介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

介護職のストレス解消 要介護者の意欲を引き出す介護がストレスを軽減する

      2015/11/07


いきなりですが介護はとてもストレスがたまる仕事です。
介護をしていて自分の思った通りに物事が運ばなかったり、人間関係などから来るストレスなど様々です。

 
介護職の中でもストレスを感じる代表的な例が利用者、もしくは入居者との関係から来るストレスでしょう。
特に生きる意欲が低下した利用者や入居者を相手にする場合、相手の負の感情につられ、自分自身の精神すらも落ち込んでいってしまう事があるのです。

 
介護職のストレスが利用者や入居者との間に発生するものであれば何よりも介護を利用する利用者・入居者の生きる意欲を引き出す事が介護職のストレス解消としては先決でしょう。

 
介護職のストレス解消として要介護者の意欲を引き出す介護がストレスを軽減する事について言及していきます。

 

 
介護職のストレス解消 要介護者の意欲を引き出す介護がストレスを軽減する
 

 

高齢化社会の闇 将来が想像できない事が生きる意欲を低下させる

高齢化社会の闇 将来が想像できない事が生きる意欲を低下させる
少子高齢化社会となった現代では、介護のサービスを利用する大半の人が高齢者となってきます。
介護職として働く人も高齢者を相手にした介護をしていく人が多いことでしょう。

 
高齢者の中には今の生活を必死に生きている人も居れば、自分の将来が無いことに落胆している人も居ます。

 
デイサービスやショートステイを利用する人は比較的、生きる事に対して希望を持っている人が多いですが、特別養護老人ホームに入所している人の中には終の棲家に来てしまったと自分の将来を悲観的に考える人が多いのです。

 
介護職として働く上ではデーサービスやショートステイを利用している人にはこれからも生きる事に対して希望を持ってもらう事に対して取り組んでいく必要があるでしょう。

 
また、特別養護老人ホームで働く介護職は生きる事に対して意欲的な人には継続してそのような思いを持ってもらう事、そして生きる希望を失ってしまった人には新たな希望を見つけてもらうような取り組みが必要と言えます。

 
何よりも、今まで希望を持って生きていた人が生きる希望を失い、生きる屍のようになってしまった姿を見る事ほど、介護職として働く上でストレスとなる事はないからです。

 
ストレスに打ち勝つには何よりもストレスを受けやすい状況というのを打破していく事が重要と言えるでしょう。

 

 

 

 

要介護者のストレスは介護職にもストレスを与える事を知ろう

要介護者のストレスは介護職にもストレスを与える事を知ろう
デイサービスやショートステイを利用している利用者、特別養護老人ホームなどに入所している入居者の人など、介護を利用する人はさまざまです。
介護職として働く上では多くの利用者・入居者と介護を通してさまざまな関係を築いていく事でしょう。

 
介護職と利用者や入居者は仕事でつながっている関係とみる事が出来ますが、一人の人間と一人の人間の人間関係とも見る事が出来ますよね。

 
人間関係を想像してみると、ストレスを抱えた人とコミュニケーションをとってみると自分自身もストレスを感じる事があります。
つまり、ストレスを抱えた人との人間関係ではストレスは伝染するのです。

 
介護が必要となった人には他人には打ち明ける事が出来ない悩みや辛い感情を抱えていて感情が消化不良を起こしている事があります。
また、過去にあった出来事が原因で心の傷が癒えず常にストレスをさらされているような利用者や入居者も居ます。

 
利用者や入居者といった要介護者のストレスに対しては介護職として対応する上で、介護職員のチームや場合によってはケアマネージャーに相談する等、チームで対応する事が重要です。

 
介護職一人で抱え込めば耐え難いようなストレスを受けるような利用者の境遇であっても、チームであればストレスが分散され、辛さが軽減されます。

 
要介護者のストレスは介護職にはストレスを与える事を認識したうえで、チームで要介護者のストレスを受け止めるようなコミュニケーションや仕組み、人間関係を構築しておくことが介護職のストレスを解消する上では重要な事です。

 
自分自身がストレスにさらされ動けなくなれば入居者・利用者の生きる意欲を引き出す事はできません。
ストレス解消をする上で、受けるストレスを最低限にとどめる工夫をしていく事が重要でしょう。

