介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

介護の基本 行動の結果が自信につながる

      2015/11/07


介護では介護を必要とする要介護者の行動を支援する事が多くなります。
介護職員として要介護者の行動を支援する事もあれば、高齢者介護では親子介護などで親の行動を支援する事もあるでしょう。

 
高齢者、または障害者の方は自分の行動に自信を持っていない事が多くあります。
介護者として、行動を支援する場合は、要介護者が自身を持って行動できるようアプローチしていく事が望ましいでしょう。

 
また、要介護者の自立を支援していく事で、要介護者は自分の行動に自信を持って行動できるようになる事も多くあるのです。
介護の基本として、行動の結果が自信につながっている事について言及していきたいと思います。

 

 
介護の基本 行動の結果が自信につながる
 

 

介護の基本として要介護者は何がしたいかを知ろう

介護の基本として要介護者は何がしたいかを知ろう
人は行動を起こす時、何かしらの目的をもっています。
その目的は本人が持つ欲求(欲しいものややりたい事)によって生まれる事でしょう。
また、行動そのものを起こすには本人の積極性、つまり意欲が高い状態である事がポイントとなります。

 
要介護者が起こす行動の原理、つまりは「何を期待して行動を起こしたい、もしくは起こそうとしているか」という事を知る事が介護者が、要介護者の行動を支援していくうえでは重要となると言えるでしょう。

 
中には相手のしたい行動を理解する事も難しい事があります。
認知症で脳の機能が低下してしまった人は、時折不思議な行動をとる物です。

 
不思議な行動であったとしても、本人は何かしらの欲求を持って行動を起こしているはずですので、相手の行動、言動をよく注意して見て、聴く事が要介護者が何をしたいかを知るポイントとなってきます。

 
要介護者に自信を持って行動してもらう事を支援していく上では、まず要介護者の根本を知る事が重要なのですね。

 

 

 

 

期待通りに行動できたとき、人は自信を持つ

期待通りに行動できたとき、人は自信を持つ
人は「期待通り」の結果を出すと「新たな行動」や「習慣」を築き上げていくことが出来ます。
「一回できたんだから二回目もできる」それは私たち誰しもが感じたことがあるはずです。

つまり、成功体験が多ければ多いほどば自信を持って行動する事が出来るようになるという事です。

 
日常生活の中で、成功体験と同じような行動を必要とする場面や、成功体験を応用する事で乗り越えられるような場面に遭遇した場合、恐れることなく行動する事が出来ます。

今まで体験したことがないない様であっても、成功体験の積み重ねによって新たな体験に恐れることなく進んでいけるのです。
また、要介護者が成功体験を積み重ね、一つ一つの事に「自信」がもてるようになると、他の事にも挑戦がしたいという積極的な思いを持つこともあります。

期待通りに行動する事が出来、自身がついてくると要介護者本人の気持ちが前向きになり、意欲が活性化されるのです。

 

要介護者が少しずつ今までできなかった事が出来るようになったり、向上して行こうとする姿は、介護者にとっても大きな励みとなり、大きな自信を持つことが出来、良い流れを作る事が出来るのです

 

 

 

 

自信喪失は活力の喪失

自信喪失は活力の喪失
日常生活を送る上では、常に成功体験とはいかないでしょう。
失敗をする事だってあります。

 
高齢者であれば今までできていたはずの事が身体機能の低下によって出来なくなってしまったり、障害者であれば今までやったことのないことに挑戦して失敗する事もあるでしょう。

 
繰り返し繰り返し、できたはずの事が出来なくなって来たり、何度挑戦しても同じような失敗をした時は、やる気が無くなったり、積極的な行動をとる事が出来なる可能性があり、要介護者の意欲を低下させる可能性もあります。

 
行動に対する意欲が低下すると、何もかも出来ない、高い壁を見ているような感覚になってしまい、次第に行動する気力がなくなってくる事があります。

 
特に高齢の要介護者の場合は「老化」の影響で今まで出来たことが出来なくなってくる・・・といった感覚を覚える事が多く、失敗体験が更に行動する事への積極性がなくなってくるのです。

 

失敗体験が積み重なってしまったり、行動への意欲低下が起こる事で自信喪失になってしまい、何事に対してもネガティブな発想で、あらゆることに対し意欲が低下した状態になる事もあります。

 
介護者は要介護者の行動を支援する事が介護の基本として必要です。
要介護者が必要な時は的確なアドバイスを行ったり、場合によっては手を貸して、段階的にできるように要介護者を導いていく必要があるのです。

