介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

国民健康保険連合会の介護保険事業とは

      2015/11/07


日本における介護は介護保険が中心となって支えられています。
しかし、介護を必要とする人の暮らし方や体の状態などが原因で、満足に介護を受ける事がままならない事ともあります。

 
国民健康保険連合会の介護保険事業では、介護サービスを受ける上での、さまざまな問題を解決する役割があり、すでに多くの人が介護保険事業を利用しています。

 
では、国民健康保険連合会の介護保険事業とはなんなのでしょうか。
介護保険事業で国民健康保険連合会は一体どんなことをするのでしょうか。

 
国民健康保険連合会の介護保険事業についてまとめましたのでチェックしていってください。

 

 
国民健康保険連合会の介護保険事業とは

 

 

国民健康保険連合会とは

国民健康保険団体連合会とは 国民健康保険について
国民健康保険団体連合会(こくみんけんこうほけんだんたいれんごうかい)とは、市町村と国保組合を会員の保険者として、一緒になって事業を行う事を目的にして設立された公法人のことです。

 
国民健康保険団体連合会は他にも、国保連合会、国保連とも呼ばれます。

 
国民健康保険団体連合会の目的は、国保事業の目的を達成する為に必要な事業を行う事です。

 
国民健康保険団体連合会の特徴としては、設立された国保連の名前に「国民健康保険団体連合会」が必ず含まれている事です。
これは国民健康保険法によって決められている事なのです。

 
国民健康保険団体連合会の役割は国民関係保険業務などを行う事によって医療保険の国民健康に保険にかかる診療報酬の審査・支払を実施しています。
国民健康保険団体連合会の具体的な主な業務としては次に紹介するようなものがあります。

  • 審査支払業務
  • 事業振興
  • 保健事業
  • 広報宣伝
  • 保険者レセプト点検事務支援
  • 損害賠償求償事務
  • 育成指導
  • 協議会
  • 保険財政安定化事業及び高額医療費共同事業
  • 保険者貸付事業
  • 保険者事務共同電算処理業務
  • 妊婦・乳児健康診査委託料審査支払事業
  • 介護保険事業
  • 障害者自立支援給付費等支払事業
  • 年金特別徴収経由機関業務

 
国民健康保険連合会とは何かという事について「国民健康保険団体連合会とは 国民健康保険について」で詳しく紹介していますのでチェックしていってください。

 

 

 

 

国民健康保険連合会の介護保険事業とは

国民健康保険連合会の介護保険事業とは
国民健康保険連合会における介護保険事業とは、介護保険に関する業務を行う事で介護報酬や介護保険サービス利用者の苦情処理などを行う事業の事を指します。

国民健康保険連合会の介護保険事業は具体的に次のような業務を行います。

  • 介護報酬の審査・支払(保険者からの委託による)
  • 苦情処理の業務
  • 介護予防・日常生活支援総合事業の費用の支払いなど

 

 

 

介護報酬の審査・支払(保険者からの委託による)

介護報酬の審査・支払(保険者からの委託による)
介護報酬の審査・支払は介護サービス事業者からの介護報酬請求を受けて、審査・支払を行います。
国保連では介護報酬の審査を行うのに必要な介護給付費審査委員会を設置し、委員会のなかで審査をする事となります。

 
また、介護報酬の請求に必要な情報の広報なども行っており、請求方法や介護報酬の受け取り方などの教育も行っています。

 

 

 

苦情処理の業務

苦情処理の業務
苦情処理の業務では、介護サービス事業者や介護施設の利用者からの苦情の相談を受け、サービス事業者や施設に対し調査・助言・指導を行います。
利用者の権利擁護を行う目的で行われる業務であり、問題がある場合や改善の余地がある場合は助言・指導を行います。

 
国保連における苦情処理の業務は具体的に次のようなものになります。

  • 事業所や施設のサービスに関する利用者からの苦情の受付、調査および助言指導
  • 苦情処理担当員の委嘱

 

 

 

介護予防・日常生活支援総合事業の費用の支払い

介護予防・日常生活支援総合事業の費用の支払い
介護予防・日常生活支援総合事業の費用の支払いでは、介護予防・日常生活支援総合事業の利用者に対して給付を行う事によって、サービス利用を出来るようにします。