 

 

 

 

要介護者のキモチを知識で理解する事もストレス解消につながる

要介護者のキモチを知識で理解する事もストレス解消につながる
仕事をする上で「頭で考えるな!体や感情で感じろ!」と言われる事があります。

 
確かにプロとして肌感覚で動ける事は理想的な事です。しかし、介護職が受けるストレスという事に目を向けたとき必ずしも体や感情で感じる事だけが正しい事とは限りません。

 
というのも、体や感情で感じると相手の感情に深く入り込み、相手の気持ちを考えたり相手目線で物事を考えたりする事が出来る為、利用者のさまざまなニーズに気付いたり相手が何に悩んでいるのか探り出す事が出来るからです。

 
しかし、体や感情で感じるという事は相手と同じ気持ちになるという事なので、相手が深く傷ついている場合、相手の事を探ろうとしている自分自身も深い心の傷を負ってしまう事もあるのです。

 
相手の目線や気持ちになればなるほど心の傷はリアルさを増し、介護職の心に深々と傷をつけ大きなストレスを生むことさえあります。

 
介護を受ける必要がある利用者・入居者は、介護を受けなければならない状態が続くと、「申し訳ない」「世話ばかりかけてしまう」「自分は面倒な人間だ」という気持ちになってきます。

 
利用者や入居者にこのような心理状態が続くと「生きる実感」や「生きている事への満足感」を感じられる日常とは程遠い生活を送る事になってしまいます。

 
人は「自分は頼られている」「誰かに必要とされている」という事を感じると自分が生きている価値を見出し、生きる実感が得られる動物です。

 
要介護者となった利用者や入居者は負の感情を持つ事が往々にしてあるという事を知識としてしっかりと持っている事で入居者や利用者を知識で受け止める事が出来、結果的にストレスが軽減されるのです。

 
気持ちの優しい、頭は悪いけどまっすぐな人ほど介護職はつぶれていく傾向があるのは、相手の事をあまりにもど真ん中で受け止めすぎているのかもしれません。

 

 

 

 

介護職のストレス解消 必要とする心が要介護者の生きる意欲を引き出す

介護職のストレス解消 必要とする心が要介護者の生きる意欲を引き出す
これまでは介護職として働く上で受けるストレスを軽減する事について言及していきました。
次に介護職のストレス解消という事で、何よりも要介護者となった利用者・入居者の生きる意欲を引き出す事について言及していきます。

 

生きる意欲を持った利用者や入居者というのは自由であるという点では介護職目線では手がかかる存在かもしれません。
しかし、意欲的な人は向上心を持ち、自分の楽しみを持ち、何よりも身体的・精神的な機能の維持・向上が見込める為、結果的に介護が楽になる傾向があるのです。

 
では要介護者となった利用者・入居者に自分は生きている、必要とされているという実感を持ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか。

 
ここでは人は必要とされる事によって自分の価値や居場所を感じるという点に注目してみましょう。
要介護者となった利用者・入居者は何もできなくなったわけではありません。

 
介護を必要としている点では生活上では何かしら乗り越えなくてはならない課題はあるかもしれませんが「まだできる事」という事が、小さなことでも残っているはずです。

 
例えば

  • 洗濯の済んだエプロンや靴下を介護を必要としている人にお願いして、たたんでもらう
  • その人が得意だったことに知恵を貸してもらって一緒に趣味を楽しむ

 
こういった事はどこかで必ず残っているはずです。
全身麻痺で上肢・下肢共に動かなくなった人であっても会話することだってできるでしょう。

 
そういった点にフォーカスを当てて介護職が利用者・入居者に対して「あなたは人の役に立つことが出来る人だ」「あなたが必要なんだ」という事を表現していく事が重要です。

 
一気に意欲が回復する事は難しいかもしれませんが地道に続けていけば利用者・入居者の意欲を引き出していきます。

 
その人のできる事に目を向け「役割」を持ってもらい、一緒に生活を作り上げていくことで「誰かと一緒に生きている」という実感すら持ってもらう事が出来る可能性もあります。

