介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

介護保険制度の背景 要介護人口の増加について

      2015/11/07


日本には介護保険制度という制度があり、介護保険制度がある事によって日本の介護が支えられています。

 
介護保険制度は介護を必要とする人を社会全体で支えようという制度であり、介護を必要とする状態になったとしても人間として当たり前の生活を実現する上で重要な制度となります。

 
では、そもそもなぜ日本では介護保険制度が必要となったのでしょうか?
介護保険制度とは何か?ということや介護保険制度が設立された背景についてまとめていますのでチェックしていってください。

 

 
介護保険制度の背景 要介護人口の増加について

 

 

介護保険制度とは

介護保険制度とは
介護保険制度とは介護を必要とする人を社会全体で支える目的でつくられた制度です。
介護保険制度が持つ理念としては介護を必要とする状態となってもできる限り自立した日常生活を営み、人間としての尊厳を全うできるようにする事です。

 
介護保険制度の財源は介護保険制度で徴収される事となる介護保険料と税金なります。

 
介護サービスを利用する場合の費用の負担は、介護サービスを利用する被保険者からの保険料が半分、税金(国25%、県・市区町村が各12.5%)で半分となります。

 
介護保険料は市区町村によって徴収されます。
介護保険料は市区町村内の被保険者の人数やサービス利用状況をみて保険料を定めています。

介護保険制度の申請から認定は市区町村によって行われ、介護保険のサービスを利用する場合は市区町村に申請します。
市区町村の窓口に行って、介護保険被保険者証申請書を提出します。

 
介護保険制度の申請については、利用者自身で行うことのほか、次に紹介する人に代行してもらう事もできます。

  • ケアマネージャー
  • かかりつけ医
  • 介護保険事業者

 
要介護認定がおりて、介護保険を利用する事が出来るようになったら、次は必要とするサービスを選ぶ事になります。

 
要介護認定によって判断された区分が「要支援」と認定された方は居宅サービスのみを、「要介護」と認定された方は居宅サービスと施設サービスを利用できます。

 
介護保険制度とは何か?という事については「介護保険制度とは」で詳しく紹介していますのでチェックしていってください。
 

 

 

 

介護保険制度が出来た背景

介護保険制度が出来た背景
介護保険制度は平成12年(2000年)に制定され、介護が必要になった人を社会で支えていこうという思いが基本になっています。
介護保険制度が出来た背景としては主に次に紹介するような事が日本全体の問題として認識されたためです。

  • 人口の高齢化が進んだ
  • 高齢化に伴い、支援や介護が必要な人が増えた
  • 高齢者の介護は家族だけでは担えなくなってきた

日本の栄養状態や医療の発達などにより、ここ最近で日本の平均寿命が伸び続けています。
また、平均寿命が延びる事により、高齢化に伴いさまざまな疾病に見舞われ、介護が必要となる人が増えてきているのです。

また、日本の家族の在り方や、少子高齢化の影響により、高齢者顔後は家族だけでは現実的に無理が生じる事態となってきたのです。

 
介護保険制度が出来た背景として主に紹介した内容について、更に詳しく紹介して行こうと思います。

 

 

 

介護保険制度が出来た背景 人口の高齢化が進んだ

介護保険制度が出来た背景 人口の高齢化
介護保険制度が出来た背景としては人口の高齢化が進んだことが上げられます。
 
人口の高齢化とは、「全ての人口に占める高齢者の割合(65歳以上の人)が増える事」です。
日本は超高齢社会と言われ、世界トップクラスの水準で高齢者の割合が増加しています。

 
総務省が2013年(平成25年)2月時点で行った調査では高齢化率は24.5%となっており、人口の4人に1人が高齢者というデータが出ています。
また、団塊世代が今後、高齢者となっていく事もあり、日本は今後も高齢者の割合が増加していきます。

 
日本がこれほどまでに高齢化した理由としては、平均寿命が延びた事があげられます。
平均寿命が延びた事に対し、身体が老化した高齢者では健康を維持する事が難しくなってきています。

 
平均寿命に対し、健康的に過ごす事が出来る寿命の事を「健康寿命」と最近では表現されるようになってきました。

 
人口の高齢化にともない、高齢者となっても健康的な生活を送る事が出来る人がいる一方で、医療の力により何とか生きながらえている人が居る実態があります。

 
介護保険制度が出来た背景としては、人口の高齢化が進むことによって介護が必要になる人を社会的に守っていこうという動きがあったのです。

 

 

 

介護保険制度が出来た背景 高齢化に伴い、支援や介護が必要な人が増えた

介護保険制度が出来た背景 高齢化に伴い、支援や介護が必要な人が増えた
人口の高齢化が進むことにより、体の老化の影響などから生活上の支援や介護を必要とする人の割合が増えていきます。
介護保険制度は体の老化の影響などから生活上の支援や介護を必要とする人の尊厳ある暮らしを守るために設立された制度なのです。

 
1996(平成8)年の介護保険制度施行前のデータで高齢者の方を年齢階層別に見たとき、介護が必要な人は次のような割合です。

  • 前期高齢者(65歳以上75歳未満):1.5%~3.5%
  • 後期高齢者(75歳以上):25%以上

 
統計的なデータを見ると、高齢者の方の4人に1人が介護を必要とするとされていました。
今後、団塊の世代が定年を迎え、現役を退いた後、介護を必要とする人の割合は更に増加するとの見解もあります。

 
団塊の世代は人口の比率を見ても、多くの割合を占めており、社会的に高齢者を支える仕組みが必要となったのです。

 
介護保険制度が施行された2000(平成12年)以降のデータを見ると、高齢者人口の18%が介護や支援が必要な人(要介護者・要支援者)というデータが出ています。

 

