介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

介護予防事業とは 地域支援の事業について

      2015/11/07


65歳以上の高齢者となると地域支援事業の一つである介護予防事業を利用することが出来ます。
介護予防事業は地域支援事業の一つで、介護が必要となる状態を予防する上で重要なサービスを提供しています。

 
介護予防事業を利用したいが、次のような疑問を持っている人も居る事でしょう。

 
そもそも介護予防事業とはなんなのか?
介護予防事業ではどんなことをしているのか?

 
このページでは介護予防事業とは何なのかという事をまとめましたのでチェックしていってください。

 

 
介護予防事業とは 地域支援の事業について
 

 

介護予防事業とは

介護予防事業とは
介護予防事業とは、65歳以上の方を対象に「介護が必要となる状態を予防する事」を目的にした事業です。
介護予防事業には2種類の事業があり、それぞれ対象としている人によって事業の目的や役割が変わってきます。

 
介護予防事業のサービスを利用する場合、基本チェックリストという物を用いて、厚生労働省のガイドラインに基づいたチェックが行われ、普段の生活や心身の状態に関する質問に答える事になります。

 

 

 

 

介護予防事業の種類

介護予防事業の種類
介護予防事業の種類は、対象としている人によって次の事業に大きく分ける事が出来ます。

  • 一次予防事業
  • 二次予防事業

 
一次予防事業は65歳以上の方全員を対象とする介護予防事業となっていて、二次予防事業は65歳以上の方で特に介護が必要になるおそれの高い方向けの介護予防事業となっています。

 
一次予防事業、二次予防事業においても住んでいる地域ごとに内容が異なりますので市町村の窓口や地域包括支援センターへ確認して積極的に利用しましょう。

 

 

 

介護予防事業の一次予防事業について

介護予防事業の一次予防事業について
介護予防事業の一次予防事業は65歳以上の方全員を対象とする介護予防事業となっています。

 
一次予防事業は生活機能の維持や向上に向けた取り組みで、介護予防の基本的な知識を普及(介護予防普及啓発事業)したり、地域への積極的な参加やボランティアなどの育成(地域介護予防活動支援事業)などを支援しています。

 
セミナー形式で介護予防の啓発活動を行ったり、地域住民に対するボランティア活動の推進事業を実施している市町村が多くなっているのです。
 
介護予防事業の一次予防事業は地域によってサービス内容が異なりますが、具体例として次のようなサービスを提供している地域があります。

  • 介護予防に関するパンフレットなどの配布
  • 介護予防教室や相談会の開催
  • 介護予防にかかわる地域ボランティアの育成や支援など

 

 

 

 

介護予防事業の二次予防事業について

介護予防事業の二次予防事業について
介護予防事業の二次予防事業は65歳以上の方で特に介護が必要になるおそれの高い方向けの介護予防事業となっています。

厚生労働省が定める「基本チェックリスト」という質問票を用いた調査などにより、要介護・要支援となる恐れのある高齢者を対象者に、通所介護型介護予防事業・訪問型介護予防事業が実施されます。

 
市町村が必要と認める場合にはケアプランの作成が必要になり、その作成依頼は地域包括支援センターで受け付けています。

二次予防事業は地域包括支援センターと相談して、個別のケアプランを作成してもらい、必要な事業へ参加をしましょう。
介護予防事業の二次予防事業も地域によってサービス内容が異なりますが、具体例として次のようなサービスを提供している地域があります。

  • 栄養改善
  • 運動器、口腔機能向上を図るための教室(運動器機能向上)
  • 閉じこもり予防の通所事業
  • 保健師、栄養士、歯科衛生士による訪問指導や個別相談
  • うつ予防

 

 

 

 

介護予防事業 基本チェックリストについて

介護予防事業 基本チェックリストについて
介護予防事業を運営する各市町村では健康診断や生活機能の状態を確認できる「基本チェックリスト」などを使って、生活機能の低下が疑われ介護が必要になるおそれの高い方を早期に発見し介護予防対策が行えるよう取り組んでいます。

 
基本チェックリストは、厚生労働省のガイドラインにもとづいて25項目の質問が用意されていて、普段の生活や心身の状態に関する質問に答えていく方法です。

 

 

 

 

介護予防事業とは 地域支援の事業について まとめ

介護予防事業とは 地域支援の事業について まとめ
介護予防事業とは、65歳以上の方を対象に「介護が必要となる状態を予防する事」を目的にした事業です。

 
介護予防事業の種類は、対象としている人によって次の事業に大きく分ける事が出来ます。

  • 一次予防事業
  • 二次予防事業

 
一次予防事業、二次予防事業においても住んでいる地域ごとに内容が異なりますので市町村の窓口や地域包括支援センターへ確認して積極的に利用しましょう。

 
介護予防事業の一次予防事業は65歳以上の方全員を対象とする介護予防事業となっています。

 
一次予防事業は生活機能の維持や向上に向けた取り組みで、介護予防の基本的な知識を普及(介護予防普及啓発事業)したり、地域への積極的な参加やボランティアなどの育成(地域介護予防活動支援事業)などを支援しています。

 
介護予防事業の二次予防事業は65歳以上の方で特に介護が必要になるおそれの高い方向けの介護予防事業となっています。

 
厚生労働省が定める「基本チェックリスト」という質問票を用いた調査などにより、要介護・要支援となる恐れのある高齢者を対象者に、通所介護型介護予防事業・訪問型介護予防事業が実施されます。

 
介護予防事業を運営する各市町村では健康診断や生活機能の状態を確認できる「基本チェックリスト」などを使って、生活機能の低下が疑われ介護が必要になるおそれの高い方を早期に発見し介護予防対策が行えるよう取り組んでいます。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 介護保険制度 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

介護給付の地域密着型サービスとは
介護給付の地域密着型サービスとは

介護保険の申請をし、要介護認定が下りると、実際に利用する介護サービスを選ぶ必要が …

老人福祉制度
老人福祉制度とは

現代の高齢者福祉は介護保険制度によって社会的に介護が必要になった高齢者を支えてい …

介護保険の自己負担額
介護保険の自己負担額

介護保険を利用する上で、気になるのは介護サービスを利用する自分、もしくは家族はど …

要介護認定調査とは 介護保険を利用する前に
要介護認定調査とは 介護保険を利用する前に

介護保険を利用するには、介護保険にさだめられる手続きをし、介護保険の利用を正しく …

介護保険の給付対象者について 介護保険を利用する為に
介護保険の給付対象者について 介護保険を利用する為に

介護保険では必要に応じて、保険給付を受ける事が出来ます。 保険給付とは保険者が被 …

措置制度
措置制度とは

現代の日本では介護保険制度など、高齢者介護の要となる制度があります。 介護保険制 …

要介護認定調査で何を調査されるのか?
要介護認定調査で何を調査されるのか?

介護保険を利用するにあたっては市役所などを通じて、市町村に対して介護保険の利用を …

要介護認定の一次判定とは
要介護認定の一次判定とは

介護保険を利用するには、介護保険の利用を申請し、要介護認定調査を受ける必要があり …

介護保険における市町村の役割 介護保険をよく知るために
介護保険における市町村の役割 介護保険をよく知るために

介護保険は現在の日本の介護を行っていく上で中心となる保険です。   介 …

介護保険とは
介護保険とは

現代の日本の介護を支える制度には介護保険制度があります。 介護保険制度は平成12 …