 
介護職は介護を利用する人の身体的な機能や精神的な機能を維持・向上する力を持った職業です。
そして、身体的な機能や精神的な機能を維持・向上する事で利用者の出来る事が増え、結果として介護が楽になりストレスも解消されていくのです。

 

 

 

 

「あなたが居るだけで最高だ」と言える介護職が一番ストレスが無い

「あなたが居るだけで最高だ」と言える介護職が一番ストレスが無い
介護職は利用者・入居者の意欲を引き出す事で結果的にストレスが解消される事について述べました。
次に介護職として働く上で、どんな人がストレスのたまらない人なのかという事を見ていきましょう。

 
結論から申し上げると「あなたが居るだけで最高だ」「あなたが居るだけで私は幸せだ」と利用者・入居者に対して言える人が一番ストレスが無い介護職です。

 
利用者や入居者の人の中には、その人の人柄やオーラ、優しさ、あたたかさが周りの人を和ませてくれるような事がありますよね。
本当に「いるだけで良い」と思えるような方はいらっしゃるものです。

 
このように利用者・入居者に対して恵まれている人は自然と「あなたが居るだけで最高だ」「あなたが居るだけで私は幸せだ」と口にしている事でしょう。この時、今まで溜まっていたストレスもどこ吹く風というくらいに解消されている事すらもあります。
介護職は「この人の為になら頑張れる!」と介護をすること自体に活力をもらう人も居るでしょう。

 
では利用者・入居者に恵まれなかった介護職はストレスが溜まるのか?というと必ずしもそうではありません。

 
どんなワガママな利用者・入居者に対してでも「あなたが居るだけで最高だ」「あなたが居るだけで私は幸せだ」という事を口にしてみると、驚くほど相手の反応が変わったり相手の生きる希望を引き出す事に繋がったりするのです。

 
あなたが居るだけで最高だ!という意味を含んだ言葉というのはたくさんあります。

  • ○○さんが居てくれたおかげて仕事がはかどりました!
  • 今日は○○さんとの体操を楽しみに来たんですよ!
  • ○○さんに教えてもらった事を試してみたらうまくいったんですよ!

 
このような言葉を聞いた利用者や入居者はうれしいものです。逆に介護職である自分が言われても嬉しいでしょう。
「誰かの役に立っている」「いてくれるだけでうれしい」と利用者・入居者に対して太っ腹な言葉をかけていくことが重要です。

 
始めはこのような言葉を口にする事すら抵抗がある介護職も居る事でしょう。

 
しかし、何回もこのような言葉を使う事を挑戦していくと、不思議な事に「あなたが居てくれるだけで楽しい」という意味を含んだ言葉を使う事自体楽しくなってきます。

 
利用者・入居者を元気づけたり勇気付けたり、一緒に居る事が楽しいという言葉を一番聞いているのは何よりも言葉を発している自分自身です。
相手を勇気付けたり元気づけたりする言葉を使い続ける事で自分自身も勇気付けられ、元気づけられるのです。

 
つまりは、「あなたが居るだけで最高だ」と言える介護職が一番ストレスが無いのと同時に、介護をする事でストレスが発散出来る存在なのです。

 

 

 

 

介護職のストレス解消?! 要介護者の意欲を引き出す介護がストレスを軽減する まとめ

介護職のストレス解消?! 要介護者の意欲を引き出す介護がストレスを軽減する まとめ
少子高齢化社会となった現代では、介護のサービスを利用する大半の人が高齢者となってきます。
介護職として働く人も高齢者を相手にした介護をしていく人が多いことでしょう。

 
高齢者の中には今の生活を必死に生きている人も居れば、自分の将来が無いことに落胆している人も居ます。
介護職として働く上ではデーサービスやショートステイを利用している人にはこれからも生きる事に対して希望を持ってもらう事に対して取り組んでいく必要があるでしょう。

 
また、特別養護老人ホームで働く介護職は生きる事に対して意欲的な人には継続してそのような思いを持ってもらう事、そして生きる希望を失ってしまった人には新たな希望を見つけてもらうような取り組みが必要と言えます。

