介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

市町村特別給付とは

      2015/11/07


介護保険制度における大きな給付の種類には介護給付と予防給付があります。
また、介護保険制度で受ける事の出来る給付には、二つの給付の他にも、市町村が提供する市町村特別給付という給付があるのです。

 
介護給付、予防給付の他にも受ける事の出来る市町村特別給付とはいったいなんなのでしょうか。
また、市町村特別給付では具体的にどのような給付を受ける事が出来るのでしょう。

 
市町村特別給付についてまとめましたのでチェックしていってください。

 

 
市町村特別給付とは
 

 

市町村特別給付とは

市町村特別給付とは (2)
市町村特別給付とは、市町村が独自に要介護・要支援者等に対して介護保険法で定められている保険給付以外に市町村の条例で定めた給付を行うものです。

 

市町村特別給付は、要介護者が受ける介護給付、要支援者が受ける予防給付とは別の給付として、要支援者・要介護者に対する給付を行います。
 

市町村特別給付は、市区町村によって給付内容が異なります。
市町村特別給付は、より市区町村内の実情をもととした給付を提供し、サービス展開をする為、管轄が市町村となるのです。

 
市町村特別給付は『横だしサービス』とも呼ばれます。

 

 

 

市町村特別給付の対象者

市町村特別給付の対象者
市町村特別給付は特別な事情によって介護する事が一時的に困難となった人が対象となります。

 
自宅で今まで通りの日常生活を送る上で、区分支給限度額を超える介護サービス等の利用が必要になった要介護被保険者と要支援被保険者を対象としている市町村が多いようです。

 
市町村特別給付における特別な事情とは介護者の入院・療養、介護者の長期出張などの理由で、要介護・要支援となった人を介護する事が困難な場合に該当します。

 
また、市町村によっては要支援・要介護度で設定されている区分限度額を常に超えてしまうような利用者については市町村特別給付を受ける事が出来ない等の条件を設けている所もあるので、市町村のホームページなどで市町村特別給付の給付対象となる条件について確認しておきましょう。

 

 

 

 

市町村特別給付の財源

市町村特別給付の財源
市町村特別給付の財源は介護保険の第一号被保険者の保険料を財源としてます。

 
介護保険の第一号被保険者とは、市町村の区域内に住所があり65歳以上の人が介護保険の被保険者として与えられる区分です。

 
介護保険には保険者・被保険者という言葉がよく出てきます。
保険者・被保険者とは何かという事について言葉の意味を理解して介護保険の理解が出来るとより保険の利用を賢く出来ます。

 
保険者とは保険を提供する立場にある人や団体、組織などの事を指します。

 
被保険者とは保険を利用する立場にある人や組織などの事を指します。
保険者の提供する保険に加入した人は保険サービスを利用する事が出来る被保険者となります。

 
介護保険の第一号被保険者について理解するには介護保険の概要を知っておくと理解しやすいでしょう。

 
介護保険とは、介護保険制度と中心として、具体的に介護に関わるサービスを展開する上で中心となる保険です。

 
介護保険は年齢や医療保険の加入状況などを加味して強制的に加入される保険となります。

 
介護保険の第一号被保険者とは何かという事を「介護保険の第一号被保険者とは」で詳しく紹介しるのでチェックしていってください。

 

 

 

市町村特別給付の給付内容

市町村特別給付の給付内容
市町村特別給付の主な給付としては、移送サービスや配食サービスなどがあります。

 
具体的な市町村特別給付の給付内容は市町村によって違いがあるため、市町村に直接問い合わせるか、ホームページなどでも確認し、自分の住む市町村の特別給付について調べておきましょう。

 
市町村特別給付として設けられている給付内容としては次のような給付を設けている市町村があります。

  • 紙おむつ給付
  • 移送サービス
  • 配食サービス
  • 寝具乾燥サービス

 

 

 

 

市町村特別給付とは まとめ

市町村特別給付とは まとめ
市町村特別給付とは、市町村が独自に要介護・要支援者等に対して介護保険法で定められている保険給付以外に市町村の条例で定めた給付を行うものです。

 

市町村特別給付は、要介護者が受ける介護給付、要支援者が受ける予防給付とは別の給付として、要支援者・要介護者に対する給付を行います。

 

市町村特別給付は特別な事情によって介護する事が一時的に困難となった人が対象となります。

 
自宅で今まで通りの日常生活を送る上で、区分支給限度額を超える介護サービス等の利用が必要になった要介護被保険者と要支援被保険者を対象としている市町村が多いようです。

 
市町村特別給付の財源は介護保険の第一号被保険者の保険料を財源としてます。

 
介護保険の第一号被保険者とは、市町村の区域内に住所があり65歳以上の人が介護保険の被保険者として与えられる区分です。

市町村特別給付の主な給付としては、移送サービスや配食サービスなどがあります。

 
具体的な市町村特別給付の給付内容は市町村によって違いがあるため、市町村に直接問い合わせるか、ホームページなどでも確認し、自分の住む市町村の特別給付について調べておきましょう。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 介護保険制度

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

要介護とは 要介護認定調査の結果について
要介護とは 要介護認定調査の結果について

介護保険を利用する上では、介護保険を申請し、要介護認定調査を受ける必要があります …

介護保険の給付と種類
介護保険の給付と種類

居宅に関わる保険給付によって様々なサービスを受ける事が出来ます。 これからの介護 …

介護給付の施設サービスとは (2)
介護給付の施設サービスとは

介護保険の申請をし、要介護認定が下りると、実際に利用する介護サービスを選ぶ必要が …

老人福祉制度
老人福祉制度とは

現代の高齢者福祉は介護保険制度によって社会的に介護が必要になった高齢者を支えてい …

介護保険の自己負担額
介護保険の自己負担額

介護保険を利用する上で、気になるのは介護サービスを利用する自分、もしくは家族はど …

介護保険 給付を受けるまでの流れ
介護保険 給付を受けるまでの流れ

もし、自分や周りの人が介護が必要になったり、介護が必要になる可能性があって予防し …

介護予防・日常生活支援総合事業とは 地域支援の事業について
介護予防・日常生活支援総合事業とは 地域支援の事業について

地域支援事業は市町村によって運営される介護保険に縛られない形で介護サービスの提供 …

介護保険制度の背景 要介護人口の増加について
介護保険制度の背景 要介護人口の増加について

日本には介護保険制度という制度があり、介護保険制度がある事によって日本の介護が支 …

介護給付の地域密着型サービスとは
介護給付の地域密着型サービスとは

介護保険の申請をし、要介護認定が下りると、実際に利用する介護サービスを選ぶ必要が …

介護保険とは
介護保険とは

現代の日本の介護を支える制度には介護保険制度があります。 介護保険制度は平成12 …