介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

【認知症】認知症の人への対応 わけわからない!を解消しよう

   



高齢化社会に入り、世間的にも注目されつつある「認知症」
一般的な認知症の症状としては「物忘れ」ではないでしょうか。

 
しかし、実際に認知症の人の人を対応したことのある人は「えっなんでそんなことをするの?」と疑問に思うような行動を目の当りにする事もあったのではないでしょうか。

 

認知症の人への対応は、一般的な人間関係とは異なる対応が必要になってきます。
では、今後関わっていく可能性の高い「認知症」の人へどのように対応し関係を築いていけばよいのでしょうか。

 

認知症から来るさまざまな症状とその原因毎に対応を方法を述べています。

 

 
【認知症】認知症の人への対応 わけわからない!を解消しよう


 

 

認知症の症状

認知症の人への対応を知る上では認知症の「症状」について知る事が大事です。
認知症のどのような症状が原因で行動を起こしているかを把握し、対応にあたる事が遠回りに見えて、実は近道なのです。



認知症の症状は細かい症状まで見てみると実にさまざまな症状があります。
しかし、認知症の症状を大きく分けてみると、二つの症状に分けられる事が一般的です。

1つめが、「中核症状」2つ目は「周辺症状」と呼ばれる物です。

認知症の「中核症状」
中核症状は認知症になると必ず起きる症状で、主に脳の機能障害からくる症状です。
主な症状としては次のような症状があります。

  • 記憶障害
  • 見当識障害
  • 判断力の障害
  • 言葉の障害(失語など)
  • 実行機能障害(遂行機能障害)
  • 抽象思考(イメージ)の障害
  • 失行(行動の障害)
  • 失認(認識の障害)


認知症の「周辺症状」
周辺症状については認知症の中核症状を中心として、二次的に起きてくる症状です。
周辺症状には個人差があり、同じ認知症でも人によって症状のでかたが変わってきます。

たとえば、自分がどこにいるかわからなくなる「場所の見当識障害(中核症状)」の為、家の近くでも出かけたまま帰り道がわからなくなることで、結果として「徘徊」という周辺症状に発展する事があります。

周辺症状は認知症が重くなるにしたがって起きやすくなります。
良く見られる認知症の周辺症状には次のような症状があります。

  • 抑うつ状態
  • 妄想・幻覚
  • 介護に対して抵抗する(介護拒否)
  • 不眠
  • 徘徊
  • 異食
  • 焦燥
  • せん妄
  • 多動・興奮
  • 攻撃的言動・行動
  • 外出して迷う
  • 不潔行為



認知症の症状の特徴
認知症の症状である「中核症状」や「周辺症状」は認知症の原因が無ければ起こりませんが、本人の健康状態、心理的な状態、そして、どのような介護を受けているかなどの環境によって、症状の出方は大きく変化します。

詳しくは「【認知症】認知症の症状 認知症になるとどうなるの?」で紹介しているのでチェックしていってください。

 

 

 

 

認知症の人の対応

では実際に認知症の人の対応についてみていきましょう。
まずは、認知症の人の「行動」からどのような行動を起こしているかを知る事が大事です。

そして、その症状の中心にある原因から、対応方法を編み出していきます。
ここでのポイントは一人で悩まず協力者をつくる事です、自分一人で見るよりずっと精神的な負担も軽減されますし、新たな考え方や見方をする事もできます。

では、実際に認知症の人への対応についてみていきましょう。

 

 

 

記憶障害への対応


【認知症】記憶障害の対応 うまく付き合う行動と考え方

認知症の症状の内、周囲の人が振り回されがちなのは「周辺症状」です。
認知症の人の周辺症状は個人差があり、状況や環境に合わせた対応が必要になってきます。

 
認知症では介護者が行ったことをすぐ忘れたり、何回も同じことを言ったり、聞いたり、物をしまい忘れたり置き忘れたりといった事も起きるようになります。
また、水を出しっぱなしにしたり、食事をとったことを忘れたり、同じものをしょっちゅう買ってくると言った事も起きます。

 
認知症の記憶障害によって日常生活に支障をきたして言える状態なので、介護者や周囲の人も「記憶障害の症状である」という事を認識し、その人に合わせた対応を心がけていく必要があります。

詳しくは「【認知症】記憶障害の対応 うまく付き合う行動と考え方」で紹介しているのでチェックしていってください。

 

 

 

