
  • 苦情解決の仕組みとしては福祉サービスに対する利用者の苦情や意見を幅広く汲み上げ、サービスの改善を図るため、次の三つのポイントを整備する事になりました。
    1. 社会福祉事業経営者の苦情解決の責務を明確化
    2. 第三者が加わった施設内における苦情解決のしくみの整備
    3. 上記方法で解決が困難な事例に備え、都道府県社会福祉協議会に、苦情解決のための委員会(運営適正化委員会)を設置
  • 社会福祉法第82条では、社会福祉事業の経営者による苦情の解決として、「社会福祉事業の経営者は、常に、その提供する福祉サービスについて、利用者などからの苦情の適切な解決に努めなければならない」としています。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 社会 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

地球 (2)
成年後見制度とは 介護に関係する制度

介護の仕事をしていくうえでも、超高齢社会を迎えた日本では成年後見制度について知っ …

消費者保護法
消費者を保護する法律 消費者保護法について

介護を必要としている人でもそうでない人でも、商品を利用する消費者として日々の生活 …

住宅を確保する為の支援について
住宅を確保する為の支援について

生活では衣食住が欠かせません。 その中の一つである「住」に目を向けてみましょう。 …

高齢者
日常生活自立支援事業とは 介護に関わる制度

介護の仕事をする上で「日常生活自立支援事業」について知っておくことは重要です。 …

家族
家庭ってなんだろう 介護を考える上で暮らしを考える

「明るい家庭的な雰囲気の施設です」 「家庭的な手厚い介護を提供します」 &nbs …

障害者虐待防止法とは 障害者の虐待を守る法律

虐待と聞くとテレビで見ているだけでは中々身近に感じる事が出来ない事の一つです。 …

のぞく
個人情報・秘密保護に関する制度 介護士が知っておく事

最近では個人情報保護や秘密情報の保護に対しての意識が世間的に高まっています。 意 …

ピラミッド
利用者の今までを考える 仕事と官僚制への理解

利用者の方の今までの生活について考えていくうえでは、利用者の方が今まで関わってき …

集団
チームケアの基本 集団や組織とは

家族、町内会、サークル、職場、勤務先の福祉施設や病院、ボランティアグループなど、 …

家庭
家庭の役割 介護と暮らし

何気なく過ごしている「家庭」ですが、家庭に対して持っている価値観や求めている事と …