介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

介護の基本 利用者優先であるという事

      2015/11/07


介護の仕事をしていく上では、介護は利用者優先で考える事が第一です。
介護は人の体や心を使った人と人のつながりの仕事です。

 
介護者と介護サービスの利用者は対等な関係で日常を送っていく事が、介護の負担を軽減させ本人の満足度を上げる上では重要です。
対等な関係とは言いつつも、介護職員として仕事をする上ではやはり利用者優先の介護を進める事が重要なのです。

 
介護の基本として利用者本位か、職員本位かという事について言及していきたいと思います。

 

 
介護の基本 利用者優先であるという事
 

 

介護者と利用者が対等な関係になる事が介護のポイント

介護者と利用者が対等な関係になる事が介護のポイント
介護者と介護サービスの利用者は対等な関係になる事が介護の基本として一番のポイントとなります。
介護技術の高さももちろん重要なのですが、介護者と利用者が対等な関係になる事が、介護負担を軽減し、本人の満足度や幸福感を高める上で重要なのです。
 

人は求める物や、したいことがあるとき、行動を起こします。
行為や行動というのは、欲求や動機があり、意欲的な姿勢によってそれを手に入れよう活動を開始する事です。
自立支援 動機や欲求・意欲について知ろう」で人間の行動についての欲求や動機、意欲について解説しているので参考にしてください。

 
これらの大原則は介護者、もとい介護職員であっても、介護サービスを利用する利用者であっても変わりはありません。

 
しかし、介護者はさまざまな場面で利用者の行動を支える為、利用者に意欲的、かつ自信を持って行動してもらう事も支援する必要があるのです。
利用者に自信を持って行動してもらう、根本的な考え方には「介護の基本 行動の結果が自信につながる」が参考になります。

 
介護者、もとい介護職員というのは利用者や、利用者の家族にとって特殊な立ち位置に居ます。
介護者と利用者、そして利用者の家族と対等の関係になる事で、スムーズなコミュニケーションを可能にし、利用者本人の意欲、もしくは意欲を引き出すきっかけを知るきっかけを作る事を可能にします。

介護者が、日々の仕事の忙しさからする利用者へのコミュニケーションからは対等な関係を築き上げる事は難しいでしょう。
しかし、利用者本位の姿勢で介護者が利用者と日々のコミュニケーションや援助を行うと、利用者と対等の関係を築く事が出来るでしょう。

 

 

 

 

介護の成功は援助の姿勢からやってくる

介護の成功は援助の姿勢からやってくる
介護の基本として、介護の成功は援助の姿勢からやってくるという事を忘れてはいけません。
そもそも、介護の成功・失敗について定義するとすれば、利用者が満足するか、満足しなかったかという事にかかってくるでしょう。

 
介護は言ってしまえば、利用者が介護サービスの利用を打ち切るまで続きます。
または、介護を利用する方が亡くなった事でサービス利用の終わりを迎えるのです。

 
利用者に対して、何が出来たかという事はもちろん大切ですが、利用者本位の考えでは利用者は満足した生活を送る事ができていたか?という視点が大事です。

 
介護の仕事では利用者の満足度をあげるには、介護の大原則である「援助」の姿勢をいかに介護者である介護職員がとる事が出来たかが大きなポイントとなります。
介護をする人にとって「援助」の姿勢というのは基本的な行動の原理です。

 
援助の姿勢をとる上で、日々の忙しさにとらわれてしまう事もありますが、あくまで介護はサービスの利用者を援助していく事が一番の目的である事を考えていく必要があるのです。
介護職員が自分本位の介護をするのではなく、利用者である相手本位で考える事が特に重要なのです。

 

 

 

 

自分本位な介護について

自分本位な介護について
介護職員の行いがちな自分本位の介護について見ていきましょう。
自分本位の介護とは、介護サービスの利用者の事を第一に考えるのではなく、自分の仕事をいかに終わらせるか?という事に目線を置いた介護とここでは定義しておきます。

 
また、介護をする人がやりがちな自分本位な介護の根本に、無意識に利用者に対して上から目線になっていないか?という事をチェックする事も重要でしょう。

 

高齢者の方でも障害をお持ちの方に対してでも「体の機能的に動作が可能か?困難か?」という相手を評価した結果に頼った介護というのは、一見利用者を考えた行動に見えますが、利用者本位で無いことが数多くあります。

 
介護施設の中には、何かをするのに時間が決まっている所が多くあります。
例えば食事の時間や、入浴の時間等です。

 
施設内での集団生活や、設備の関係上、致し方ないと思う事もありますが、これがネックとなり利用者本位の介護ではなく、職員の自分本位の介護になってしまう事があるのです。

 
ある足の不自由な介護施設利用者が居たとしましょう。
利用者は足が不自由でありながらも、日々の生活をリハビリもかねて歩いて行動したいと考えています。
しかし、職員が「食事が間に合わないから」「入浴が出来ないから」と言って車椅子で移動の介助をしたとしたら本人の思いを尊重する事が出来ていないと言えますね。

