介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

【認知症】失行への対応 当たりまえの事もできなくなる

      2017/04/04


認知症の症状の一つに失行という物があります。
失行も他の症状と同様に、日常生活を送る上で支障を来す事の多い症状です。

健常な人から見て、奇怪な行動をとっているように見える事も多いため、失行について知らない人は、対応が難しいものと感じてしまう事も少なくありません。
認知症の人の失行にもポイントを絞って周囲の人の支援を受ける事が出来れば、介助などの方法を用いなくても本人で出来る事があります。

認知症の失行の対応についてみていきましょう。

 

 
【認知症】失行への対応 当たりまえの事もできなくなる

 

 

失行とは


失行とは、手足の麻癖やふるえなどがなく、つまり運動機能が損なわれていないにもかかわらず、目的をもった行動がとれない状態をいいます。

 

 

 

 

失行への対応・対処方法


失行によって、目的を持った行動がとれない状態となると、本人が「やりたい」と思っていてもそれを行う事が難しくなります。
本人は着替えたい、道具を使いたい、食べたいと思っていても、どうやってそれをすれば良いのかわからなくなってしまうのです。

認知症になり失行となってしまっても、その人にもプライドなどがあり、人としての尊厳があります。
周囲の人が、失行の症状の出た認知症の人を介護する場合は、「さりげなく教えてあげる」「一緒にやる」「相手の目線に立って物事を考える」といった姿勢や行動が重要になってきます。

では、実例と対応方法を見ていきましょう。

 

 

 

洋服の着方がわからない

靴下を手にはめたり、ズボンの上からパンツをはいたりするのは、更衣失行といいます。
先日もパンツを汚してしまったおばあさんがセーターを履いていました。

後から、お嫁さんがタンスの異臭に気づき、パンツを布団の間から見つけました。
もちろんお嫁さんに叱られましたが、覚えているわけがありません。
「人のせいにして、意地悪な嫁だ」と言います。

失禁をしてしまったことに対しての判断力低下、あとしまつの失行、着替えの失行、記憶障害などからこのようなトラブルが起きます。
症状が単独でないため、事も複雑になるわけです。

失行に対してはモデルの提示です。一緒にパジャマを着たり、洋服を着たりすれば難なくできることもあります。

 

 

 

道具の使い方がわからない

ボールペン、箸、掃除機などの道具が使えなくなることです。物に対する失認や失行による症状の現れです。

できないことを責めるのではなく、モデル提示、一緒に行うことが大切です。
これまで難なく事をこなしてきたおじいさんやおばあさんを見てきた家族にとっては、責めたくもなるでしょう。
「どうしてできないの?」と目を疑うでしよう。

でも病気なのです。叱っても、嘆いても「できない」「わからない」のです。
叱れば叱るほど「何とかしなくては」と混乱し、失敗を繰り返すことになるのです。

 

 

 

食べ方がわからない、食べ遊びをしているように見える

68歳のアルツハイマー型認知症の男性Gさんは、食事が配膳されると混乱します。
箸を一本だけ持って「どうすればいいの?」とか、一本で食べようとして『これでいいの?」といった状況です。
これは食の失行です。スプーンの柄で上手に食べる人もいます。こはんやおかずなどをこちゃまぜにして手で食べ、「食べ遊びしないの!!」と叱られる人もいます。

食べ遊びではありません。食べ方がわからないのです。これらの行動は、こ飯は箸で食べるもの、トイレは排池するところ(手や顔を洗う人もいますから)、掃除機は掃除するものという私たちの観念から逸脱しているようにみえます。観念失行とも呼ばれます。

汚い、わからなくなってと嘆かずに、目の前で箸で食べるなどしてモデルを提示することで、認知症の人はできることが案外多いのです。
それは技の記憶があるからです。忘れていても模倣し、学習することはできます。

また、おかずやお皿が多いと混乱しますから、ご飯と一品のおかずを出し、おかずを食べ終わったら次のおかず、という風に食事を進めていくのもーつの手です。

 