見当識障害への対応


【認知症】見当識障害の対応 ここはどこ?今はいつ?への対処

認知症の見当識障害について対応していくには、見当識障害そのものがどんなものなのか理解しておくことが、とても大事です。


見当識障害では自分がどこにいるのか、今は何時なのか、自分は今何歳なのかといった認識が欠如した状態になります。
見当識障害の影響によって、道に迷ったり、自分の部屋を間違ったり、トイレ以外をおしっこをしたりといった行動を起こす事があります。

見当識障害の症状によって、適切な行動を起こす事そのものが本人だけでは難しくなってきてしまうのです。

周囲の人が理解し、必要な資源を利用したり、行動を起こしていく事も必要となってきます。

詳しくは「【認知症】見当識障害の対応 ここはどこ?今はいつ?への対処」で紹介しているのでチェックしていってください。

 

 

 

失認への対応


【認知症】失認への対応 本人の「わからない」に注意してあげよう

認知症の失認によって起こる症状に対応するには、「失認」がどんなものなのか理解する必要があるでしょう。


失認は状況やもの事、物を正しく認識できない事で適切な判断を下せなくなる状態なので、日常生活のあらゆる点で支障をきたします。
金銭・食べ物・場所・人物など症状の現れ方は個人によって多岐にわたって表れてくるのです。

自分の家に居るのに、家に帰ると言ったり、話している相手を他の人と間違えたりもします。
食べ物で無い物を口にしたり、お金の単位や計算が出来なくなってくると言った事も起きてきます。

場合によっては命の危険もある事もあるので、周囲の人はどのような症状が特に起きるのか注意深く観察し、本人にとっての危険を遠ざけるような配慮をしておく必要があるでしょう。

詳しくは「【認知症】失認への対応 本人の「わからない」に注意してあげよう」で紹介しているのでチェックしていってください。

 

 

 

失行への対応


【認知症】失行への対応 当たりまえの事もできなくなる

失行とは、手足の麻癖やふるえなどがなく、つまり運動機能が損なわれていないにもかかわらず、目的をもった行動がとれない状態をいいます。

失行によって、目的を持った行動がとれない状態となると、本人が「やりたい」と思っていてもそれを行う事が難しくなります。
本人は着替えたい、道具を使いたい、食べたいと思っていても、どうやってそれをすれば良いのかわからなくなってしまうのです。

認知症になり失行となってしまっても、その人にもプライドなどがあり、人としての尊厳があります。
周囲の人が、失行の症状の出た認知症の人を介護する場合は、「さりげなく教えてあげる」「一緒にやる」「相手の目線に立って物事を考える」といった姿勢や行動が重要になってきます。

詳しくは「【認知症】失行への対応 当たりまえの事もできなくなる」で紹介しているのでチェックしていってください。

 

 

 

言葉の障害への対応


【認知症】言葉の障害への対応 コミュニケーションをとって行く為に

認知症の言葉の障害では、物の名前が出にくくなったり、単語が思い出せず会話が出来ず、他の人と意思疎通が困難になります。


言葉の障害には、このほかにも、ものの使い方がわかっていても名前が出てこない、相手から言われた言葉の理解ができない、単語の意味がわからなくなる、言われたことをおうむ返しに繰り返してしまう、言葉の語尾を繰り返す、などさまざまな症状があります。

いずれにしても、言葉の障害は認知症本人と家族が意思を通じ合う上で大きな支障になる原因のーつです。


認知症の言葉の障害が症状として出る事で、介護者が言った事を理解できなかったり、つじつまの合わない話をしたりします。
場合によっては料理中に「皮をむいてください」という「皮」という物が何かを思い出せず、行動する事が難しくなる事があります。

このような場合でも、体で覚えた事は比較的覚えている事があるので、一緒にやる、行動を見せてみると言った配慮をすれば、言葉を使ったコミュニケーションの代替とする事もできます。
相手がどのような状態であるかを見て、会話の中や日々の生活のなかから適したコミュニケーションを選んでいくと良いでしょう。

詳しくは「【認知症】言葉の障害への対応 コミュニケーションをとって行く為に」で紹介しているのでチェックしていってください。

 

 

 

実行機能障害への対応


【認知症】実行機能障害への対応 計画や段取りを立てられない、状況を判断できない

計画や段取りを立てられない、状況を判断できないことを実行機能障害といいます。
記憶の障害と同様に、早期からみられます。


実行機能障害への対応は、家族や身近な人への負担が大きくなる特徴があり、普段の生活をしているうえで当たり前の行動がとれなくなってしまいます。

トイレの後始末や、料理が出来なくなる、衛生管理が出来なくなったり、季節や目的に合わせた衣類の選択が出来なくなってしまいます。
また、自分の状態を把握する事も困難になるため、車の運転をしたがる人も居ます。

