介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

【心のケア】他人の言葉に傷ついた子供の接し方

   


子どもの心はとてもデリケートで他人からの言葉で傷を負う事が多いです。
知識や経験、心としても未成熟な子供が他人からの言葉で傷ついてしまった場合、周囲の大人、もとより親はどのように接して癒してあげればよいのでしょうか。

知らぬ間に大きくなる子供、しかしその裏では知らぬ間に大きな傷を負って家に帰ってくる事もあるでしょう。
ここでは他人の言葉に傷ついたA君の話を元に、大人としてどのように接していけばよいのか見ていきましょう。

 

 
【心のケア】他人の言葉に傷ついた子供の接し方

 

 

先生の言葉に傷ついたA君の話

Aくん(仮名・H歳)は、公立の小学校に通っています。
いつものように学校から帰ってきましたが、ふだんとは何となく様子が違います。
おやつにも手をつけず、塾に行く時間になってもなかなか部屋から出てきません。

「友達とケンカでもしたのかしら」と母親が心配していると、クラスメイトで、同じ塾に通う友達が迎えにきました。

その子供に尋ねてみると、「もしかしたら、あのことを気にしてるのかな?」とポツリ。

算数の授業中、問題がなかなか解けない隆志くんに、先生が「こんな簡単な問題もわからないのか?もう他のみんなはとけてるぞ」と言い、クラスのみんなにクスクス笑われた

先生はバカにしたわけではなく、ふだんと同じ優しい口調だったそうですが、隆志くんはもともと算数が苦手なせいか、先生の言葉を「お前はクラスの誰よりも劣っている」「授業の足を引っ張る困った生徒だ」というように解釈して、ひどく傷ついてしまったのです。

 

 

 

 

大事なのは学校への抗議ではなく、子供の心を癒す事


他人の言葉で子供は傷つきやすく、とても脆くデリケートです。
そんな子供が誰かの言葉で傷ついた時は、まずは子供の心を癒す事に努める事です。

言葉を発した相手に抗議をする事は時に重要な行動ではありますが、必ずしも抗議が効果的であるとは言えない事も多々あります。
それより、傷を負って苦しんでいる目の前の子どもを救う事が先決と言えます。

学校で何か起きたとき、近ごろでは、教師にクレームをつける親が増えているそうです。
もちろん、教師として明らかに配慮に欠ける発言があった場合、抗議するのは当然です。

ただ、Aくんのようなケースでは、先生に抗議したことで気持ちがすっきりするのは親のほうだけではないでしょうか。

Aくんの劣等感や、みんなの前で恥をかいたという心の傷が癒えるわけではありません。

 

 

 

 

傷ついた子供心を癒すには共感する事が大切


子供は、何かひとつでも苦手なことがあると、それを致命的欠陥、のように思い込むことがあります。
例え、言葉を発した相手がどのような気持ちで言ったとしても、子供としてはショッキングな言葉である事もあります。

そんなときは、傷ついた気持ちに共感したうえで、「あなたはあなた。人と白分を比べる必要はないのよ」「算数が苦手でも、ちっとも恥ずかしくないよ」という言葉をかけてみてはどうでしょう。

大人として、親として大切なのは、子供の小さな異変に気づくこと。そして、傷ついた子供が安心できる居場所(家庭)を提供することだと思います。

 

 

 

 

まとめ:他人の言葉に傷ついた子供の接し方



他人の言葉で子供は傷つきやすく、とても脆くデリケートです。
そんな子供が誰かの言葉で傷ついた時は、まずは子供の心を癒す事に努める事です。

言葉を発した相手に抗議をする事は時に重要な行動ではありますが、必ずしも抗議が効果的であるとは言えない事も多々あります。
それより、傷を負って苦しんでいる目の前の子どもを救う事が先決と言えます。


子供は、何かひとつでも苦手なことがあると、それを致命的欠陥、のように思い込むことがあります。
例え、言葉を発した相手がどのような気持ちで言ったとしても、子供としてはショッキングな言葉である事もあります。

そんなときは、傷ついた気持ちに共感したうえで、「あなたはあなた。人と白分を比べる必要はないのよ」「算数が苦手でも、ちっとも恥ずかしくないよ」という言葉をかけてみてはどうでしょう。

大人として、親として大切なのは、子供の小さな異変に気づくこと。そして、傷ついた子供が安心できる居場所(家庭)を提供することだと思います。

スポンサーリンク




 - 心のケア

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【心のケア】傷ついた子供の対応 心の傷を癒すには
【心のケア】傷ついた子供の対応 心の傷を癒すには

自分の子供が何かのきっかけでつまずき、学校へ行かなくなったり、問題行動を起すよう …

【心のケア】リストカットをしてしまう子供の対応
【心のケア】リストカットをしてしまう子供の対応

リストカットをしてしまう人を知り合いに持つ人も少なくないのではないでしょうか。 …

【心のケア】拒食症の子供への対応
【心のケア】拒食症の子供への対応

最近では特に女性で「拒食症の子供」が多くなってきています。 美しくなることへの意 …

【心のケア】人間関係に失敗した人への対応
【心のケア】人間関係に失敗した人への対応

対人関係の失敗というのは、生活に大きな影響が出ます。 外出の機会や、人間関係の維 …

【心のケア】ケンカをした子供との接し方
【心のケア】ケンカをした子供との接し方

最近では教育が進み子供同士のケンカは少なくなったとはいえ、まだまだ子供同士のケン …

【心のケア】やりたい事が見つからない子供への対応
【心のケア】やりたい事が見つからない子供への対応

やりたい事や、自分の目標が見つからずに苦しんでいる若者をよく見かけます。 バリバ …

【心のケア】頑張らなくなった子供への対応

何をしても頑張れなくなってしまった。そんな経験を持っている人も居る事でしょう。 …

【心のケア】仕事がつづかない子供との接し方
【心のケア】仕事がつづかない子供との接し方

「子供」という言葉は成人していない子供に対して使う場合がほとんどですが、「親」に …

【心のケア】傷ついた子供への言葉掛けや対応 ニートや引きこもりから子供を救う
【心のケア】傷ついた子供への言葉掛けや対応 ニートや引きこもりから子供を救う

子供が不登校になったり拒食症になったり、非行に走ったりといった事件が最近では多く …

【心のケア】登校拒否になった子供への接し方
【心のケア】登校拒否になった子供への接し方

登校拒否になった子供を持った親は、その子、自分たちの将来の事を考えると不安な気持 …