介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

利用者の地域について考える 介護をする上で考える事

      2015/11/07


介護の仕事をしていくうえで利用者の持つ「地域」について理解をしておくことはケアをしていくうえでポイントとなります。
地域の中で作り上げてきたコミュニティの中で利用者の方は様々な人と暮らしを作ってきました。

 
高齢になるにつれ、施設での生活が必要となった方や、訪問介護で住み慣れた地域で過ごす方をケアしていくにあたっては、地域とコミュニティについて知っておく事によりケアのアプローチの仕方が変わってきます。

 
この記事では地域やコミュニティ、アソシエーションについて紹介します。

 

 
地域社会
 

 

地域社会とは

介護保険制度
 
一般的に、地域という言葉を使う場合、社会的・文化的に自立した一定の空間領域の事を指します。
いわゆる、文化を築いていくことのできる「場所」といった意味合いが強いです。

 
その「場所」に社会的なつながりや生活の共同があり、まとまった活動を持つ場合は「地域社会」と呼ばれます。

 
伝統的な農村や漁村などにおける生産や消費、祭礼や冠婚葬祭などさまざまな場面で、そこでの人々の生活が家族や親族の中だけではなく、地域社会という単位で行われて来た事を見ると理解できるのではないでしょうか。

 
一方で、現代の致死で暮らす多くの人々にとっては自分たちの暮らす地域社会が、毎朝そこから仕事や学校に出かけて、夜に寝るだけの場所となっているケースもあるかもしれません。

 
そうした人それぞれに多様である地域社会とのかかわりについて、改めて利用者の方がどう接してきたかを考える必要があります。
考えの上で有効となる考え方が「コミュニティ」という考え方です。

 

 

 

 

コミュニティとアソシエーションについて

チーム
 
地域社会について類型してみると、地域社会の集団は「コミュニティ」と「アソシエーション」に区別する事が出来るといわれています。
これはアメリカの社会学者マッキーバー(MacIver,R.M)が提唱したものです。

 
アソシエーションとは参加者に共通する特定の関心を追及する為、人為的に構成された組織体のことです。
学校や会社、政治や宗教団体など複数のアソシエーションの成員になる事が出来ます。

 
それらアソシエーションが部分的な物に対して、コミュニティは統合的であり、さまざまなアソシエーションを包摂する共同生活の領域を意味しています。

 
このコミュニティという言葉については現在では地域社会への様々な関心が高まったことによって、特定の分野だけでなく幅広い領域に対して使われるようになってきました。
使われる場面によってはコミュニティーが持つ意味合いが変わってくる事があります。

 
大きく分けてコミュニティを包括的な物ととらえるか、限定的な物ととらえるか、また、望ましい状態やあるべき姿を示す規範的な概念ととらえるか、あるがままの状況を把握するための実体をもった概念ととらえるか

 
その組み合わせのいずれの領域でコミュニティという言葉と考え方が用いられているのか注意する必要があります。

 

 

 

 

地域社会の変化について

市町村
 
日本において地域社会は、この1世紀あまりで日本人の多くは郡部に住んでいたが、急速に市部人口の比重が高まったと言われています。
市部とは全国の市および区をまとめたもので、郡部は町、および村をまとめた物です。

 
2005(平成7)年時点では、人口の約3分の2は人口集中地区に暮らしている人が増えています。
 
これらの人口の移り変わりや地域社会の変化の中、暮らしてきた利用者の方は、どのような時代に生きてきたのかを人口で推し量る事が出来る事、利用者の方との会話の中でどのような地域社会で過ごしてきたのかを知る事で、利用者の方の今求めている事に少しでも近づくヒントになると考えています。
 

 

 

 

まとめ

指
 
この記事のまとめです。

  • 地域社会とは文化を築いていくことのできる「場所」といった意味合いが強いです。
  • 地域社会について類型してみると、地域社会の集団は「コミュニティ」と「アソシエーション」に区別する事が出来ます
  • アソシエーションとは参加者に共通する特定の関心を追及する為、人為的に構成された組織体のことです
  • コミュニティとは統合的であり、さまざまなアソシエーションを包摂する共同生活の領域です
  • 地域社会は、この1世紀あまりで日本人の多くは郡部に住んでいたが、急速に市部人口の比重が高まったと言われています

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 社会 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

相手の気持ちがわからない人は相手に寄り添ってみましょう
相手の気持ちがわからない人は相手に寄り添ってみましょう

日常生活の中で相手の気持ちがわからなくてやきもちしてしまう事は多いですよね。 & …

クレーム (2)
【介護】利用者の苦情を解決する仕組み

介護では施設やサービス等の福祉事業を利用する場面が多くなります。 そうなった場合 …

男性と女性
男性と女性の働くについて考える ワーク・ライフのバランス

女性の社会進出の一方で、家庭における家事分担に関しては、現在も妻が正社員で働いて …

家族 (3)
様々な家族のかたち 介護をする上で知っておく事

介護の仕事をしていく上で、利用者の方と、そのご家族とやり取りをする場面もあるでし …

高齢者
日常生活自立支援事業とは 介護に関わる制度

介護の仕事をする上で「日常生活自立支援事業」について知っておくことは重要です。 …

消費者保護法
消費者を保護する法律 消費者保護法について

介護を必要としている人でもそうでない人でも、商品を利用する消費者として日々の生活 …

住宅を確保する為の支援について
住宅を確保する為の支援について

生活では衣食住が欠かせません。 その中の一つである「住」に目を向けてみましょう。 …

感染症や結核対策について
感染症や結核対策について 保健医療にかかわる制度

感染症や結核については昨今のニュースやメディアの報道で話題になっている事のひとつ …

家族
家庭ってなんだろう 介護を考える上で暮らしを考える

「明るい家庭的な雰囲気の施設です」 「家庭的な手厚い介護を提供します」 &nbs …

障害者基本法とは 自分らしく生きるために・・・

障害者の人を守る法律として障害者基本法という法律があります。   人は …