 
要介護者は最初は一人で出来ないかもしれませんが、手を貸す事によって小さな成功体験を積み重ね、最終的に大きな成功体験を掴み取るのです。
幼いころにやった自転車の練習に似ているかもしれませんね。親に支えてもらったり、補助輪を使う事で自転車を乗るに慣れて、最終的に何の支えもなしに自転車を乗れるようなイメージです。

 

 

 

 

自信喪失した要介護者には必ず正しいケアを行うこと

自信喪失した要介護者には必ず正しいケアを行うこと
介護の基本として要介護者の行動を支援する必要がある事は、何度も申し上げています。
行動を行う上では失敗体験を積み重ねてしまい、自信喪失の状態に陥り、何事にもネガティブで消極的になっている事があります。

 
自信喪失状態の要介護者を放置すると、要介護者は行動をする事を恐れ、行動そのものをしなくなり、最終的に「廃用症候群」と呼ばれる精神活動、身体活動が著しく低下した状態になる事があります。

 
また、大きなストレスがかかる事から、高齢者であれば認知症が急速に進行する事もあるので要介護者の観察を日常的に行う事が重要です。

 
自信を喪失した要介護者をケアする場合、傍にいてその人のしたかった事や、欲しかったものを聞き、どんな失敗をしたのかを聴いてみましょう。
失敗した時どんな気持ちだったのかという事も聞き、最終的には「一緒に目指していこう」という事を要介護者に伝えてみましょう。

 
最初から要介護者に一緒に目指すという話が受け入れられる事もあれば、受け入れられない事もあるでしょう。
しかし、介護者は要介護者に対し「一緒に目指していこう」と言葉をかけておく事で、要介護者の「またやってみようかな」と思った時の心の支えになる事が出来ます。

 

これが、要介護者にとっても介護者にとっても絆となり、「あなたが自信を持てば、その人も自信を持つ」こんな関係を築いていく事が出来るはずです。

 

 

 

 

介護の基本 行動の結果が自信につながる まとめ

介護の基本 行動の結果が自信につながる まとめ
人は行動を起こすとき、期待する結果や欲しいものがあります。

要介護者が自分の思った通りに物事が運べば、本人の自信につながり、他の行動を起こす意欲につながります。
成功体験によって更に新たな事に挑戦するという良い流れを生むことも期待できます。

逆に、失敗体験が積み重なってしまった場合は、自信喪失につながり、積極的な行動がとれなくなり、意欲の低下どころか、廃用症候群や認知症まで進行させてしまう事があります。

 
介護者は要介護者の行動を支援していくのと同時に、要介護者が自信を持つことが出来るよう心も体も支援していく必要があるでしょう。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 人間, 介護 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

東田直樹さん 自閉症のご家族の方へ
東田直樹さん 自閉症の方のご家族・お知り合いの方へ

自閉症の子供、兄弟の人は自閉症をもって生まれてきた人の事を理解できず、苦しんでい …

自立支援 動機や欲求・意欲について知ろう
自立支援 動機や欲求・意欲について知ろう

自立支援をしていく上では、介護者はどのように支援していく事が望ましいのでしょうか …

介護のタブー 自立と依存で判断してはいけない
介護のタブー 自立と依存で判断してはいけない

介護は介護職員としてはたらく上でも、身内や知り合いを介護する上でもタブーとされて …

チーム
多職種連携とチームケアについて 介護職の役割

介護職は介護保険制度をきっかけに業務範囲が大きく拡大しました。 今後も介護職はよ …

人間を理解する事が介護のポイントの一つ
人間を理解する事が介護のポイントの一つ

介護をしていると親であっても、他の人であっても この人はどうしてこんなことをする …

高齢者の虐待はなぜ起こるのか? 介護から見える社会の闇
高齢者の虐待はなぜ起こるのか? 介護から見える社会の闇

日本は団塊の世代が高齢者となり、現在も多くの高齢者が居ますが、今後より多くの高齢 …

身体拘束禁止
身体拘束禁止について 具体的に禁止されている内容

身体拘束は、命に関わる事件に発展するなど身体拘束に対して厳しい目があります。 介 …

介護のコツ 人を支える介護だからこその注意点
介護のコツ 人を支える介護だからこその注意点

介護の仕事をしている人、さまざまな事情から親や知人の介護をしている人など、介護に …

人との接し方 人間関係のプロである介護職
人との接し方 人間関係のプロである介護職

人間が生活をしていくうえで、必ず人と接しますよね。 誰とも接することなく生きてい …

ちょっと待った
介護のスピーチロック 利用者も介護職も拘束される介護

介護の現場では身体拘束のみならず、言葉による拘束も現在では問題視されるようになっ …