介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

介護の仕事のミス 人の心を見落とした介護の危険性

      2015/11/07


介護職員として働いていると多少なりともミスを起こしてしまう事もあるでしょう。
介護の仕事は介護が必要な高齢者や障害者など、身体的に弱っている人を介護する事もあるでしょう。

 
介護の仕事のミスは大小あれども、特に介護サービスの利用者が怪我をしたり、命に関わるようなミスをしてはいけない事は重々承知のことでしょう。

 
介護の仕事のミスの原因としては人の心を見落とした介護を行ったがために起こるミスという物があるのです。
介護の仕事のミスの原因として、人の心を見落とした介護の恐ろしさについて言及しているのでチェックしていってください。

 

 
介護の仕事のミス 人の心を見落とした介護の危険性
 

 

介護の仕事にはどんなミスがある?

介護の仕事にはどんなミスがある?
介護の仕事をする上でミスというのは様々な種類があると思います。
例えば、次に紹介するような介護の仕事上のミスがあるでしょう。

 

  • 利用者の要望通りの仕事が出来なかった
  • 利用者が傷つくような事を言ってしまった
  • 事務処理がうまくいかず、利用者と家族に迷惑をかけてしまった
  • 認知症の利用者が施設からいなくなってしまった
  • 高齢の利用者を転倒させてしまった
  • ベッドから車椅子への移乗がうまくいかず、利用者が転んでしまった

 
利用者の希望に沿った介護が出来なかった事も仕事の失敗なのでミスとして扱う事が出来るでしょう。

 
また、介護職員といえども高齢者を介護するだけが仕事ではなく、最低限の事務処理を行う事も多々あるかと思います。

 
事務処理がうまくいかなかった事によって、期待した介護サービスを受ける事が出来ない等の影響があり、利用者やその家族に迷惑をかけてしまう事もあるのです。

 
なかでも特に利用者の身体的なダメージを与えるミスというのは深刻なミスともいえるでしょう。

 
高齢者にとって転倒は命に関わる事故です。
骨折をしたり、骨折が原因で合併症を引き起こしたり、活動の意欲が低下して廃用症候群に繋がる原因にもなります。

 
また、認知症の利用者が施設からいなくなってしまった場合も命に関わる深刻な状況と言えるでしょう。
認知症の人は自分がどこにいるのかわからなくなってしまっている事も多く、危険な状況を判断する能力も低下している事が多いです。

 
介護職員の見守りが十分でなかった事が原因で利用者が居なくなったとあれば、介護の仕事上のミスとしてもとらえる事が出来るでしょう。

 
介護の仕事のミスとしては、利用者の希望に沿った介護が出来なかった事のみならず、身体的なダメージを与えたり、命に関わるような事が起こるという事を意識する事でミスの危険性を認識する事が出来るでしょう。

 

 

 

 

介護の仕事のミス 原因は人の心を見落とした介護にある

介護の仕事のミス 原因は人の心を見落とした介護にある
介護の仕事のミスの原因には技術・精神面など色々な原因があるでしょう。

 
しかし、介護の仕事で致命的なミスを犯す人は、実は介護の仕事を始めたての初心者介護職員ではなく、何年も介護経験を積んだベテラン介護職員だったりするのです。

 
介護技術は初心者介護職よりも何段階も上のベテラン介護職員が致命的なミスを起こしがちな原因はなんなのでしょうか?
原因は人の心を見落とした介護を行っている場合に、これらの致命的なミスを起こしがちだという事です。

 
介護を行う上で「人の心」を意識した介護というのは重要です。
しかし、時に「何気なく行っている事」が相手を傷つけてしまう「介護上のミス」に繋がる事があります。

 
ベテラン介護職員の傾向として、利用者を大事にする対応を心がけている人も居るでしょう。
しかし、従来型の介護をずっと続けてきた人は利用者一人一人を大事にする事より、集団生活を送る事が出来るかどうかに意識が向きがちになります。

 
従来型の介護はスピード感があり、結果的に利用者にかかる負担が少ないと考えるベテラン介護職員もいますが、そのスピード感が原因となり、介護の仕事の致命的なミスを起こす事に繋がるのです。

 
仕事が早い事は仕事をする上で確かに重要ですが、相手がどんな思いをするだろうか?という事をないがしろにすると、利用者にとって大事な事を忘れた介護をしてしまう事があるのです。