介護保険制度は高齢化に伴って、身体的なリスクや疾病を抱えた人が増える事にも備えた制度としての役割があるのです。

 

 

 

介護保険制度が出来た背景 高齢者の介護は家族だけでは担えなくなってきた

介護保険制度が出来た背景 高齢者の介護は家族だけでは担えなくなってきた
介護保険制度が出来た背景として、高齢者の介護を家族だけで行う事が出来なくなってきた事も挙げられます。

 
今までの日本では「介護は家族で担うべき」という考え方が主流でしたが、現代の日本の家族のかたちや世帯を考えたとき少子高齢化の影響も受け、家族介護を行う事が難しくなってきた現状があるのです。

 
日本の現代の世帯に住む人の平均人数をみると2.5人というデータがあります。
高齢者の方を対象として見たときは、高齢者だけで暮らす世帯の割合は、全体の50%程と言われています。

 
つまり、「家族の人数が減り、高齢者のみの世帯が増えた事で家族介護が担えなってきた」というのが、高齢化社会となった日本が抱える介護問題なのです。

 
介護保険制度は日本人の平均寿命が延びた事で介護を必要とする期間が長期化している事や、高齢者のみの世帯が増える事で「老々介護」が増加している事、家族介護でも介護を担うのは女性が多い事での女性問題に対処する手段としての役割を持っているのです。

 

 

 

 

介護保険制度の背景 要介護人口の増加について まとめ

介護保険制度の背景 要介護人口の増加について まとめ
介護保険制度とは介護を必要とする人を社会全体で支える目的でつくられた制度です。
介護保険制度が持つ理念としては介護を必要とする状態となってもできる限り自立した日常生活を営み、人間としての尊厳を全うできるようにする事です。

 
介護保険制度は平成12年(2000年)に制定され、介護が必要になった人を社会で支えていこうという思いが基本になっています。
介護保険制度が出来た背景としては主に次に紹介するような事が日本全体の問題として認識されたためです。

  • 人口の高齢化が進んだ
  • 高齢化に伴い、支援や介護が必要な人が増えた
  • 高齢者の介護は家族だけでは担えなくなってきた

 
介護保険制度が出来た背景としては人口の高齢化が進んだことが上げられます。
 
人口の高齢化とは、「全ての人口に占める高齢者の割合(65歳以上の人)が増える事」です。
日本は超高齢社会と言われ、世界トップクラスの水準で高齢者の割合が増加しています。

 
人口の高齢化にともない、高齢者となっても健康的な生活を送る事が出来る人がいる一方で、医療の力により何とか生きながらえている人が居る実態があります。

 
介護保険制度が出来た背景としては、人口の高齢化が進むことによって介護が必要になる人を社会的に守っていこうという動きがあったのです。

 
人口の高齢化が進むことにより、体の老化の影響などから生活上の支援や介護を必要とする人の割合が増えていきます。
介護保険制度は体の老化の影響などから生活上の支援や介護を必要とする人の尊厳ある暮らしを守るために設立された制度なのです。

 
介護保険制度は高齢化に伴って、身体的なリスクや疾病を抱えた人が増える事にも備えた制度としての役割があるのです。

 
介護保険制度が出来た背景として、高齢者の介護を家族だけで行う事が出来なくなってきた事も挙げられます。

 
今までの日本では「介護は家族で担うべき」という考え方が主流でしたが、現代の日本の家族のかたちや世帯を考えたとき少子高齢化の影響も受け、家族介護を行う事が難しくなってきた現状があるのです。

 
介護保険制度は日本人の平均寿命が延びた事で介護を必要とする期間が長期化している事や、高齢者のみの世帯が増える事で「老々介護」が増加している事、家族介護でも介護を担うのは女性が多い事での女性問題に対処する手段としての役割を持っているのです。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 介護保険制度 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

要介護認定の一次判定とは
要介護認定の一次判定とは

介護保険を利用するには、介護保険の利用を申請し、要介護認定調査を受ける必要があり …

任意事業とは 地域支援の事業について
任意事業とは 地域支援の事業について

65歳以上の高齢者となると地域支援事業の一つである任意事業を利用することが出来ま …

老人福祉制度
老人福祉制度とは

現代の高齢者福祉は介護保険制度によって社会的に介護が必要になった高齢者を支えてい …

介護保険における国・都道府県・市町村の役割
介護保険における国・都道府県・市町村の役割

介護保険は現代の日本における介護を担っていく上で中心となる保険です。 介護保険は …

介護保険制度における国民健康保険団体連合会(国保連)の役割
介護保険制度における国民健康保険団体連合会(国保連)の役割

介護保険制度は、主に国・都道府県・市町村によって運営されています。 しかし、介護 …

介護保険制度とは
介護保険制度とは

日本は高齢化社会を迎えたことによって介護を必要とする人の人口が増加を続けています …

市町村特別給付とは
市町村特別給付とは

介護保険制度における大きな給付の種類には介護給付と予防給付があります。 また、介 …

要介護認定調査とは 介護保険を利用する前に
要介護認定調査とは 介護保険を利用する前に

介護保険を利用するには、介護保険にさだめられる手続きをし、介護保険の利用を正しく …

介護保険の給付対象者について 介護保険を利用する為に
介護保険の給付対象者について 介護保険を利用する為に

介護保険では必要に応じて、保険給付を受ける事が出来ます。 保険給付とは保険者が被 …

介護保険における都道府県の役割 介護保険をよく知るために
介護保険における都道府県の役割 介護保険をよく知るために

介護保険は現在の日本の介護を行っていく上で中心となる保険です。   介 …