 
介護予防・日常生活支援総合事業の費用の支払いは、利用者の支給限度額を考え、国保連の給付を活用する事となります。

 

 

 

 

国民健康保険連合会の介護保険事業とは何かを知る上で 知っておきたい知識

国民健康保険連合会の介護保険事業とは何かを知る上で 知っておきたい知識
国民健康保険連合会の介護保険事業とは何かを知る上で知っておきたい知識について紹介します。
このページでは専門的な情報を提供しているため、紹介する知識について知っておくとよりスムーズに理解する事が出来ます。

 
記事の中で分かり辛い言葉があった場合はこれから紹介する知識を読んでみてください。

 

 

 

介護予防・日常生活支援総合事業とは

介護予防・日常生活支援総合事業とは 地域支援の事業について
介護予防・日常生活支援総合事業とは要支援や要介護者のみならず、現在元気な高齢者まで要支援・要介護の状態とならないよう日常生活の自立を支援する事業です。

 
介護予防・日常生活支援総合事業は次のサービス・事業によって構成されています。

  • 介護予防・生活支援サービス
  • 一般介護予防事業

 
介護予防・日常生活支援総合事業の特徴は要介護認定において要支援と非該当を行き来するような高齢者に切れ目のない整合性のあるサービスを提供できる事や、地域のボランティアによる事業参入が可能になるなど、既存の枠組みにとらわれてないサービスを実現出来ることです。

 
介護予防・日常生活支援サービス事業の介護予防・生活支援サービス事業は、訪問・通所サービス等を通じて、日常生活上の支援や機能訓練などのサービスを提供する事業です。

 
介護予防・生活支援サービス事業の利用対象者は要介護認定によって、要支援1・2の認定を受けた人が対象となります。

 
介護予防・日常生活支援総合事業の一般介護予防事業は介護が必要な人の把握や、介護予防を行う事の高齢者への働きかけ(普及・啓発)や介護予防において必要となる助言を通して、介護を予防していこうとする事業です。

 
一般介護予防事業の利用対象者は65歳以上のすべての高齢者とその支援の為の活動に関わる家族や支援者等です。

 
介護予防・日常生活支援総合事業とは何かという事について「介護予防・日常生活支援総合事業とは 地域支援の事業について」で詳しく紹介していますのでチェックしていって下さい。

 

 

 

 

国民健康保険連合会の介護保険事業とは まとめ

国民健康保険連合会の介護保険事業とは まとめ
国民健康保険団体連合会(こくみんけんこうほけんだんたいれんごうかい)とは、市町村と国保組合を会員の保険者として、一緒になって事業を行う事を目的にして設立された公法人のことです。

 
国民健康保険連合会における介護保険事業とは、介護保険に関する業務を行う事で介護報酬や介護保険サービス利用者の苦情処理などを行う事業の事を指します。

 
国民健康保険連合会の介護保険事業は具体的に次のような業務を行います。

  • 介護報酬の審査・支払(保険者からの委託による)
  • 苦情処理の業務
  • 介護予防・日常生活支援総合事業の費用の支払いなど

 
介護報酬の審査・支払は介護サービス事業者からの介護報酬請求を受けて、審査・支払を行います。
国保連では介護報酬の審査を行うのに必要な介護給付費審査委員会を設置し、委員会のなかで審査をする事となります。

 
苦情処理の業務では、介護サービス事業者や介護施設の利用者からの苦情の相談を受け、サービス事業者や施設に対し調査・助言・指導を行います。
利用者の権利擁護を行う目的で行われる業務であり、問題がある場合や改善の余地がある場合は助言・指導を行います。

 
介護予防・日常生活支援総合事業の費用の支払いでは、介護予防・日常生活支援総合事業の利用者に対して給付を行う事によって、サービス利用を出来るようにします。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 国民健康保険 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

国民健康保険団体連合会とは 国民健康保険について
国民健康保険団体連合会とは 国民健康保険について

日本では原則、国民健康保険等の何らかの医療保険に加入する事となっています。 &n …

介護保険制度における国民健康保険団体連合会(国保連)の役割
介護保険制度における国民健康保険団体連合会(国保連)の役割

介護保険制度は、主に国・都道府県・市町村によって運営されています。 しかし、介護 …