 
例えばオムツ交換や移乗を見たとしても、オムツ交換中にベッドのサイドレールに頭をぶつけて出血してしまったり、移乗中に勢い余ってベッドに足をぶつけてしまうなんて事もあります。
「この人は大丈夫だろう」という思いから十分な見守りを行っておらず、施設から失踪してしまう事もあるでしょう。

 
相手が今どういう状況か、どんな思いを持っているかという事を中心に考えた介護では致命的なミスは起こりません。
相手の事を考えた介護というのは今までもこれからも介護の仕事のミスを最低限にしていくうえでも重要な事です。

 

 

 

 

心配し過ぎは相手の心を考えた介護にならない理由

心配し過ぎは相手の心を考えた介護にならない理由
介護職員として日常的に利用者の人と関わっていると、利用者に対して心配ごとが出てくるものです。
しかし、普段、何げなく心配している事が「相手を思った介護」とはかけ離れた状態となる場合があります。

 
利用者の人が危機的状況であれば介護職として心配する事はごく自然な事でしょう。
しかし、なんでもかんでも心配する事は行き過ぎた心配と言えます。

 
例えば、便秘がちな利用者が便秘になるたびに過度に心配をする職員がいたとします。
利用者の便秘は日常的な物であり、実は過度な心配をする必要性が無いものだとしても心配してしまうのです。

 
過度に心配をしてしまう介護職員は他の利用者の事を考える心の余裕を持つ事もできず、結果として他の利用者の事を考えた介護を提供する事は難しいでしょう。

 
また、便秘が解消されお通じが出たとしても「大量に出ましたね!良かった!」などと言ってしまっては利用者の人の心の負担となってしまう事もあります。

 
「自分は迷惑をかける存在なんだ」と感じてしまう利用者もいる為、心配し過ぎは利用者のストレスへとつながってしまう事があるのです。

 
介護職員にとっては「うれしいこと」であったり「悪意がなかった」事でも、相手にとっては「嫌だなぁ」とつながってしまう事があり、心配し過ぎそのものが介護としては仕事上のミスともいえるかもしれません。

 
自分を心配してくれる存在が居る事はありがたいですが、行き過ぎはストレスになってしまう事は、介護に限らず日常的に他人と付き合っていく事でも、ごく当たり前のことですよね。

 
心配し過ぎは相手の心を考えた介護と必ずしもイコールにならない事は覚えておきましょう。

 

 

 

 

ミスには悪意や善意のくくりが無いことを知ろう

ミスには悪意や善意のくくりが無いことを知ろう
介護の仕事の上でのミスに限らず、ミスには悪意や善意のくくりが無いことを知っておきましょう。

 
悪意のあるミス、善意のあるミスという言葉には馴染みがないのと同じように、ミスというのはそもそも何かが欠けた事で起こった失敗なのです。

 
介護の仕事でミスを起こす大きな原因の一つに「相手の心を考えない」事が挙げられます。
介護の仕事のミスの多くが相手の心を考える事がかけた事で、利用者にとって致命的ともとれる失敗を犯してしまうのです。

 
慣れから来る油断がミスの原因でもありますが、慣れた事によって今まで意識できていた事を意識できなくなるというのは介護の仕事をしていく上ではもったいないという物。

 
プライバシーなどにも配慮しつつ、相手の事を考えた介護で現場のミスを減らしていきたいですね。

 

 

 

 

介護の仕事のミス 人の心を見落とした介護の危険性 まとめ

介護の仕事のミス 人の心を見落とした介護の危険性 まとめ
介護の仕事をする上でミスというのは様々な種類があると思います。
例えば、次に紹介するような介護の仕事上のミスがあるでしょう。

 

  • 利用者の要望通りの仕事が出来なかった
  • 利用者が傷つくような事を言ってしまった
  • 事務処理がうまくいかず、利用者と家族に迷惑をかけてしまった
  • 認知症の利用者が施設からいなくなってしまった
  • 高齢の利用者を転倒させてしまった
  • ベッドから車椅子への移乗がうまくいかず、利用者が転んでしまった

 
なかでも特に利用者の身体的なダメージを与えるミスというのは深刻なミスともいえるでしょう。
介護の仕事のミスとしては、利用者の希望に沿った介護が出来なかった事のみならず、身体的なダメージを与えたり、命に関わるような事が起こるという事を意識する事でミスの危険性を認識する事が出来るでしょう。