 
介護施設が持つシステム上、職員の行動は自然と利用者本位ではなく、職員本位になりがちになってしまう事がありますが。
常にチームで利用者が本当に満足する行動なのか?という事を問い、話し合っていく必要があるでしょう。
一人一人の職員がワンマンプレーでは不可能な事でも、チームケアを心がけてチームとして利用者を支えていく姿勢を持つことが重要です。

 

 

 

 

自分本位な介護が虐待に繋がる事も

自分本位な介護が虐待に繋がる事も
自分本位な介護の最たる形は、過激な言い方ですが、虐待ととられてもおかしくない行動になります。

 
自分本位な介護は利用者を見えるままに評価した結果であり、相手の気持ちや思いに目を向ける必要がないという点では、とても業務的な介護と言えます。
介護職員にとって、楽な介護のように見え、日常的に職員の業務的な介護が行われる事が往々にしてあります。

 
日常的な職員の自分本位の業務的な介護がエスカレートすると、利用者への「押しつけ」が出てしまう事も懸念されます。

 

「次の人の食事介助できないでしょ!早く食べてよ!」

 
食事を摂るかどうか、食事のペースをどうするかどうかは人間が持つ権利の一つです。
しかし、職員の自分本位の業務的な介護の果てに、先に述べたような言葉を発する人も居ます。

 
こうなると、身体的な暴力ではなく、利用者としては精神的な苦痛が続く事となり、精神的暴力を受けたことと同等の傷を負う事となります。
もちろん、日本の虐待の定義に心理的虐待という物のあるので、このような状態が継続して続いたとしたら、虐待をしていると言われても否定は出来ないのです。

 
もう一つに、介護をせずに放置する事も虐待に繋がります。
放置によって、本来介護すべき相手を介護しなかった場合、ネグレクトとみなされる事もあります。

 
そもそも、利用者の日常生活が、自由な時間ではなく時間で区切られた時間であるという事、そのものに介護の矛盾点がありますが、あまりに行き過ぎた介護職員の自分本位な介護の果てには虐待が待っている事も可能性として考え、自制していく必要があるのではないでしょうか。

 
これは利用者を守る必要があるのと同時に、介護職員自身が社会生活を健全に送っていくうえでも必要不可欠なのです。

 

 

 

 

介護の基本 対等な関係を築きお互いの信頼を深めていこう

介護の基本 対等な関係を築きお互いの信頼を深めていこう
介護の基本として、対等な関係を築く事が出来たら今度は、お互いの信頼を深めていく事が重要です。
お互いの信頼を深めるキーパーソンは、もちろん介護者である介護職員からのアプローチが必要になるのです。

 
対等な関係を築き、お互いの信頼を深める上では介護サービス利用者の意欲を高めるための支援や援助がポイントとなります。
介護サービス利用者の意欲を高めるための支援には「利用者が何を必要としているのか」「利用者が何をしたいと思っているのか」という事に目を向けていく必要があります。

 
介護サービス利用者の意欲を高め、利用者と介護職員の間で、欲しいものを手に入れるには、やりたいことをするにはどうすれば良いのか?という事を考え、コミュニケーションをとっていくことが重要です。

 

介護サービスの利用者の中には、失語症やパーキンソン症候群の影響で言語でのコミュニケーションが取り辛い方もいます。

 

コミュニケーションをとる事が難しい相手に対しても聞いているかどうかに限らず「了承」を得る事が重要です。
耳元でこれから何をするか話すだけでいいのです、それだけで表情、もしくはジェスチャーでコミュニケーションが取れたりする事もあります。

 
要するに「話」をして、相手の表情や雰囲気を洞察する事で相手を知った上で介護する事が、利用者本位な介護となっていきます。

 

 

 

 

何人も利用者が居るのに利用者本位になるにはどうした良いのか?

何人も利用者が居るのに利用者本位になるにはどうした良いのか?
一対一の介護であれば利用者本位で介護していく事も可能かもしれません。
しかし、利用者本位で介護をする事を難しくする要因がある事も事実です。

 
利用者本位で介護をする事を難しくする原因の一つに、一人で何人もの利用者を見る必要があるという事です。
利用者の中には、意識障害を持っている人で目を離すと危険な人や、全身マヒで体が動かす事が出来ないので、介護時間が長くなる人も居るでしょう。

 
認知症の影響で、自分でも何が何だかわからず感情が爆発してしまい不穏になる利用者もいます。

 
何人もの利用者が居る上で、一人一人に対して利用者本位の仕事をするにはどうしたら良いのでしょうか?
介護者の基本的な姿勢として援助の姿勢を貫く上では、介護者である介護職員は利用者全体の調整役も担う必要もあるでしょう。
 
利用者全体の調整役というのは、利用者の了承のもと、優先順位をつけて利用者のケアに順当にあたっていくという事です。
介護職員は神にはなれません、体は一つです。

 
そのことを、利用者とのコミュニケーションのなかで理解してもらい、少し待ってもらえるようにお願いをします。
認知症ですぐ忘れてしまう人でも、覚えている少しの間は理解してもらえるので、何度でも対応します。

