介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

介護保険制度における国民健康保険団体連合会(国保連)の役割

      2015/11/07


介護保険制度は、主に国・都道府県・市町村によって運営されています。
しかし、介護保険制度を運営する上では、他の特別な団体の協力も必要不可欠です。

 
介護保険制度における役割を持った団体としては国民健康保険団体連合会(国保連)があります。

 
国民健康保険団体連合会(国保連)は介護保険制度でどのような役割を持っているのでしょうか。

 
介護保険制度における国民健康保険団体連合会(国保連)の役割について簡単でわかりやすいようまとめましたのでチェックしていってください。

 

 
介護保険制度における国民健康保険団体連合会(国保連)の役割
 

 

介護保険制度の国民健康保険団体連合会の役割

介護保険制度の国民健康保険団体連合会の役割
国民健康保険団体連合会は、介護保険制度施行の際に介護保険に関する次の業務も行う事となりました。
介護保険制度の国民健康保険団体連合会の役割として介護保険のサービスに関する苦情処理を担っている所が特徴です。

  • 介護報酬の審査・支払(保険者からの委託による)
  • 苦情処理の業務
  • 介護予防・日常生活支援総合事業の費用の支払いなど

 

 

 

介護報酬の審査・支払(保険者からの委託による)

介護報酬の審査・支払(保険者からの委託による)
介護報酬の審査・支払では、保険者から審査支払業務の委託を受け,介護給付費に係る審査及び支払の業務を行います。
国保連では介護報酬の審査・支払を行う為、介護給付費審査委員会を設置しています。

 
流れとしては,事業者等から介護給付費請求書を受け付け,介護給付費審査委員会による審査後,保険者への請求額及び事業者等への支払額を決定し,保険者への介護給付費の請求及び事業者等への介護給付費の支払を行います。

 
本来、介護報酬の審査・支払は市町村の仕事であるため、国保連は介護報酬の審査・支払を市町村から委託されて行う事になります。

 

 

 

苦情処理の業務

苦情処理の業務
苦情処理の業務では、介護サービス利用者の苦情を受け付ける窓口を設けて、苦情や相談を受け付けます。
国保連では、苦情の内容などを判断し、介護サービス事業所の調査や助言・指導を行います。

 
苦情処理の業務は介護サービスの利用者と、介護サービス事業者との中立的な立場となるため、市町村から委託された業務ではなく、苦情処理は国保連が独自で行うべき業務となっています。

 

 

 

介護予防・日常生活支援総合事業の費用の支払い

介護予防・日常生活支援総合事業の費用の支払い
国保連は介護予防・日常生活支援総合事業に要する費用の審査・支払い業務を行います。

 

 

 

 

介護保険制度における国民健康保険団体連合会(国保連)の役割をわかりやすくする為に知っておきたい知識

介護保険制度における国民健康保険団体連合会(国保連)の役割をわかりやすくする為に知っておきたい知識
介護保険制度における国民健康保険団体連合会(国保連)の役割を理解する上で知っておきたい知識について紹介します。
この記事では専門的な知識について紹介しているため、これから紹介する知識を知っておくとよりわかりやすく、理解がスムーズになります。

 
記事の中で分かりずらい用語や言葉があった場合は参考にしてください。

 

 

 

国民健康保険団体連合会(国保連)とは

国民健康保険団体連合会とは 国民健康保険について
国民健康保険団体連合会(こくみんけんこうほけんだんたいれんごうかい)とは、市町村と国保組合を会員の保険者として、一緒になって事業を行う事を目的にして設立された公法人のことです。

 
国民健康保険団体連合会は他にも、国保連合会、国保連とも呼ばれます。

 
国民健康保険団体連合会の目的は、国保事業の目的を達成する為に必要な事業を行う事です。

 
国民健康保険団体連合会へは、個人が加入するのではなく、国民健康保険の保険者となっている団体が加入する事となり次の者が加入します。

  • 市町村
  • 国民健康保険組合

 
国民健康保険団体連合会の特徴としては、設立された国保連の名前に「国民健康保険団体連合会」が必ず含まれている事です。
これは国民健康保険法によって決められている事なのです。

 
国民健康保険団体連合会の役割は国民関係保険業務などを行う事によって医療保険の国民健康に保険にかかる診療報酬の審査・支払を実施しています。
国民健康保険団体連合会の具体的な主な業務としては次に紹介するようなものがあります。

  • 審査支払業務
  • 事業振興
  • 保健事業
  • 広報宣伝
  • 保険者レセプト点検事務支援
  • 損害賠償求償事務
  • 育成指導
  • 協議会
  • 保険財政安定化事業及び高額医療費共同事業
  • 保険者貸付事業
  • 保険者事務共同電算処理業務
  • 妊婦・乳児健康診査委託料審査支払事業
  • 介護保険事業
  • 障害者自立支援給付費等支払事業
  • 年金特別徴収経由機関業務

国民健康保険団体連合会とは何かという事を「国民健康保険団体連合会とは 国民健康保険について」で簡単でわかりやすいよう紹介していますのでチェックしていってください。

 

 

 

介護予防・日常生活支援総合支援事業とは

介護予防・日常生活支援総合事業とは 地域支援の事業について
介護予防・日常生活支援総合事業とは要支援や要介護者のみならず、現在元気な高齢者まで要支援・要介護の状態とならないよう日常生活の自立を支援する事業です。