 
介護の仕事のミスの原因には技術・精神面など色々な原因があるでしょう。

 
しかし、介護の仕事で致命的なミスを犯す人は、実は介護の仕事を始めたての初心者介護職員ではなく、何年も介護経験を積んだベテラン介護職員だったりするのです。

 
介護技術は初心者介護職よりも何段階も上のベテラン介護職員が致命的なミスを起こしがちな原因はなんなのでしょうか?
原因は人の心を見落とした介護を行っている場合に、これらの致命的なミスを起こしがちだという事です。

 
相手が今どういう状況か、どんな思いを持っているかという事を中心に考えた介護では致命的なミスは起こりません。
相手の事を考えた介護というのは今までもこれからも介護の仕事のミスを最低限にしていくうえでも重要な事です。

 
介護職員として日常的に利用者の人と関わっていると、利用者に対して心配ごとが出てくるものです。
しかし、普段、何げなく心配している事が「相手を思った介護」とはかけ離れた状態となる場合があります。

 
利用者の人が危機的状況であれば介護職として心配する事はごく自然な事でしょう。
しかし、なんでもかんでも心配する事は行き過ぎた心配と言えます。

介護職員にとっては「うれしいこと」であったり「悪意がなかった」事でも、相手にとっては「嫌だなぁ」とつながってしまう事があり、心配し過ぎそのものが介護としては仕事上のミスともいえるかもしれません。

 
自分を心配してくれる存在が居る事はありがたいですが、行き過ぎはストレスになってしまう事は、介護に限らず日常的に他人と付き合っていく事でも、ごく当たり前のことですよね。

 
心配し過ぎは相手の心を考えた介護と必ずしもイコールにならない事は覚えておきましょう。

 
介護の仕事の上でのミスに限らず、ミスには悪意や善意のくくりが無いことを知っておきましょう。

 
慣れから来る油断がミスの原因でもありますが、慣れた事によって今まで意識できていた事を意識できなくなるというのは介護の仕事をしていく上ではもったいないという物。

 
プライバシーなどにも配慮しつつ、相手の事を考えた介護で現場のミスを減らしていきたいですね。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 介護 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

拘束がない
身体拘束廃止のチェックポイント

介護の現場では身体拘束が世間的な問題となってきています。 身体拘束は利用者の自由 …

高齢者 「できましたね!よかったですね!」で相手の意欲を引き出す
高齢者 「できましたね!よかったですね!」で相手の意欲を引き出す

高齢者の方の中には逆境に負けず、日々懸命に努力を続ける人がいます。   …

介護職のストレス解消 要介護者の意欲を引き出す介護がストレスを軽減する
介護職のストレス解消 要介護者の意欲を引き出す介護がストレスを軽減する

いきなりですが介護はとてもストレスがたまる仕事です。 介護をしていて自分の思った …

ユニットケアとは 
ユニットケアとは 

特別養護老人ホームなどの施設介護を調べているとユニットケアという言葉を目にする人 …

高齢者の虐待はなぜ起こるのか? 介護から見える社会の闇
高齢者の虐待はなぜ起こるのか? 介護から見える社会の闇

日本は団塊の世代が高齢者となり、現在も多くの高齢者が居ますが、今後より多くの高齢 …

高齢者介護 超高齢社会を守る事について
高齢者介護 超高齢社会を守る事について

日本は超高齢社会を迎え、高齢者介護への重要性が浮き彫りとなってきました。 介護職 …

傾聴力は介護力 介護職員の最強の武器
傾聴力は介護力 介護職員の最強の武器

介護職員として働いていると傾聴が大事!という事を言われる人も多い事でしょう。 介 …

高齢者介護で効果的な声掛け・言葉がけ
高齢者介護で効果的な声掛け・言葉がけ

高齢者の方を介護する場合、相手のことを考えるあまり声を掛けられない場合や、本当に …

介護の基本 自立支援の難しいところと解決策
介護の基本 自立支援の難しいところと解決策

自立支援は現代の日本における介護の基本です。 日本は超高齢社会に突入し、超高齢社 …

ちょっと待った
介護のスピーチロック 利用者も介護職も拘束される介護

介護の現場では身体拘束のみならず、言葉による拘束も現在では問題視されるようになっ …