介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

介護予防・日常生活支援総合事業とは 地域支援の事業について

      2015/11/07


地域支援事業は市町村によって運営される介護保険に縛られない形で介護サービスの提供を実現するための事業です。
地域支援事業に平成27年4月から介護予防・日常生活支援総合事業と呼ばれる事業が追加される事となりました。

 
地域支援事業に介護予防・日常生活支援総合事業が追加される事によって、今まで地域支援事業や介護保険が持っていた大きな課題を解決しようという取り組みがあります。

 
地域支援事業に平成27年4月から追加された介護予防・日常生活支援総合事業とはなんなのでしょうか。
また、介護予防・日常生活支援総合事業とはどんなサービスを提供しているのでしょう。

 
介護予防・日常生活支援総合事業とは何かという事をまとめましたのでチェックしていってください。

 

 
介護予防・日常生活支援総合事業とは 地域支援の事業について
 

 

介護予防・日常生活支援総合事業とは

介護予防・日常生活支援総合事業とは
介護予防・日常生活支援総合事業とは要支援や要介護者のみならず、現在元気な高齢者まで要支援・要介護の状態とならないよう日常生活の自立を支援する事業です。

 
介護予防・日常生活支援総合事業は次のサービス・事業によって構成されています。

  • 介護予防・生活支援サービス
  • 一般介護予防事業

 
介護予防・日常生活支援総合事業は平成27年4月からスタートした地域支援事業を構成する事業の一つで、市町村の判断によって地域ごとの多様なマンパワーや社会資源の活用などを図りながら、介護予防や配食・見守りなどの生活支援サービスなどを総合的に提供する事業となっています。

 
介護予防・生活支援サービスにおいても、一般介護予防事業においても高齢者の介護予防と日常生活の自立を支援する事にかわりはありません。

 
 

 

 

 

介護予防・日常生活支援総合事業の特徴

介護予防・日常生活支援総合事業の特徴
介護予防・日常生活支援総合事業の特徴は要介護認定において要支援と非該当を行き来するような高齢者に切れ目のない整合性のあるサービスを提供できる事や、地域のボランティアによる事業参入が可能になるなど、既存の枠組みにとらわれてないサービスを実現出来ることです。

 
従来の予防給付と介護予防事業を一元化して、そこにさまざまな生活支援サービス(ボランティア組織による支援や営利事業者によるサービス、自発的な介護予防の取り組み、公民館や老人クラブの活動など)もこの事業に組み込んで、一般高齢者・二次予防事業対象者・要支援者を連続的、一体的に支援する事を可能にした点です。

 
支援を実施する際はケアマネジメントによりサービスを計画化して提供する事も規定されています。

 
なお、この介護予防・日常生活支援総合事業を実施する市町村は、介護予防事業は実施せず、介護予防・日常生活支援総合事業に組み入れられる仕組みになります。

 

 

 

 

介護予防・日常生活支援総合事業の介護予防・生活支援サービス事業

介護予防・日常生活支援総合事業の介護予防・生活支援サービス事業
介護予防・日常生活支援サービス事業の介護予防・生活支援サービス事業は、訪問・通所サービス等を通じて、日常生活上の支援や機能訓練などのサービスを提供する事業です。

 
介護予防・生活支援サービス事業の利用対象者は要介護認定によって、要支援1・2の認定を受けた人が対象となります。
介護予防・生活支援サービス事業の提供するサービスは次のようなサービスがあります。

  • 訪問型サービス
  • 通所型サービス
  • 生活支援型サービス
  • 介護予防ケアマネジメント

 

 

 

 

介護予防・日常生活支援総合事業の一般介護予防事業

介護予防・日常生活支援総合事業の一般介護予防事業
介護予防・日常生活支援総合事業の一般介護予防事業は介護が必要な人の把握や、介護予防を行う事の高齢者への働きかけ(普及・啓発)や介護予防において必要となる助言を通して、介護を予防していこうとする事業です。

一般介護予防事業の利用対象者は65歳以上のすべての高齢者とその支援の為の活動に関わる家族や支援者等です。

一般介護予防事業が展開する事業には次のような事業があります。

  • 介護予防把握事業
  • 介護予防普及啓発事業
  • 地域介護予防活動支援事業
  • 地域リハビリテーション活動支援事業

 

 

 

 

介護予防・日常生活支援総合事業とは 地域支援の事業について まとめ

介護予防・日常生活支援総合事業とは 地域支援の事業について まとめ
介護予防・日常生活支援総合事業とは要支援や要介護者のみならず、現在元気な高齢者まで要支援・要介護の状態とならないよう日常生活の自立を支援する事業です。

 
介護予防・日常生活支援総合事業は次のサービス・事業によって構成されています。

  • 介護予防・生活支援サービス
  • 一般介護予防事業

 
介護予防・日常生活支援総合事業の特徴は要介護認定において要支援と非該当を行き来するような高齢者に切れ目のない整合性のあるサービスを提供できる事や、地域のボランティアによる事業参入が可能になるなど、既存の枠組みにとらわれてないサービスを実現出来ることです。

 
介護予防・日常生活支援サービス事業の介護予防・生活支援サービス事業は、訪問・通所サービス等を通じて、日常生活上の支援や機能訓練などのサービスを提供する事業です。

 
介護予防・生活支援サービス事業の利用対象者は要介護認定によって、要支援1・2の認定を受けた人が対象となります。

 
介護予防・日常生活支援総合事業の一般介護予防事業は介護が必要な人の把握や、介護予防を行う事の高齢者への働きかけ(普及・啓発)や介護予防において必要となる助言を通して、介護を予防していこうとする事業です。

 
一般介護予防事業の利用対象者は65歳以上のすべての高齢者とその支援の為の活動に関わる家族や支援者等です。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 介護保険制度 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

介護保険 給付を受けるまでの流れ
介護保険 給付を受けるまでの流れ

もし、自分や周りの人が介護が必要になったり、介護が必要になる可能性があって予防し …

介護保険制度の理念
介護保険制度の理念

介護保険制度は現代の日本の介護を社会全体で行っていくうえで中心となる制度です。 …

介護保険制度における国民健康保険団体連合会(国保連)の役割
介護保険制度における国民健康保険団体連合会(国保連)の役割

介護保険制度は、主に国・都道府県・市町村によって運営されています。 しかし、介護 …

措置制度
措置制度とは

現代の日本では介護保険制度など、高齢者介護の要となる制度があります。 介護保険制 …

介護給付とは
介護給付とは

介護保険制度における給付は大きく分けると介護給付と予防給付の二つに分ける事が出来 …

要介護認定調査とは 介護保険を利用する前に
要介護認定調査とは 介護保険を利用する前に

介護保険を利用するには、介護保険にさだめられる手続きをし、介護保険の利用を正しく …

要支援とは 要介護認定調査の結果について
要支援とは 要介護認定調査の結果について

介護保険を利用する上では、介護保険を申請し、要介護認定調査を受ける必要があります …

予防給付の地域密着型介護予防サービスとは
予防給付の地域密着型介護予防サービスとは

介護保険の申請をし、要介護認定が下りると、実際に利用する介護サービスを選ぶ必要が …

市町村特別給付とは
市町村特別給付とは

介護保険制度における大きな給付の種類には介護給付と予防給付があります。 また、介 …

要介護認定調査で何を調査されるのか?
要介護認定調査で何を調査されるのか?

介護保険を利用するにあたっては市役所などを通じて、市町村に対して介護保険の利用を …