 

 

 

認知症の対応 あわせて知っておきたい


【認知症】認知症の人への対応 わけわからない!を解消しよう

高齢化社会に入り、世間的にも注目されつつある「認知症」
一般的な認知症の症状としては「物忘れ」ではないでしょうか。

 
しかし、実際に認知症の人の人を対応したことのある人は「えっなんでそんなことをするの?」と疑問に思うような行動を目の当りにする事もあったのではないでしょうか。

 

認知症の人への対応は、一般的な人間関係とは異なる対応が必要になってきます。
では、今後関わっていく可能性の高い「認知症」の人へどのように対応し関係を築いていけばよいのでしょうか。

 

認知症から来るさまざまな症状とその原因毎に対応を方法を述べています。

詳しくは「【認知症】認知症の人への対応 わけわからない!を解消しよう」で紹介しているのでチェックしていってください。

 

 

 

 

まとめ:失行への対応 当たりまえの事もできなくなる



失行とは、手足の麻癖やふるえなどがなく、つまり運動機能が損なわれていないにもかかわらず、目的をもった行動がとれない状態をいいます。

失行によって、目的を持った行動がとれない状態となると、本人が「やりたい」と思っていてもそれを行う事が難しくなります。
本人は着替えたい、道具を使いたい、食べたいと思っていても、どうやってそれをすれば良いのかわからなくなってしまうのです。

認知症になり失行となってしまっても、その人にもプライドなどがあり、人としての尊厳があります。
周囲の人が、失行の症状の出た認知症の人を介護する場合は、「さりげなく教えてあげる」「一緒にやる」「相手の目線に立って物事を考える」といった姿勢や行動が重要になってきます。

スポンサーリンク




 - 認知症 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【認知症】情緒不安定な人への対応
【認知症】情緒不安定な人への対応

周囲から見て認知症の人は感情的な表現が強く見られ、場合によっては対応が難しく感じ …

【認知症】失認への対応 本人の「わからない」に注意してあげよう
【認知症】失認への対応 本人の「わからない」に注意してあげよう

認知症の症状の一つである「失認」は周囲の人にとって「何でそんなことするんだろう」 …

【認知症】認知症の人への対応 わけわからない!を解消しよう
【認知症】認知症の人への対応 わけわからない!を解消しよう

高齢化社会に入り、世間的にも注目されつつある「認知症」 一般的な認知症の症状とし …

【認知症】記憶障害の対応 うまく付き合う行動と考え方
【認知症】記憶障害の対応 うまく付き合う行動と考え方

高齢社会に入り、世間的に認知症の人とかかわる事が多くなってきました。 家族・知り …

【認知症】なぜ感情が不安定になるの?
【認知症】なぜ感情が不安定になるの?

認知症の人は「なぜそんなに怒っているの?」と周囲から見て感じる事が多いです。 さ …

【高齢者】認知症による物忘れと加齢による物忘れの違い
【高齢者】認知症による物忘れと加齢による物忘れの違い

認知症は脳が委縮し働きに障害が出る事で「物忘れ」の症状が出る病気です。 しかし、 …

【認知症】認知症の症状 認知症ってどうなるの?
【認知症】認知症の症状 認知症になるとどうなるの?

介護の仕事をしていたり、家族が高齢期に入ると心配になる「認知症」 認知症という言 …

【認知症】記憶障害とは 思い出せない覚えていられない
【認知症】記憶障害とは 思い出せない覚えていられない

認知症の症状には記憶障害と呼ばれる症状があります。 記憶障害が原因で日常生活に支 …

【認知症】認知症チェックリスト 家族が認知症になっちゃった?
【認知症】認知症チェックリスト 家族が認知症になっちゃった?

最近では何かと話題に上がる「認知症」 ニュースやメディアでも高齢化に伴い、認知症 …

【認知症】失認とは
【認知症】失認とは

認知症の症状には、記憶障害や、見当識障害といった思い出せなくなったり、時間や場所 …