介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

【心のケア】拒食症の子供への対応

   


最近では特に女性で「拒食症の子供」が多くなってきています。

美しくなることへの意識が高まってきた一方で「やせている」=「綺麗」という図式が一般的に定着しています。
これが原因してか否か、「食べない子供」に頭を抱える親は少なくないでしょう。

食事というのは本来人間が持っている「食欲」あっての生存本能のようなもので「食べない子供」を見ると心配になってしまいますよね。

 

 
【心のケア】拒食症の子供への対応

 

 

痩せすぎは不健康の代名詞

「痩せたい」と思う女性が多いですが、現在では「やせ過ぎ」は不健康の代名詞として認識されつつ話題にもなってきています。
モデルの世界でも「やせ過ぎ」は過度なダイエットを助長するとして一定の数値をクリアしていない人はモデルになることが出来ないと言った事も世間的に起きてきています。

以前、「疫せすぎのモデルは過度のダイエットを助長する」として、マドリードのファッションショーで、一定の数値をクリアしていないモデルが出場停 止になるというニュースがありました。

モデルの不採用については賛否両論あり波紋を呼びましたが、いずれにせよ、モデルは若い女性の憧れであり、疫せたいという女性の願望は世界共通といえるでしょう。

 

 

 

 

拒食症は心の病気 食べられなくなった原因がある

拒食症は心の病気 食べられなくなった原因がある

拒食症は心の病気です。拒食症は食べなければならないのに心が食事を受け付けていない状態といえます。
拒食症は心の病気なので、心の傷のもととなった「原因」がある事がほとんどです。

拒食症の子供の対応をする上ではまず「何が原因となったのか」を知る事が大切です。
そして、原因に対して対処をする事で、根本的な対応をしていく事がポイントとなります。

この原因を把握せずに対応すると、かりに子供を思った言葉であっても、かえって子供のストレスとなり、より症状を悪化させる事にも繋がりかねません。
拒食症になった子供の心をケアするには「原因を把握する事」がとても大切です。

 

 

 

拒食症になった「Aさん」の話

拒食症になった「Aさん」の話
Aさん(仮名)も拒食症になってしまった子供の一人です。
同級生から「デブ」「ブス」 という言葉のいじめ、にあって以来、学校も休みがちになり、家のなかでも 家族と一緒には食事をとらなくなってしまいました。

「お母さんが、あれもこれも食べなさいとしつこく言うからデブになった」と言って、夜中にこっそり晩御飯の残り物を食べ、ダイエットに励んでいるのです。

ところが、母親は娘が拒食症になるのではと心配し、顔を合わせると「ちゃんと食べないと体に毒よ」「近所にハンバーガーショップが出来たよ。たべにいかない?」など、つい食べ物の話をしてしまう。それがAさんをますます苛立たせる原因になってしまいました。

思春期といえば、異性を意識しはじめるデリケートな時期です。
顔や体型が気になるのは当然で、それを無理に食べさせようとするのは乙女心を踏みにじる、無神経なおせっかいにしか映りません。

母親は悩んだ末、女性心理カウンセラーのアドバイスを受け、Aさんに「よくフアッション誌を読んでるけど、どんなモデルさんに憧れてるの?」「あと何キロ疲せたい?」と、友達のように語りかけるようにしたのです。

それから、母娘の関係は、徐々に修復されていきました。
今でもAさんの心に残っているのは、「あなたはそのままでも可愛いと思うけど、そんなに疫せたいならお母さんもダイエットに協力するわよ」という言葉でした。

そのひと言で、学校へも通えるようになったのです。
Aさんにとって、お母さんの応援を得たことが、学校へ復帰する勇気につながったのでしょう。

 

 

 

 

寄り添う事で拒食症が改善される事も

寄り添う事で拒食症が改善される事も

心に傷を負った子供は、寄り添い・認めてもらう事で心の傷が癒される事が多くあり、拒食症の子供にも同じことが言えます。
体型についていじめられた経験のある子供であれば、それに寄り添い、その子の事を一人の人間として捉え、寄り添い声をかけ続ける事が大事でしょう。