介護職と利用者や入居者は仕事でつながっている関係とみる事が出来ますが、一人の人間と一人の人間の人間関係とも見る事が出来ますよね。

 
人間関係を想像してみると、ストレスを抱えた人とコミュニケーションをとってみると自分自身もストレスを感じる事があります。
つまり、ストレスを抱えた人との人間関係ではストレスは伝染するのです。

要介護者のストレスは介護職にはストレスを与える事を認識したうえで、チームで要介護者のストレスを受け止めるようなコミュニケーションや仕組み、人間関係を構築しておくことが介護職のストレスを解消する上では重要な事です。

 
自分自身がストレスにさらされ動けなくなれば入居者・利用者の生きる意欲を引き出す事はできません。
ストレス解消をする上で、受けるストレスを最低限にとどめる工夫をしていく事が重要でしょう。

要介護者のキモチを知識で理解する事もストレス解消につながる事も忘れてはいけません。
要介護者となった利用者や入居者は負の感情を持つ事が往々にしてあるという事を知識としてしっかりと持っている事で入居者や利用者を知識で受け止める事が出来、結果的にストレスが軽減されるのです。

介護職は介護を利用する人の身体的な機能や精神的な機能を維持・向上する力を持った職業です。
そして、身体的な機能や精神的な機能を維持・向上する事で利用者の出来る事が増え、結果として介護が楽になりストレスも解消されていきます。

「誰かの役に立っている」「いてくれるだけでうれしい」と利用者・入居者に対して太っ腹な言葉をかけていくことが重要です。

 
始めはこのような言葉を口にする事すら抵抗がある介護職も居る事でしょう。

 
しかし、何回もこのような言葉を使う事を挑戦していくと、不思議な事に「あなたが居てくれるだけで楽しい」という意味を含んだ言葉を使う事自体楽しくなってきます。

 
利用者・入居者を元気づけたり勇気付けたり、一緒に居る事が楽しいという言葉を一番聞いているのは何よりも言葉を発している自分自身です。
相手を勇気付けたり元気づけたりする言葉を使い続ける事で自分自身も勇気付けられ、元気づけられるのです。

 
つまりは、「あなたが居るだけで最高だ」と言える介護職が一番ストレスが無いのと同時に、介護をする事でストレスが発散出来る存在なのです。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 介護 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

介護の基本 利用者優先であるという事
介護の基本 利用者優先であるという事

介護の仕事をしていく上では、介護は利用者優先で考える事が第一です。 介護は人の体 …

傾聴力は介護力 介護職員の最強の武器
傾聴力は介護力 介護職員の最強の武器

介護職員として働いていると傾聴が大事!という事を言われる人も多い事でしょう。 介 …

高齢者の虐待はなぜ起こるのか? 介護から見える社会の闇
高齢者の虐待はなぜ起こるのか? 介護から見える社会の闇

日本は団塊の世代が高齢者となり、現在も多くの高齢者が居ますが、今後より多くの高齢 …

高齢者介護で効果的な声掛け・言葉がけ
高齢者介護で効果的な声掛け・言葉がけ

高齢者の方を介護する場合、相手のことを考えるあまり声を掛けられない場合や、本当に …

ユニットケアとは 
ユニットケアとは 

特別養護老人ホームなどの施設介護を調べているとユニットケアという言葉を目にする人 …

高齢者 「できましたね!よかったですね!」で相手の意欲を引き出す
高齢者 「できましたね!よかったですね!」で相手の意欲を引き出す

高齢者の方の中には逆境に負けず、日々懸命に努力を続ける人がいます。   …

自立支援 動機や欲求・意欲について知ろう
自立支援 動機や欲求・意欲について知ろう

自立支援をしていく上では、介護者はどのように支援していく事が望ましいのでしょうか …

身体拘束
身体拘束の事例 拘束のない介護を目指すために

介護・病院の現場では身体拘束が世間的に問題視されるようになってきました。 身体拘 …

自立支援とは何か 介護のお仕事の疑問を解く
自立支援とは何か 介護のお仕事の疑問を解く

日本は超高齢社会に入り、介護の法律や考え方が大きく変革を続けています。 その中で …

特養ユニットケアについて 従来の介護と新しい介護
特養ユニットケアについて 従来の介護と新しい介護

特養は特別養護老人ホームの略語です。 特別養護老人ホームである特養という言葉を聞 …