 
また、緊急性が高いケアがあった場合は、緊急性の高いケアを優先する事も忘れてはいけません。
特に命の危険があるような状況に陥った場合は、利用者の命を優先すべきです。

 
緊急性が低いようなケアをする場合や、利用者の要望のタイミングが重なった場合は、順番を決めましょう。
順番を決めたら、後で対応する利用者に対しては少し待ってもらえるようにお願いをします。

 
どうしても、手が回らなそうな場合は他職員とコミュニケーションをとり、手を貸してもらう事ももちろんチームケアの上では重要です。
日常的に上がる要望であれば、チームで会を持って議題に上げ、ケアの方法について検討していく必要もあるでしょう。

 
一人でもできる事は多くありますが、チームになれば何倍もできる事が多くなるのです。
利用者本位のケアを実現する上でも、チームで利用者のケアにあたる事を忘れてはならないでしょう。

 

 

 

 

介護の基本 利用者優先であるという事 まとめ

介護の基本 利用者優先であるという事 まとめ
介護の基本としては、介護者と介護サービスの利用者が対等な関係になる事がベストです。
介護者と介護サービスの利用者の関係が対等になる事によって、利用者の活動や行動の意欲を作り上げていく事が可能となります。
また、信頼関係の中から起こす行動で、利用者が自信を持って行動する事が出来れば、介護者もとい介護職員の介護負担も軽減されます。

 
介護の成功は利用者本位の考えで、利用者は介護職員が提供したサービスに満足したかどうか?という視点が重要となってきます。
利用者が満足するサービスを介護職員として提供していく上では、利用者を援助していく姿勢が特に重要です。

 
逆に介護職員が業務的な自分本位な介護を利用者に行った場合は、サービス利用者の満足度が低下するとともに、意欲の低下を招く事もあります。
また、自分本位で業務的な介護を介護職員が続ける事によって、利用者を虐待しているととらえられる事も無きにしもあらずなので、自分の行動や考え方に誤りが無いか確認する必要があるでしょう。

 
一人では不可能な事でもチームで話し合い、取り組むことで十分に乗り越えられる事は多くあります。
一人で抱え込まず、チームで相談して利用者のケアにあたる事が重要です。

 
介護職員と介護サービスの利用者の間で、対等な関係を築く事ができたら、今度は信頼関係を深めていきましょう。
信頼を深めていく上では介護サービス利用者とのコミュニケーションのなかで、利用者が何を求めているか、何をしたいのかを知る必要があります。
利用者の事を理解したうえで行う介護は利用者本位の介護となってきます。

 
利用者本位の介護を行う事を難しくさせる要因として、一人で何人もの利用者を見なければならない事が挙げられます。
介護職員は利用者全体の調整役を担っている事も介護の基本として挙げられる為、コミュニケーションをとり、一人ひとり対応する事を理解してもらいます。
一人で悩まず、チームでケアにあたる事が一番重要なので、チームで話し合い、効果的に利用者本位の介護をしていきましょう。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 介護 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

介護の本音 介護が必要な人は何を思うのか
介護の本音 介護が必要な人は何を思うのか

介護の本音では、介護をする人や介護職員の本音が注目を集めていますよね。 同様に介 …

人との接し方 人間関係のプロである介護職
人との接し方 人間関係のプロである介護職

人間が生活をしていくうえで、必ず人と接しますよね。 誰とも接することなく生きてい …

介護の基本 自立支援の難しいところと解決策
介護の基本 自立支援の難しいところと解決策

自立支援は現代の日本における介護の基本です。 日本は超高齢社会に突入し、超高齢社 …

自立支援 動機や欲求・意欲について知ろう
自立支援 動機や欲求・意欲について知ろう

自立支援をしていく上では、介護者はどのように支援していく事が望ましいのでしょうか …

介護の仕事のミス 人の心を見落とした介護の危険性
介護の仕事のミス 人の心を見落とした介護の危険性

介護職員として働いていると多少なりともミスを起こしてしまう事もあるでしょう。 介 …

チーム
多職種連携とチームケアについて 介護職の役割

介護職は介護保険制度をきっかけに業務範囲が大きく拡大しました。 今後も介護職はよ …

特養ユニットケアについて 従来の介護と新しい介護
特養ユニットケアについて 従来の介護と新しい介護

特養は特別養護老人ホームの略語です。 特別養護老人ホームである特養という言葉を聞 …

高齢者の虐待はなぜ起こるのか? 介護から見える社会の闇
高齢者の虐待はなぜ起こるのか? 介護から見える社会の闇

日本は団塊の世代が高齢者となり、現在も多くの高齢者が居ますが、今後より多くの高齢 …

介護のタブー 自立と依存で判断してはいけない
介護のタブー 自立と依存で判断してはいけない

介護は介護職員としてはたらく上でも、身内や知り合いを介護する上でもタブーとされて …

傾聴力は介護力 介護職員の最強の武器
傾聴力は介護力 介護職員の最強の武器

介護職員として働いていると傾聴が大事!という事を言われる人も多い事でしょう。 介 …