心に傷を負った子供は「孤独感」を強く感じている事が多く、孤独な状況を解消する事が大事です。
孤独から救い、一緒に考えていく姿勢が拒食症を進行させず、改善していく上では大切な事なのです。

部屋に引きこもり、食事を一緒にとらなくなった娘にたった一言「お母さんもダイエットに協力するわよ。」と声をかけるだけで救われる子供はいるのです。

 

 

 

 

まとめ:拒食症の子供への対応



拒食症は心の病気です。拒食症は食べなければならないのに心が食事を受け付けていない状態といえます。
拒食症は心の病気なので、心の傷のもととなった「原因」がある事がほとんどです。

拒食症の子供の対応をする上ではまず「何が原因となったのか」を知る事が大切です。
そして、原因に対して対処をする事で、根本的な対応をしていく事がポイントとなります。

この原因を把握せずに対応すると、かりに子供を思った言葉であっても、かえって子供のストレスとなり、より症状を悪化させる事にも繋がりかねません。
拒食症になった子供の心をケアするには「原因を把握する事」がとても大切です。


心に傷を負った子供は、寄り添い・認めてもらう事で心の傷が癒される事が多くあり、拒食症の子供にも同じことが言えます。
体型についていじめられた経験のある子供であれば、それに寄り添い、その子の事を一人の人間として捉え、寄り添い声をかけ続ける事が大事でしょう。

心に傷を負った子供は「孤独感」を強く感じている事が多く、孤独な状況を解消する事が大事です。
孤独から救い、一緒に考えていく姿勢が拒食症を進行させず、改善していく上では大切な事なのです。

部屋に引きこもり、食事を一緒にとらなくなった娘にたった一言「お母さんもダイエットに協力するわよ。」と声をかけるだけで救われる子供はいるのです。

スポンサーリンク




 - 心のケア , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【心のケア】傷ついた子供の対応 心の傷を癒すには
【心のケア】傷ついた子供の対応 心の傷を癒すには

自分の子供が何かのきっかけでつまずき、学校へ行かなくなったり、問題行動を起すよう …

【心のケア】頑張らなくなった子供への対応

何をしても頑張れなくなってしまった。そんな経験を持っている人も居る事でしょう。 …

【心のケア】リストカットをしてしまう子供の対応
【心のケア】リストカットをしてしまう子供の対応

リストカットをしてしまう人を知り合いに持つ人も少なくないのではないでしょうか。 …

【心のケア】人間関係に失敗した人への対応
【心のケア】人間関係に失敗した人への対応

対人関係の失敗というのは、生活に大きな影響が出ます。 外出の機会や、人間関係の維 …

【心のケア】仕事がつづかない子供との接し方
【心のケア】仕事がつづかない子供との接し方

「子供」という言葉は成人していない子供に対して使う場合がほとんどですが、「親」に …

【心のケア】ケンカをした子供との接し方
【心のケア】ケンカをした子供との接し方

最近では教育が進み子供同士のケンカは少なくなったとはいえ、まだまだ子供同士のケン …

【心のケア】やりたい事が見つからない子供への対応
【心のケア】やりたい事が見つからない子供への対応

やりたい事や、自分の目標が見つからずに苦しんでいる若者をよく見かけます。 バリバ …

【心のケア】傷ついた子供への言葉掛けや対応 ニートや引きこもりから子供を救う
【心のケア】傷ついた子供への言葉掛けや対応 ニートや引きこもりから子供を救う

子供が不登校になったり拒食症になったり、非行に走ったりといった事件が最近では多く …

【心のケア】他人の言葉に傷ついた子供の接し方
【心のケア】他人の言葉に傷ついた子供の接し方

子どもの心はとてもデリケートで他人からの言葉で傷を負う事が多いです。 知識や経験 …

【心のケア】登校拒否になった子供への接し方
【心のケア】登校拒否になった子供への接し方

登校拒否になった子供を持った親は、その子、自分たちの将来の事を考えると不安な気持 …