介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

介護給付の施設サービスとは

      2017/04/13


介護保険の申請をし、要介護認定が下りると、実際に利用する介護サービスを選ぶ必要があります。

 
介護サービスを選ぶ上では、要介護認定によって認定された、要介護・要支援の区分の中から自分に合ったサービスを利用する、あるいはケアマネジャーに選んでもらう必要があります。

 
介護保険での給付の一つに介護給付があり、介護給付は要介護認定で「要介護」と認定された人に対して行われる給付です。
介護給付で受ける事が出来るサービスの一つに施設サービスがあります。

 
介護給付で受ける事が出来る施設サービスとはいったいなんなのでしょうか。
施設サービスでは具体的にどんなサービスを受ける事が出来るのでしょう。

 
介護給付の施設サービスについてまとめましたのでチェックしていってください。

 

 
介護給付の施設サービスとは (2)
 

 

介護給付の施設サービスとは

介護給付の施設サービスとは
介護保険の介護給付における施設サービスは、利用者の管轄する都道府県の指定・監督を受けたサービスで、介護が必要となった人が施設に入所して受けるサービスのことです。

介護給付における施設サービスとして、次の施設を用意し、提供しています。

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  • 介護老人保健施設(老人保健施設)
  • 介護療養型医療施設(療養型病床群など)

 

 

 

 

施設サービスの利用について

施設サービスの利用について
介護給付で提供されている、特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護療養型医療施設にはそれぞれ特徴があり、一人一人に体の状態や必要としているサービスなどに応じた施設に入所する事が出来ます。

 
施設サービスで提供されている施設の入所した後は、ケアマネジャーが作成した施設サービス計画にしたがってサービスが行われる事となります。

 
施設サービスは要介護認定で、要介護1~5の認定を受けた人が利用できます。

 

 

 

 

施設サービスの介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)とは

施設サービスの介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)とは
施設サービスとして提供されている介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)とは身体上または精神上、著しい障害により、常に介護が必要な状態で、自宅では適切な介護を受ける事が困難な人が入所する施設です。

 
特別養護老人ホームの特徴としては、長期入所が可能であり、日々のレクリエーションが充実している等が挙げられます。
また、常駐する看護師はいるものの、医学的な管理の元でのケアを受ける事は難しく、医療的な介護が特に必要な人には入所は向きません。

 
また、高齢化社会の影響で特別養護老人ホームへの入所の競争率が高く、入居難易度は高いと言えます。
入居一時金が必要なかったり、利用料が安い等のメリットを持った施設です。

 

 

 

 

施設サービスの介護老人保健施設(老人保健施設)とは

施設サービスの介護老人保健施設(老人保健施設)とは
施設サービスとして提供されている介護老人保健施設とは、心身の病気や障害により、病院による治療を受けたが、自宅で自力で生活する状態には回復しなかったために、自宅復帰を目的として入所する施設です。

 
自宅で自力で生活できる状態に回復する事を目的に、心身のリハビリ、食事・排せつ。入浴・就寝・健康管理などの日常生活の介護や、心身の機能維持、通院への付き添い等を行います。

 

 

 

 

施設サービスの介護療養型医療施設(療養型病床群など)

施設サービスの介護療養型医療施設(療養型病床群など)
施設サービスとして提供されている介護療養型医療施設とは、医療法に基づき、病状が安定期にある要介護者に対し、医学的管理のもとに介護その他の世話や必要な医療を行う施設のことです。

 
介護療養型医療施設では医療ケアが充実している事や、機能訓練が充実している事、利用料が比較的安く、入居一時金が必要ありません。
ただし、入居難易度が高く、レクリエーションなどの日常的な生活を行う場というよりは、病院の入院に比較的近い形となります。

 
特別養護老人ホームとは異なり、終身制ではないので状態が改善してきた場合には対処を求められる事もあります。

 

 

 

 

介護給付の施設サービスとは まとめ

介護給付の施設サービスとは まとめ
介護保険の介護給付における施設サービスは、利用者の管轄する都道府県の指定・監督を受けたサービスで、介護が必要となった人が施設に入所して受けるサービスのことです。

 
介護給付における施設サービスとして、次の施設を用意し、提供しています。

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  • 介護老人保健施設(老人保健施設)
  • 介護療養型医療施設(療養型病床群など)

 
介護給付で提供されている、特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護療養型医療施設にはそれぞれ特徴があり、一人一人に体の状態や必要としているサービスなどに応じた施設に入所する事が出来ます。

 
施設サービスで提供されている施設の入所した後は、ケアマネジャーが作成した施設サービス計画にしたがってサービスが行われる事となります。

 
施設サービスは要介護認定で、要介護1~5の認定を受けた人が利用できます。

 
施設サービスとして提供されている介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)とは身体上または精神上、著しい障害により、常に介護が必要な状態で、自宅では適切な介護を受ける事が困難な人が入所する施設です。

 
施設サービスとして提供されている介護老人保健施設とは、心身の病気や障害により、病院による治療を受けたが、自宅で自力で生活する状態には回復しなかったために、自宅復帰を目的として入所する施設です。

 
施設サービスとして提供されている介護療養型医療施設とは、医療法に基づき、病状が安定期にある要介護者に対し、医学的管理のもとに介護その他の世話や必要な医療を行う施設のことです。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 介護保険制度 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

介護保険 給付を受けるまでの流れ
介護保険 給付を受けるまでの流れ

もし、自分や周りの人が介護が必要になったり、介護が必要になる可能性があって予防し …

介護保険における国・都道府県・市町村の役割
介護保険における国・都道府県・市町村の役割

介護保険は現代の日本における介護を担っていく上で中心となる保険です。 介護保険は …

任意事業とは 地域支援の事業について
任意事業とは 地域支援の事業について

65歳以上の高齢者となると地域支援事業の一つである任意事業を利用することが出来ま …

要支援とは 要介護認定調査の結果について
要支援とは 要介護認定調査の結果について

介護保険を利用する上では、介護保険を申請し、要介護認定調査を受ける必要があります …

介護保険制度とは
介護保険制度とは

日本は高齢化社会を迎えたことによって介護を必要とする人の人口が増加を続けています …

介護給付の地域密着型サービスとは
介護給付の地域密着型サービスとは

介護保険の申請をし、要介護認定が下りると、実際に利用する介護サービスを選ぶ必要が …

介護保険制度における国民健康保険団体連合会(国保連)の役割
介護保険制度における国民健康保険団体連合会(国保連)の役割

介護保険制度は、主に国・都道府県・市町村によって運営されています。 しかし、介護 …

要介護認定調査で何を調査されるのか?
要介護認定調査で何を調査されるのか?

介護保険を利用するにあたっては市役所などを通じて、市町村に対して介護保険の利用を …

予防給付とは
予防給付とは

介護保険制度における給付は大きく分けると介護給付と予防給付の二つに分ける事が出来 …

介護保険の給付 費用の内訳について
介護保険の給付 費用の内訳について

介護保険の給付 費用の内訳について簡単でわかりやすいようまとめましたのでチェック …