 
介護予防・日常生活支援総合事業は次のサービス・事業によって構成されています。

  • 介護予防・生活支援サービス
  • 一般介護予防事業

 
介護予防・日常生活支援総合事業の特徴は要介護認定において要支援と非該当を行き来するような高齢者に切れ目のない整合性のあるサービスを提供できる事や、地域のボランティアによる事業参入が可能になるなど、既存の枠組みにとらわれてないサービスを実現出来ることです。

 
介護予防・日常生活支援サービス事業の介護予防・生活支援サービス事業は、訪問・通所サービス等を通じて、日常生活上の支援や機能訓練などのサービスを提供する事業です。

 
介護予防・生活支援サービス事業の利用対象者は要介護認定によって、要支援1・2の認定を受けた人が対象となります。

 
介護予防・日常生活支援総合事業の一般介護予防事業は介護が必要な人の把握や、介護予防を行う事の高齢者への働きかけ(普及・啓発)や介護予防において必要となる助言を通して、介護を予防していこうとする事業です。

 
一般介護予防事業の利用対象者は65歳以上のすべての高齢者とその支援の為の活動に関わる家族や支援者等です。

 
介護予防・日常生活支援総合事業とは何かという事を「介護予防・日常生活支援総合事業とは 地域支援の事業について」で簡単でわかりやすいようまとめましたのでチェックしていってください。

 

 

 

 

保険者・被保険者とは

保険者・被保険者とは
保険者とは保険を提供する立場にある人や団体、組織などの事を指します。

 
介護保険制度で言うならば、保険の提供者は市町村や特別区となります。

 
保険者は保険に加入した人に対して、保険サービスを提供するとともに、保険料の徴収や、保険を利用できるかどうかの資格の管理、保険の利用状況、必要な際に、保険を利用できるような整備等、保険加入者の管理も行います。

 
このように、保険を提供する立場にある人や団体、組織の事を保険者と呼ぶのです。

 
被保険者とは保険を利用する立場にある人や組織などの事を指します。
保険者の提供する保険に加入した人は保険サービスを利用する事が出来る被保険者となります。

 
被保険者は保険者の提供する保険サービスに加入し、必要な諸手続きを済ませ、保険料を正しく納付する必要があります。
また、介護保険や健康保険などは日本国民であれば特例を除いて、全員が強制的に加入する事となります。

 
被保険者は保険者に対して、加入申請を行う事で保険に加入し、被保険者となります。
保険者や利用する保険サービスによっては、加入条件などが保険者より明示されていますので、条件などをよく読み加入申請しましょう。

 
このように被保険者は保険を利用する立場にある人や組織、団体の事を指し、保険した人は保険サービスを利用する事が出来るのです。

 
保険者・被保険者とは何かという事を「保険者・被保険者とは」で簡単でわかりやすいよう紹介していますのでチェックしていってください。

 

 

 

 

介護保険制度における国民健康保険団体連合会(国保連)の役割 まとめ

介護保険制度における国民健康保険団体連合会(国保連)の役割 まとめ
国民健康保険団体連合会は、介護保険制度施行の際に介護保険に関する次の業務も行う事となりました。
介護保険制度の国民健康保険団体連合会の役割として介護保険のサービスに関する苦情処理を担っている所が特徴です。

  • 介護報酬の審査・支払(保険者からの委託による)
  • 苦情処理の業務
  • 介護予防・日常生活支援総合事業の費用の支払いなど

 
介護報酬の審査・支払では、保険者から審査支払業務の委託を受け,介護給付費に係る審査及び支払の業務を行います。
国保連では介護報酬の審査・支払を行う為、介護給付費審査委員会を設置しています。

 
苦情処理の業務では、介護サービス利用者の苦情を受け付ける窓口を設けて、苦情や相談を受け付けます。
国保連では、苦情の内容などを判断し、介護サービス事業所の調査や助言・指導を行います。

 
国保連は介護予防・日常生活支援総合事業に要する費用の審査・支払い業務を行います。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 介護保険制度, 国民健康保険 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

保険者・被保険者とは
保険者・被保険者とは

保険に加入すると、保険者や被保険者という言葉がよく出てきます。 保険者や被保険者 …

要介護認定の二次判定とは
要介護認定の二次判定とは

介護保険を利用するには、介護保険の利用を申請し、要介護認定調査を受ける必要があり …

介護保険の第一号被保険者とは
介護保険の第一号被保険者とは

日本では一定の基準に達すると、介護保険へ原則強制的に加入する事になります。 日本 …

介護保険における市町村の役割 介護保険をよく知るために
介護保険における市町村の役割 介護保険をよく知るために

介護保険は現在の日本の介護を行っていく上で中心となる保険です。   介 …

要介護認定の一次判定とは
要介護認定の一次判定とは

介護保険を利用するには、介護保険の利用を申請し、要介護認定調査を受ける必要があり …

介護保険制度の背景 要介護人口の増加について
介護保険制度の背景 要介護人口の増加について

日本には介護保険制度という制度があり、介護保険制度がある事によって日本の介護が支 …

介護保険料とは
介護保険料とは

日本の高齢化社会において、テレビやニュースでよく話されている介護保険料。 介護保 …

包括的支援事業とは 地域支援の事業について
包括的支援事業とは 地域支援の事業について

65歳以上の高齢者となると地域支援事業の一つである包括的支援事業を利用することが …

予防給付の地域密着型介護予防サービスとは
予防給付の地域密着型介護予防サービスとは

介護保険の申請をし、要介護認定が下りると、実際に利用する介護サービスを選ぶ必要が …

介護保険とは
介護保険とは

現代の日本の介護を支える制度には介護保険制度があります。 介護保険制度は平成12 …