介護の精神と社会

介護という人々を支える仕事について精神面や法制度などを交え 解説しています。

任意事業とは 地域支援の事業について

      2015/11/07


65歳以上の高齢者となると地域支援事業の一つである任意事業を利用することが出来ます。
任意事業は地域支援事業の一つで、地域で介護を行っていくうえで、必要なサービスを市町村が任意に実施する事業です。

 
任意事業を利用したいが、次のような疑問を持っている人も居る事でしょう。

 
そもそも任意事業とはなんなのか?
任意事業ではどんなことをしているのか?

 
このページでは任意事業とは何なのかという事をまとめましたのでチェックしていってください。

 

 
任意事業とは 地域支援の事業について
 

 

任意事業とは

任意事業とは
任意事業とは、地域支援事業の事業の一つで、介護保険の被保険者、介護者、その他それぞれの事業として市町村が認めるものを対象に、地域の実情に応じて、市町村の判断で任意に実施できる事業のことです。

 
任意事業は地域の実情に応じて市町村独自の発想・形態で企画・実施される事業です。

 
例としては、介護給付など費用適正化事業としてケアプランのチェックを市町村が行って費用の効率化を図ったり、家族介護支援事業として介護者(家族)の支援策を講じたりします。

 

 

 

 

任意事業として認められる事業

任意事業として認められる事業
任意事業は介護保険法によって次の事業を任意事業として定め、認めています。

  • 介護給付等費用適正化事業
  • 家族介護支援事業
  • その他の事業

 
任意事業は、介護保険制度の趣旨に合致すれば介護給付等費用適正化事業・家族介護支援事業に該当しないとしてもその他の事業として展開する事が出来ます。

 

 

 

 

任意事業の介護給付等費用適正化事業

任意事業の介護給付等費用適正化事業
介護給付等費用適正化事業とは、次のサービスを通じて、不必要、不適切なサービス提供に対する改善指導を行う事業です。

  • 提供されているサービスが必要不可欠なものかどうか検証
  • 利用者に向けた介護保険サービスの適正な利用促進に関する広報・啓発を行う
  • ケアプランのチェックなど

 
介護給付など費用適正化事業の働きにより、利用者に適切なサービスが提供される環境の整備、介護給付金の適正化が図られます。
任意事業の介護給付等費用適正化事業では各種専門職が情報を共有するための連絡協議会の開催等があります。

 

 

 

 

任意事業の家族介護支援事業

任意事業の家族介護支援事業
任意事業の家族介護支援事業とは、次のサービスを通じて、家族介護に必要な知識や技術の習得の支援や地域に住む認知症高齢者の見守り、家族介護等の身体的・精神的・経済的負担を軽減し、家族介護に必要な知識や環境を提供する事業のことです。

  • 家族介護教室
  • 認知症高齢者見守り事業
  • 家族介護継続支援事業

 
紹介したサービスの他にも市町村によっては介護用品を支給したり介護資格取得を支援したりする取り組みが行われている市町村もあります。
任意事業を構成する家族介護支援事業は地域支援事業の一つなので、地域支援事業同様、運営や実施については市町村が行う事になります。

 

 

 

 

任意事業のその他の事業

任意事業のその他の事業
任意事業のその他の事業では、介護保険制度の趣旨をとらえ、より地域の実情に応じて柔軟に展開される事業です。
任意事業におけるその他の事業にはさまざまなサービスを展開する物がありますが、代表的な事業としては次に紹介するような事業があります。

  • 成年後見制度利用支援事業
  • 福祉用具・住宅改修支援事業
  • 地域自立生活支援事業

 

その他の事業としては、市町村が介護保険法の趣旨に合致するか否かを判断した上で実施される事業となっています。

 

 

 

 

任意事業とは 地域支援の事業について まとめ

任意事業とは 地域支援の事業について まとめ
任意事業とは、地域支援事業の事業の一つで、介護保険の被保険者、介護者、その他それぞれの事業として市町村が認めるものを対象に、地域の実情に応じて、市町村の判断で任意に実施できる事業のことです。

 
任意事業は介護保険法によって次の事業を任意事業として定め、認めています。

  • 介護給付等費用適正化事業
  • 家族介護支援事業
  • その他の事業

 
介護給付等費用適正化事業とは、次のサービスを通じて、不必要、不適切なサービス提供に対する改善指導を行う事業です。

  • 提供されているサービスが必要不可欠なものかどうか検証
  • 利用者に向けた介護保険サービスの適正な利用促進に関する広報・啓発を行う
  • ケアプランのチェックなど

 
任意事業の家族介護支援事業とは、次のサービスを通じて、家族介護に必要な知識や技術の習得の支援や地域に住む認知症高齢者の見守り、家族介護等の身体的・精神的・経済的負担を軽減し、家族介護に必要な知識や環境を提供する事業のことです。

  • 家族介護教室
  • 認知症高齢者見守り事業
  • 家族介護継続支援事業

 
任意事業のその他の事業では、介護保険制度の趣旨をとらえ、より地域の実情に応じて柔軟に展開される事業です。

 

 
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 介護保険制度 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

介護保険とは
介護保険とは

現代の日本の介護を支える制度には介護保険制度があります。 介護保険制度は平成12 …

保険者・被保険者とは
保険者・被保険者とは

保険に加入すると、保険者や被保険者という言葉がよく出てきます。 保険者や被保険者 …

地域支援事業とは 介護保険制度
地域支援事業とは

介護保険制度には保険給付があります。 介護保険とは別に地域が行う地域支援事業があ …

要支援とは 要介護認定調査の結果について
要支援とは 要介護認定調査の結果について

介護保険を利用する上では、介護保険を申請し、要介護認定調査を受ける必要があります …

要介護認定調査で何を調査されるのか?
要介護認定調査で何を調査されるのか?

介護保険を利用するにあたっては市役所などを通じて、市町村に対して介護保険の利用を …

介護保険制度とは
介護保険制度とは

日本は高齢化社会を迎えたことによって介護を必要とする人の人口が増加を続けています …

要介護認定の二次判定とは
要介護認定の二次判定とは

介護保険を利用するには、介護保険の利用を申請し、要介護認定調査を受ける必要があり …

介護保険制度の理念
介護保険制度の理念

介護保険制度は現代の日本の介護を社会全体で行っていくうえで中心となる制度です。 …

要介護認定の一次判定とは
要介護認定の一次判定とは

介護保険を利用するには、介護保険の利用を申請し、要介護認定調査を受ける必要があり …

予防給付とは
予防給付とは

介護保険制度における給付は大きく分けると介護給付と予防給付の二つに分ける事が出来 …