実行機能障害への対応は、その人にとって身近な人が、その人の行動を支援できるよう管理していく事が必要になってきます。
また、場合によってはショートステイやデイサービスのような介護サービスの利用を検討する事も重要です。

詳しくは「【認知症】実行機能障害への対応 計画や段取りを立てられない、状況を判断できない」で紹介しているのでチェックしていってください。

 

 

 

妄想への対応


【認知症】現実を取り違える異なる事への対応方法

認知症では記憶の障害をはじめとしたさまざまな障害のために周囲の状況を正しく把握して適切な行動をとることが難しくなります。
現実を取り違えることも認知症の人にはしばしばみられます。現実にはない出来事・事柄を間違った判断で思いこんでしまい、訂正することができない状態を「妄想」といいます。

場合によっては、妄想の対象が一番身近で世話をして<れる人になる場合もあります。取り違え方もどちらかというと、被害的に受け止めてしまうことが多くみられるようです。
いろいろな障害を自分自身で客観的に理解できれば、どのような手助けが必要なのか周囲に伝えることができますが、自分自身では何となくしかわかっていないため、本人がどんな手助けを必要としているのかを察知することが必要になります。


現実を取り違える、事実と異なる事を言う等は認知症の周辺症状の内「妄想」と呼ばれる状態である事が多いです。
物盗られ妄想、被害妄想、嫉妬妄想といった具合に、その人の置かれている状況、今までの生活などから様々な妄想が出てくる事が多いです。

記憶そのものが消えてしまったり、思い出す事が出来ない記憶障害や他の状態とは異なり、ある現実を別の現実として受け止めてしまう事が多いです。
また、他の人に取り違えた現実をいって周囲の人を混乱させる事もあります。

このような場合は、予め周囲の人に認知症の症状があり、現在妄想の症状が強く出ているという事を予め伝えたり、医師に相談したり、介護サービスの利用を検討する事も必要になってくるでしょう。

何より、一人で抱え込まずに対応する事が一番のポイントとなってきます。

詳しくは「【認知症】現実を取り違える、事実と異なる事への対応方法」で紹介しているのでチェックしていってください。

スポンサーリンク




 - 認知症 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【認知症】認知症と痴呆症の違い 一体何が違うの?
【認知症】認知症と痴呆症の違い 一体何が違うの?

高齢化社会になるにつれ、認知症という言葉が聞かれるようになりました。 認知症は、 …

【認知症】見当識障害の対応 ここはどこ?今はいつ?への対処
【認知症】見当識障害の対応 ここはどこ?今はいつ?への対処

認知症の症状の一つに見当識障害があります。 見当識障害は時間や場所についての認識 …

【認知症】情緒不安定な人への対応
【認知症】情緒不安定な人への対応

周囲から見て認知症の人は感情的な表現が強く見られ、場合によっては対応が難しく感じ …

【認知症】見当識障害とは
【認知症】見当識障害とは

認知症になると記憶障害のほか、見当識障害と呼ばれる症状がでてきます。 見当識障害 …

【認知症】認知症チェックリスト 家族が認知症になっちゃった?
【認知症】認知症チェックリスト 家族が認知症になっちゃった?

最近では何かと話題に上がる「認知症」 ニュースやメディアでも高齢化に伴い、認知症 …

【認知症】実行機能障害への対応 計画や段取りを立てられない、状況を判断できない
【認知症】実行機能障害への対応 計画や段取りを立てられない、状況を判断できない

認知症の症状の一つに、やりたい事が出来なくなる症状があります。 夏なのにダウンジ …

【認知症】認知症の症状 認知症ってどうなるの?
【認知症】認知症の症状 認知症になるとどうなるの?

介護の仕事をしていたり、家族が高齢期に入ると心配になる「認知症」 認知症という言 …

【認知症】記憶障害とは 思い出せない覚えていられない
【認知症】記憶障害とは 思い出せない覚えていられない

認知症の症状には記憶障害と呼ばれる症状があります。 記憶障害が原因で日常生活に支 …

【高齢者】認知症による物忘れと加齢による物忘れの違い
【高齢者】認知症による物忘れと加齢による物忘れの違い

認知症は脳が委縮し働きに障害が出る事で「物忘れ」の症状が出る病気です。 しかし、 …

【認知症】なぜ感情が不安定になるの?
【認知症】なぜ感情が不安定になるの?

認知症の人は「なぜそんなに怒っているの?」と周囲から見て感じる事が多いです。 さ …